• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

お知らせ

8月1日(土) 池袋キャンパスにて第1回 障がい者スポーツ応援フェアを開催しました。

2015年8月17日

本イベントは、本学理学療法学科主催のもと、東京都にお住まいの社会人と次代を担う学生・生徒・児童を対象に、障がい者スポーツをより身近に感じていただき、また、2020年五輪・パラリンピック大会の成功へ向けて気運を醸成することを目的として開催しました。
参加人数は、在校生、一般の方を含めて300名を超え、競技選手によるファッションショーから始まり、学生によるパラリンピックの歴史・種目紹介、義足ランナーによるデモンストレーション、模擬義足体験などがおこなわれ、参加者と障がい者の方々との活発な交流がなされました。
イベントは大盛況のうちに終了し、障がい者スポーツに対する関心と理解が深まったように感じられました。多くの方にご参加いただきありがとうございました。

参加者からのコメント

本イベントに4歳の娘と参加しました。4歳の娘にとっては義足ランナーのファッションショーが特に興味深かったようで、綺麗な選手たちの姿に見とれていました。義足で歩く、走るということを大人は「難しい事」と捉えがちですが、4歳の娘は「普通の事」と捉えており、自分より早く走る選手達に憧れを抱いていました。東京五輪・パラリンピックの時には9歳になる娘ですが、今回の経験で五輪大会だけでなく、パラリンピックにも興味を持ち応援するのだろうと感じました。これからも、このような機会があれば参加したいと思いました。

当日の様子

  150807_01.jpg   150807_02.jpg
  アンプテーファッションショー   学生によるパラリンピックの歴史・種目紹介
  150807_03.jpg   150807_04.jpg
  パネルディスカッション   デモンストレーション
  150807_05.jpg   150807_06.jpg
  模擬義足体験   競技選手と参加者による大縄跳び

150807_07.jpg

競技選手と理学療法学科実行委員会の集合写真 

ページの先頭へ