• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

お知らせ

8月11日(火)東京2020年オリンピック・パラリンピック大学連携プログラム 帝京平成大学×帝京平成スポーツアカデミー公開講座を開催しました。

2015年8月27日

8月11日(火)千葉キャンパスにて「東京2020年オリンピック・パラリンピック大学連携プログラム 帝京平成大学×帝京平成スポーツアカデミー公開講座」を開催しました。

第1部では、「スポーツ食事/栄養」というテーマで高橋千恵美さん(チームミズノアスレティック所属、シドニーオリンピック10,000m代表、管理栄養士資格保持者)より、水分補給のタイミング、夏バテ予防の食事など、現役時代の経験を交えながらご講演いただきました。聴講者からは「水分補給やそのタイミング、栄養のバランスが取れる食事など具体的に説明していただき、分かりやすかった」、「夏野菜の効果とレシピをいただき参考になった」など、多くの感想が寄せられました。
第2部では、「障がいを可能性として捉える~障がいを持たれた方がスポーツをすること~」というテーマで本学地域医療学部 理学療法学科 学科長 長尾邦彦教授より、障がい者スポーツ、パラリンピックの歴史や障がい者がスポーツをすることの意味、あり方などをご講演いただきました。聴講者からは、「”障がい者スポーツは失った機能を数えるのではなく、残った機能を最大限に生かすことが重要だ”という言葉が非常に印象的でした」など、多くの感想が寄せられました。
千葉キャンパス、ちはら台キャンパスでは、健康・医療・スポーツなどについて、今後も公開講座を開催していく予定です。

当日の様子

  150820_01.jpg   150820_02.jpg
  第1部でご講演いただいた高橋千恵美さん   第2部でご講演いただいた長尾学科長

関連リンク

 

PICK UP
第1部 講演で紹介された"夏バテ予防メニュー"レシピ

水を使わない夏野菜カレー

水を一滴も使わず、野菜から出る水分で作るカレーです。カレー粉は食欲を増進させる効果があり胃腸の働きを高めます。そして、旬の夏野菜といえば、なす、ピーマン、トマト。ぶらさがり系の野菜で夏バテ防止効果や、身体にこもった熱を下げる働きがあります。ピーマンやトマトにはβ-カロテンやビタミンCが多く含まれています。トマトの赤い色素成分リコピンや、なすの紫色の色素成分アントシアニンは、強力な抗酸化作用があり、細胞の老化防止や肌を美しく保つ効果が期待できます。

150820_03.jpg

 
材料(1人分):
  • なす:80g
  • 玉ねぎ:50g
  • 人参:40g
  • じゃがいも:75g
  • ピーマン:30g
  • トマト:80g
  • しめじ:30g
  • 鶏肉:50g
  • 調味料
  • カレー粉:小1
  • ソース:大1
  • ケチャップ:大1
  • 固形コンソメ:1/4個
  • 塩:少々
  • こしょう:少々
  • 油:大1/2
1人分当たり:※ご飯230gで計算した場合
  • エネルギー:727kcal
  • たんぱく質:19.1g
  • 資質:14.6g
  • 炭水化物:85.3g
  • 食物繊維:9.1g
  • 食塩:2.0g

作り方

  • 1.なすは輪切り、人参、じゃがいも、ピーマン、トマト、鶏肉は一口大に切る。玉ねぎは薄切りにし、しめじは石づきを切り落としほぐす。
  • 2.鍋に油を入れ、玉ねぎを炒める。
  • 3.鶏肉、なす、人参、じゃがいも、ピーマン、トマト、しめじを加えさっと炒め、弱火にしてふたをする。
  • 4.野菜の水分が出てきたら、カレー粉、ソース、ケチャップ、固型コンソメ、塩、こしょうを入れて味を調える。

なめことオクラのとろろうどん

食欲が減退してもスルッと入る喉越しの良いうどんです!!しかもヘルシー。山芋はアミラーゼという消化酵素を持っています。おろしたり、刻んだりすることで酵素の働きが良くなり、消化促進、疲労回復に優れています。オクラはβ-カロテンやカルシウムをバランスよく含み、なめこは超低エネルギーで免疫力を高める効果があります。

150820_04.jpg

 
材料(1人前):
  • 山芋:100g
  • なめこ:30g
  • オクラ:30g
  • 鶏ささみ:小1本
  • たまご:1/2個
  • ほうれん草:50g
  • ミニトマト:1個
  • 刻みのり:少々
  • いりごま:少々
  • 麺つゆ:お好みで
1人分当たり:
  • エネルギー:446kcal
  • たんぱく質:25.7g
  • 資質:5.2g
  • 炭水化物:73.2g
  • 食物繊維:6.8g
  • 食塩:2.6g

作り方

  • 1.冷凍さぬきうどんを茹でる。
  • 2.鍋に水を入れ沸騰したら鶏ささみを入れ、そのまま10分放置する。火が通ったら、冷まし食べやすく裂く。
  • 3.卵をゆでる。殻をむき半分に切る。
  • 4.オクラは1~2分塩茹でし、小口切りにする。
    ※長時間茹ですぎるとネバネバが減少します。
  • 5.ほうれん草も1~2分塩茹でする。流水にとって冷まし、4~5cmの長さに切る。
  • 6.山芋の皮をむきすりおろす。
    ※山芋をむくと手がかゆくなるので、手に酢水につけると、かゆみ軽減となります。
  • 7.冷凍さぬきうどんを器に盛り、やまいも、オクラ、なめこの順に盛り付け、ゆで卵、鶏ささみ、ほうれん草、ミニトマトを添え、白ゴマ、刻み海苔をのせ、お好みで麺つゆをかける。

ページの先頭へ