• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

お知らせ

池袋キャンパスにて、豊島区家族介護支援事業「ひとりで頑張る介護からみんなでささえる介護へ」を開催しました。

2014年5月30日

本年度、池袋キャンパスでは、家族介護者の方を対象とした豊島区介護保険課のモデル事業を全3回で実施しています。
5月17日は、第1回「介護者の身体を守る介護講座」を理学療法学科 青木主税教授、知脇希講師が担当し開催しました。前半は介護を行う上でまず確認していただきたい健康状態、痛み、活動性についてと、体に負担をかけない介助方法についてお話し、後半は学生も参加し、実際の動作介助について実技を行いました。現在介護度が低いけれどこれからのことも考えて、と参加してくださった方や、現在ご家族が入院中で在宅介護に備えて参加してくださった方もいらっしゃいました。

介護者支援を目的とした大学との連携事業は23区内初とのことです。大学のリソースを使い地域に貢献できる本事業は、私たちにとっても大変有意義な機会となりました。現在も参加者を募っておりますので、下記講座申し込み先までご連絡下さい。

講座の様子

 
 

今後の予定

日程 テーマ 講師
6月21日(土) 第2回「介護者の心を守る介護講座」 臨床心理学科 准教授 松浦 正一
7月5日(土) 第3回「介護者のための福祉用具講座」 理学療法学科 教授 青木 主税
      講師 知脇 希

お問い合わせ・講座申し込み

  • 豊島区介護保険課 管理グループ
  • TEL:03-3981-1942

ページの先頭へ