• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

お知らせ

本学卒業生が第26回日本臨床工学会において若手奨励賞 最優秀賞を受賞しました。

2016年11月30日

去る5月14日(土)・15日(日)、京都にて第26回日本臨床工学会が開催されました。
臨床工学会は、全国の臨床工学技士が集まり学術技能の研鑽および資質の向上を目的として毎年おこなわれる学会です。

宮崎 瑛里子さん(健康メディカル学部 医療科学科 臨床工学コース 平成28年3月卒業)は、金 大永准教授の指導のもと「腹腔鏡下における臓器反力測定装置の開発」をテーマにおこなった卒業研究の成果を発表しました。同学会で発表された数百件の研究の中から、若手研究者育成の目的と今後の活躍を期待した「若手奨励賞 最優秀賞」に選ばれました。

宮崎 瑛里子さん(臨床工学技士)のコメント「今後も研究を続け、世の中に貢献できるよう頑張りたいと思います。」

  161129_01.jpg
  若手奨励賞を受賞した宮崎 瑛里子さん
  161129_02.jpg
  宮崎さんが開発した臓器反力測定装置

関連リンク

ページの先頭へ