• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

大学概要

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)
教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)
ヒューマンケア学部

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

ヒューマンケア学部は、建学の精神をもとに、医療・保健・福祉などの分野で活躍できる人材の養成を教育目的に掲げている。以下の知識・能力・態度を有するに至った者に学位を授与する。
学士(看護学・保健科学)

  • 1.社会人としての教養とコミュニケーション能力を有している。
  • 2.自律的態度と自己管理能力を有している。
  • 3.専門領域についての体系的な知識と技能・態度、それらを適切に活用できる実践力と責任感、倫理観を有している。
  • 4.職場や社会における課題を発見し、改善・解決しようとする態度や創造力を有している。
  • 5.生涯にわたり知識や能力を高めてゆく意欲と、社会に貢献する態度を有している。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

ヒューマンケア学部は、建学の精神と卒業認定・学位授与の方針に掲げた目的を達成するため、以下のようなカリキュラムを編成し、授業を行う。

  • 1.大学での学修の基盤となる全学共通科目(必修)として、セミナー科目、英語、およびコンピュータ演習を開講し、コミュニケーション能力や情報活用力など、社会に貢献できる基礎力を養成する。
  • 2.1~4年次まで続く「セミナー科目」では、キャリア教育の視点を加えながら学年に応じた授業を行う。1年次の初年次教育では、大学生活への適応と自律的態度の養成を目指す。4年次までには、社会人および職業人として必要な責任感や倫理観、自己管理能力を身につける。
  • 3.上記以外の全学または学部共通科目(選択)として幅広い領域の教養教育科目を配置し、社会人としての教養を身につける。
  • 4.専門基礎科目として、基礎・臨床・社会医学領域の科目を、順序性を考慮して配置する。
  • 5.専門職として必要な知識・技能を修得する専門科目は体系的に全学年に配置し、学内外の実習で実践力・応用力を身につける。
  • 6.卒業研究や総合演習で教育内容の統合を行い、課題を発見・解決する姿勢や方法を実践的に学修する。
  • 7.国家試験受験資格や他の資格取得に必要な科目は、4年間にわたり系統的に配置する。

鍼灸学科 トレーナー・鍼灸コース

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

ヒューマンケア学部 鍼灸学科 トレーナー・鍼灸コースは、建学の精神をもとに、医療・保健・福祉などの分野で活躍できる人材の養成を教育目的に掲げている。本学科の教育課程を履修し、以下の知識・能力・態度を有するに至った者に学位を授与する。
学士(保健科学)

  • 1.鍼灸医学についての体系的な知識と技能・態度、それらを適切に活用できる実践力と責任感、倫理観を有している。
  • 2.社会人としての教養とコミュニケーション能力を有している。
  • 3.自律的態度と自己管理能力を有している。
  • 4.職場や社会における課題を発見し、改善・解決しようとする態度や想像力を有している。
  • 5.生涯にわたり知識や能力を高めてゆく意欲と、社会に貢献する態度を有している。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

ヒューマンケア学部 鍼灸学科 トレーナー・鍼灸コースは、建学の精神と卒業認定・学位授与の方針に掲げた目的を達成するため、以下のようなカリキュラムを編成し授業を行う。

  • 1.全学共通科目(必修)として、セミナー科目、英語、およびコンピュータ演習を開講し、これらを通じてコミュニケーション能力や情報活用力、社会に貢献できる基礎力を養成する。
  • 2.全学年を通じて行われるセミナー科目では、キャリア教育の視点を加味し、学年に応じた教育を行う。1年次では、大学生活への適応や自律的態度の養成を目指す。2年次、3年次では鍼灸医学を修めることによる社会への貢献について考察できる力を養う。4年次までには職業人として社会に貢献するための責任感や倫理観、自己管理能力を身につける。
  • 3.全学または学部共通科目(選択)として幅広い領域の教養教育科目を配置し、社会人としての教養を身につける。
  • 4.医療従事者が修めるべき基礎・臨床・社会医学領域の科目を専門基礎科目として配置する。
  • 5.鍼灸医学を修めるために必要な専門科目は体系的に全学年に配置し、またこれらに並行して早期から段階的に編成された臨床実習の科目も配置する。
  • 6.総合演習で3年次までに修得した知識の統合を行い、卒業研究ではこれを踏まえて専門領域内の新たな課題を発見・解決する修練を行う。
  • 7.はり師・きゅう師等、国家資格取得に必要な科目は、4年間にわたり系統的に配置する。

