• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

お知らせ

健康メディカル学部 作業療法学科・健康医療スポーツ学部 作業療法学科が世界作業療法士連盟(WFOT)の認定校(継続)となりました。

2017年4月10日

本学健康メディカル学部 作業療法学科及び健康医療スポーツ学部(平成29年度から地域医療学部より名称変更)作業療法学科は、世界作業療法士連盟(The World Federation of Occupational Therapists: WFOT)が定める作業療法士教育の基準を満たしていることが認められ、このたびWFOTの認定校として継続して登録されることが決定いたしました。
認定有効期間は、2017年1月1日から2021年12月31日までの5年間です。

WFOTは、作業療法士の国際組織であり、作業療法の技術・教育・研究を国際的に推進し、社会に貢献することを目的とする組織です。併せて、作業療法士の質の維持・向上のため、作業療法士養成校の教育の質の評価と、その結果に基づく認定をおこなっており、カリキュラムについても、教員数・カリキュラム内容・実習時間などさまざまな項目について、我が国の厚生労働省・文部科学省が定める基準を上回る厳格な基準を満たすことが認定の条件とされています。

WFOTの認定校となることで、本学卒業生は国際的教育水準をクリアした作業療法士として海外でも活躍することが可能となります。
本学は、両学科が目的とする「社会貢献ができる」「障がいのある方々の社会参加促進に向けた支援ができる」作業療法士の養成へ向けて、さらなる教育の質の維持・向上に努めてまいります。

関連リンク

ページの先頭へ