• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

お知らせ

中野キャンパスが中野区より「なかのみどりの貢献賞」を受賞しました。

2016年10月11日

10月1日(土)、「なかのみどりの貢献賞」の授賞式が「中野区花と緑の祭典2016秋」会場内(中野四季の森公園)で開催され、田中大輔中野区長から冲永寛子学長へ表彰状と記念品が贈呈されました。

本表彰制度は、平成24年度より始まり、区内の地球温暖化防止対策の一環として、緑化推進や保全に関し、功績のあった団体や個人に対しおこなわれます。

中野キャンパスは、「緑の保護育成部門」、「子ども緑化活動部門」、「地域緑化活動部門」、「緑化貢献企業等部門」、そして「緑化活動サポート部門」と5部門ある内の「緑化貢献企業等部門」を受賞しました。表彰理由として、審査員の先生より「緑をできる限り確保する計画が素晴らしく、樹木が多く、自然豊かな場であることが感じられる。また、「中野四季の都市(なかのしきのまち)」の一角に溶け込むような、調和した緑化がおこなわれている。屋上緑化については、植物種を上手に配置しており、色の変化が見られた点が良かった。」との講評をいただきました。

本学では、今後も引き続き緑化を通じた地球温暖化防止対策を推進し、地域のために貢献してまいります。

  161007_01.jpg   161007_02.jpg  
  評価を受けた緑化の風景(1)(中野キャンパス正面公開空地)   評価を受けた緑化の風景(2)(中野キャンパス中庭)
  161007_03.jpg   1601007_04.jpg  
  田中大輔中野区長から冲永寛子学長への表彰   表彰式における記念撮影

 

ページの先頭へ