• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

お知らせ

地域医療学部鶴本一成助教がネパール大地震における国際協力機構(JICA)国際緊急援助隊医療チームの一員として派遣されました。

2015年6月 2日

地域医療学部鶴本一成助教がネパール大地震における国際協力機構(JICA)国際緊急援助隊医療チーム二次隊員の一員として、5月7日日本を出国し、9日~18日まで現地で医療活動をおこないました。

現地では、病院の受診を待つ負傷者の問診、バイタル測定、トリアージの他、院内医療機器の整備をおこないました。

また、この活動を通じてネパール政府から感謝状をいただきました。

鶴本助教は本学の卒業生でもあり、「基本を大事にし、実学に重きを置いている本学の授業が、外国でおこなう医療活動にも役立った」と、話しておりました。

現地での様子

  150601_04.jpg   150601_05.jpg
  【写真A】問診をおこなう鶴本助教   【写真B】診察終了後カルテ整理をおこなう鶴本助教
  150601_07.jpg   150601_06.jpg
  【写真C】被災地の状況   【写真D】ネパール政府から感謝状をいただきました

※【写真A】~【写真C】 提供 国際協力機構(JICA)

関連リンク

 

ページの先頭へ