• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

お知らせ

本学健康医療スポーツ学部の学生が「MLB ROADSHOW2017 at YOKOHAMA」にボランティアとして協力しました。

2017年7月10日

7月1日(土)7月2日(日)の2日間、横浜赤レンガ倉庫を会場に「MLB ROADSHOW2017 at YOKOHAMA」が開催され、本学健康医療スポーツ学部 医療スポーツ学科の学生が運営ボランティアとして協力しました。このイベントはメジャーリーグを体感できるベースボールテーマパークで、アジア・南米・ヨーロッパなど世界中で展開しているものです。

 

今回、イベント主催者からのボランティア派遣要請に加え、本学健康医療スポーツ学部 医療スポーツ学科 馬場宏輝准教授(体育・スポーツ経営学)のスポーツイベント・スポーツボランティアの教育・研究活動の一環として学生を派遣しました。学生達は主に、各イベントの運営を担当するなど大事な部分を任せていただきました。

学生達は「小さなこどもたちと触れ合うことが多かったので、こどもたちの目線で活動しました。どうしたらみんな同じように楽しんでもらえるかなど工夫しながら活動するのが楽しかったです」「様々なボランティア活動に参加してみると前回と違う部分が見えていい経験ができるのだなと思いました」と感想を述べていました。

主催者からは「暑すぎる天候の中で学生のみなさんは本当に頑張って業務にあたってくれました。単にボランティアで業務をこなすだけではなく、色々な企業が参画している意義やどのようなプロモーションをしているのかについて知っていただけたら幸いです」と感謝とねぎらいの言葉をいただきました。

本学は今後も地域のボランティア活動に継続的に参加してまいります。

当日の様子

  170710_03.jpg   170710_04.jpg
  170710_05.jpg   170710_06.jpg

関連リンク

ページの先頭へ