• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

お知らせ

「としまイクボス宣言」に参加し、本学の冲永学長がイクボス宣言をおこないました。

2016年10月 5日

9月29日(木)、産・学・官の連携による「としまイクボス宣言」が豊島区役所本庁舎8階議場で開催され、本学の冲永寛子学長によるイクボス宣言がおこなわれました。

「イクボス」とは、職場で共に働く部下・スタッフのワークライフバランス(仕事と生活の両立)を考え、その人のキャリアと人生を応援しながら、組織の業績も結果を出しつつ、自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司(経営者・管理者)のことを指します。

本会には豊島区の他、区内の46企業、7大学、13区関連団体の代表が参加し、全員が宣言書への署名をおこないました。また、参加67団体を代表して、区長をはじめ4団体の代表者が宣言をおこない、大学では大正大学の大塚学長と本学の冲永学長がその役を務めました。冲永学長はこの中で教職員の仕事と生活の調和を図り、働きやすい職場環境づくりを推進する事を力強く宣言しました。

本学はこのイクボス宣言を基に、より精力的でアクティブな組織に成長し、高等教育機関としての質の向上を図ってまいります。

  161003_01.jpg
  宣言をおこなう冲永 寛子学長
  161003_03.jpg   161003_04.jpg  
  161003_02.jpg
  帝京平成大学 イクボス宣言

※画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 

ページの先頭へ