• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

お知らせ

本学専門職大学院の学生が「高次脳機能障害をもつ家族の会・ハイリハキッズ」に参加しています。

2016年10月 3日

本学専門職大学院 臨床心理学研究科の院生6名が「高次脳機能障害をもつ家族の会・ハイリハキッズ」にボランティアで参加しています。

高次脳機能障害とは、脳外傷や病気(脳炎、心臓疾患、インフルエンザ脳症、脳腫瘍など)による後天性の脳損傷で、ハイリハキッズでは2ヶ月に一回の定例交流会にて家族間の情報交換や子ども同士の交流をおこなっています。

今後もこのような場に積極的に参加し各々の見識を広める機会を設けることで、自立した心理臨床家の養成に努めてまいります。

  160930_01.jpg
  プレイパラシュートで遊んでいる様子

関連リンク

ページの先頭へ