• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

大学概要

研究活動

研究不正防止への取り組み

帝京平成大学では、文部科学省の「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成26年2月18日改正)、「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(平成26年8月26日策定)をもとに、公的研究費の適正な運営・管理および責任体制と、公的研究費に関する規程等を定めて、日頃より不正防止活動に努めています。

ページの先頭へ

機関内の責任体系の明確化

本学の公的研究費を適正に運営及び管理するために最高管理責任者、統括管理責任者、コンプライアンス推進責任者、コンプライアンス推進副責任者、研究倫理教育責任者を置いています。

  • 最高管理責任者は、本学全体を統括し、公的研究費の運営・管理について最終責任を負うものとし、学長をもって充てる。
  • 統括管理責任者は、最高管理責任者を補佐し、公的研究費の運営及び管理について機関全体を統括する実質的な責任と権限を持つ者とし、研究を担当する副学長をもって充てる。
  • コンプライアンス推進責任者は、各部局における公的研究費の運営・管理について実質的な責任と権限を持つ者とし、学部長、研究科長及び各キャンパス事務長をもって充てる。
  • コンプライアンス推進責任者の職務を補佐するため、コンプライアンス推進副責任者を置くものとし、学科長、専攻長、会計課長、施設課長及び総務課長をもって充てる。
  • 研究倫理教育の実施による研究者倫理の向上を図るため、研究倫理教育責任者を置くものとし、学部長及び研究科長をもって充てる。
帝京平成大学における公的研究費の管理・監査等責任体系図

ページの先頭へ

公的研究費の運営・管理に関する行動規範

公的性格を有する学術研究の信頼性と公正性を確保し、本学の学術研究に対する社会の信頼を得られるよう、研究等を遂行する上で基準となるべき行動規範を定めています。

ページの先頭へ

不正防止計画の策定

公的研究費の不正使用の防止を図るため不正防止計画を策定しています。
不正防止計画は、最高管理責任者である学長が率先して不正防止に対応することを学内外に表明するとともに、自ら不正防止計画の進捗管理に努めています。

ページの先頭へ

研究費の適正な運営・管理

公的研究費の適正な運営・管理を遂行することを目的とし、物品購入に係る手続きについて周知・徹底を図っています。

ページの先頭へ

不正行為に関する相談・告発窓口

公的研究費における不正行為・不正使用に関する相談・告発を受け付ける窓口を設置しています。

相談・告発窓口

池袋キャンパス事務局総務課課長

  • TEL:03-5834-3111
  • FAX:03-5843-3153
  • MAIL:soumu@thu.ac.jp

ページの先頭へ

公的研究費に係る相談窓口

公的研究費に係る機関内外からの相談について、相談窓口を設置しています。

相談窓口

池袋キャンパス事務局総務課学事係

  • TEL:03-5834-3184
  • FAX:03-5843-3153
  • MAIL:soumu@thu.ac.jp

ページの先頭へ

モニタリング

競争的資金等の適正な運営・管理を徹底するため、監事及び会計監査人と連携し、実効性のあるモニタリングを実施しています。

ページの先頭へ

研究倫理教育

文部科学省「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン(平成26年8月26日文部科学大臣決定)」に基づき、本学では研究倫理教育の一環として、本学の研究者(専任教員および大学院生)に対し、CITI Japanプロジェクトが提供する研究倫理教育プログラム(CITI Japan e-ラーニングプログラム)の受講を義務づけています。

お問い合わせ先

帝京平成大学倫理委員会事務局(池袋キャンパス事務局総務課庶務係)

  • TEL:03-5834-3152
  • FAX:03-5843-3153
  • MAIL:rec@thu.ac.jp

ページの先頭へ

文部科学省科学研究費補助金・厚生労働省科学研究費補助金の採択状況

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 学部情報を調べる 学生生活を見る 入試について知る