ページの先頭へ

柔道整復学科 トレーナー・柔道整復コース

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

ヒューマンケア学部 柔道整復学科 トレーナー・柔道整復コースは、本学科の教育課程を履修し、以下の知識・能力・態度を有するに至った者に学位を授与する。
学士(保健科学)

  • 1.社会人そして専門的職業人として求められる汎用的知識と問題解決能力を有している。
  • 2.医療関連分野の基礎的知識や専門的職業人としての自覚と責任感を身につけている。
  • 3.柔道整復師に必要な知識と技能、職業倫理を身につけている。
  • 4.地域社会に貢献し、次世代を担うリーダーとしての資質を身につけている。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

ヒューマンケア学部 柔道整復学科 トレーナー・柔道整復コースは、建学の精神と卒業認定・学位授与の方針に掲げた目的を達成するため、以下のようなカリキュラムを編成し授業を行う。

  • 1.社会人そして専門的職業人に必要な汎用的知識、問題解決能力を養成する。
  • 2.医療技術の進歩や社会情勢の変化に対応するため、情報活用力、生涯学習力を養成する。
  • 3.柔道整復師に必要な知識と技能、職業倫理を修得する科目を配置する。
  • 4.社会貢献活動を通してコミュニケーション能力とリーダーシップを身につける。

ページの先頭へ

看護学科

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

ヒューマンケア学部 看護学科は、建学の精神をもとに、質の高い看護職(保健師・助産師・看護師)養成の教育目的に照らし、以下の能力を有するに至った者に学位を授与する。
学士(看護学)

  • 1.社会人としての教養とコミュニケーション能力を有している。
  • 2.看護職としての自律的態度と自己管理能力を有している。
  • 3.看護専門領域についての体系的な知識と技術・態度、それらを適切に活用できる実践力と責任感、倫理観を有している。
  • 4.人々の健康課題を発見し、科学的に解決しようとする思考力ならびに看護を概念化できる創造力を有している。
  • 5.専門職業人として生涯にわたり知識や能力を高める意欲と社会に貢献する態度を有している。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

ヒューマンケア学部 看護学科は、建学の精神と卒業認定・学位授与の方針に掲げた目的を達成するため、以下のようなカリキュラムを編成し授業を行う。

  • 1.基礎分野には、全学共通科目としてのセミナー科目、英語、およびコンピュータ演習を配置し、学修の基盤ならびにコミュニケーション能力や情報活用力など社会に貢献できる基礎力を養成する。
  • 2.1~4年次まで続くセミナー科目では、キャリア教育の視点を加えながら学年に応じた授業を行う。1年次では大学生活への適応と自律的態度の育成を促す。4年次までには、社会人および専門職業人として必要な責任感、倫理観、自己管理能力を身につける。
  • 3.基礎分野には、上記以外の人間と生活・社会の理解および科学的思考の基盤となる幅広い教養科目を配置し、社会人としての教養を身につける。
  • 4.専門基礎分野には、人体の構造と機能、疾病の成り立ちと回復の促進に関する基礎・臨床医学領域の科目、ならびに健康支援と社会保障制度に関連する社会医学・社会福祉領域の科目を配置し、根拠に基づいた看護を展開できる基盤となる知識を身につける。
  • 5.専門分野には、専門分野Iとして、あらゆる健康レベルに共通する看護の基礎を学ぶ科目を配置し、学内演習および臨地実習を通して患者中心の看護、看護倫理、医療安全ならびに看護技術の基本を修得する。専門分野IIとして、人間のライフサイクルに応じた5領域の看護専門科目について順序性を考慮して配置し、学外の臨地実習で健康課題を発見し解決する思考力・判断力・実践力を修得する。
  • 6.統合分野には、看護(卒業)研究、特別総合演習、応用・災害・国際看護論などを配置し、看護の視野を広め、課題を発見・解決する方法を実践的に修得するとともに、卒業時看護技術到達度の確認による技術水準の確保、ケアの環境とチーム体制の整備等の応用力を総合的に修得する。
  • 7.選択制の保健師課程および助産師課程は、2年次から公衆衛生看護学および助産学に関する必修科目を、順序性を考慮して系統的に配置し、学内外の臨地実習を通してそれぞれの専門性の基本を身につける。
  • 8.保健師助産師看護師国家試験受験資格や保健師・助産師に付随する資格取得に必要な科目は、4年間にわたり系統的に配置する。

ページの先頭へ

各学科・コースの卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)・
教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 学部情報を調べる 学生生活を見る 入試について知る