• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

お知らせ

「なかの生涯学習大学」ゼミ(第1回~第3回)を開講しました。

2017年6月28日

本年度も「なかの生涯学習大学(中野区教育委員会主催)」において、本学健康メディカル学部 理学療法学科と現代ライフ学部 経営マネージメント学科 トレーナー・スポーツ経営コースが「介護予防実践ゼミ(第3学年)」を担当しています。
5月31日から毎週水曜日、中野キャンパスで5回にわたり「地域での健康推進をめざして」というテーマで、介護を必要としない健康な体作りを目標にゼミを開講しています。

「なかの生涯学習大学」とは、55歳以上の方を対象とした3年間進級制の学びの場で、連携・協力をする大学や機関が数々のゼミを開講しています。区民の介護予防への関心が高く、本ゼミには50人を超える方々が受講しています。

本ゼミは楽しく、長く運動を続けるコツを学ぶことができる内容となっており、受講生の積極的な参加と多くの笑顔がみられ、活気のあるゼミとなっています。
第1回、第2回は健康メディカル学部 理学療法学科の景山 剛准教授が「老いるということ」「からだの不思議」「運動実施者の心理的側面」をテーマに講義をしました。第3回は現代ライフ学部 経営マネージメント学科 トレーナー・スポーツ経営コースの原田 長講師が「介護予防プログラムの実践に向けて」というテーマを担当しました。

当日の様子

  170627_06.jpg   170627_07.jpg
  「介護予防実践ゼミ」の様子(1)   「介護予防実践ゼミ」の様子(2)
  170627_08.jpg   170627_09.jpg
  ロコモ度をはかる「2ステップテスト」   ロコモ度をはかる「立ち上がりテスト」

関連リンク

ページの先頭へ