• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

お知らせ

4/12(土)ちはら台キャンパスにて、中山がん研究所主催・帝京平成大学共催市民公開講座が開催されました。

2014年4月18日

4月12日(土)ちはら台キャンパスにて「中山がん研究所主催・帝京平成大学共催市民公開講座」が開催されました。

第1部では、「あなたのがんの危険度は?」というテーマで東京女子医科大学消化器外科山本雅一主任教授の司会のもと、膵癌について、帝京大学ちば総合医療センター外科山崎将人准教授、肝癌について、帝京大学ちば総合医療センター外科田中邦哉教授よりご講演頂きました。両講演とも、図や、実際の癌の手術の動画などを用いてご講演いただき、非常に分かりやすかったと好評でした。

第2部では、「災害への備えは水と食料だけでいいの?~災害に負けない健康管理~」というテーマで本学地域医療学部学部長安田秀喜教授の司会のもと、帝京大学ちば総合医療センター救急集中治療センター福家伸夫主任教授よりご講演頂きました。

福家先生の国際緊急援助隊医療チーム医師としての豊富な現場体験をもとに、災害時に何が必要なのか?どう対処すればよいのか等、分かりやすくご講演いただきました。聴講者からは、「自分の服用している薬の名前を覚えておくこと、40歳以上の方は、もう一度、破傷風の予防接種を受けておいたほうが良いこと等、実際これからの健康管理として必要な話を聞けてよかった」等、多くの感想が寄せられました。

当日は、400名弱の参加者にご聴講いただき、非常に盛況でした。千葉キャンパス、ちはら台キャンパスでは、健康管理、防災、スポーツについて、今後も公開講座を開催していく予定です。

   
  第1部「あなたのがんの危険度は?」講演の様子
東京女子医科大学 消化器外科 山本雅一主任教授(司会)
  第1部「膵癌について」講演の様子
帝京大学ちば総合医療センター 外科 山崎将人准教授
   
  第1部「肝癌について」講演の様子
帝京大学ちば総合医療センター 外科 田中邦哉教授
  第2部「災害の備えは水と食料だけでいいの?」講演の様子
帝京大学ちば総合医療センター 救急集中治療センター
福家伸夫主任教授

 

ページの先頭へ