• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

お知らせ

本学学生が第20回ジャパンクラシックパワーリフティング選手権大会ジュニア級において第3位を受賞しました。

2016年5月16日

本学健康メディカル学部 医療科学科 救急救命士コース3年 宮 元気さんが、2月27日(土)・28日(日)にゼットエー武道場(千葉県市原市)で実施された「第20回ジャパンクラシックパワーリフティング選手権大会」ジュニア93kg級において第3位を受賞しました。

パワーリフティングとは、バーベルを肩に担ぎ屈伸を行う「スクワット」、ベンチ台の上に横になりバーベルを胸につけて挙上する「ベンチプレス」、床に置いてあるバーベルを引き上げる「デッドリフト」の3種目で合計挙上重量を競うスポーツです。大会では、1種目につき3回の試技が認められ審判員3人のうち2人以上が成功と認めた場合、試技は成功となります。3種目それぞれの成功試技の最大重量を合計し競うものです。

宮さんは「初めての全国大会でしたが、表彰台にのぼることができて良かったです。来年は優勝を目指して頑張ります。」と、受賞の喜びと今後の意気込みを話していました。今後の活躍が期待されます。

当日の様子

  160328_01.jpg   160328_02.jpg

関連リンク

ページの先頭へ