• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

お知らせ

鍼灸学科の恒松美香子助教が5th International Conference and Expo on Acupuncture and Oriental Medicineにて「ベストポスター賞」を受賞しました。

2017年8月18日

平成28年7月27日、28日 アメリカ合衆国シカゴにて、5th International Conference and Expo on Acupuncture and Oriental Medicineが開催され、ヒューマンケア学部 鍼灸学科の恒松美香子助教が「ベストポスター賞」を受賞しました。
International Conference and Expo on Acupuncture and Oriental Medicineは鍼灸や代替医療に関する国際学会です。

今回は、研究報告「Acupuncture combined with a walking advice program improved physical activity, walking ability and low back pain level in the elderly: Three case studies」が評価されての受賞となりました。

研究報告では、腰痛など体の痛みの影響で低下しがちな日常の活動量や歩行機能を維持・増加させるために、高齢者を対象に鍼治療とウォーキングのアドバイスを併せて行い、その効果を検証しています。

  170807_01.jpg
  恒松美香子助教
  170807_02.jpg
  ベストポスター賞

関連リンク

ページの先頭へ