• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

お知らせ

「東京国際映画祭」併設マーケット「Japan Content Showcase 2017」へ本学学生が参加しました。

2017年11月20日

国際的な映画祭である「東京国際映画祭(TIFF)」との併設マーケット「Japan Content Showcase(以下JCS)」が今年で6回目を迎え、池袋サンシャインシティコンベンションセンター(東京都 豊島区)及び、エクセルホテル東急(東京都 渋谷区)にて行われました。
本マーケットは映画やテレビの他、音楽やアニメーションなど多彩なコンテンツを集約しており、コンテンツの垣根を越え、例年世界各国から多くのバイヤーが来場しています。

<会場内にてメディア文化コース学生制作の映像を上映>

池袋会場では10月24日~26日にかけて開催され、本学現代ライフ学部 人間文化学科 メディア文化コースの学生が制作した映像が会場内の大型ビジョンにて上映されました。今回制作した映像は「PROMOTIONAL VIDEO EXHIBITION BY STUDENTS OF TOSHIMA CITY」と題した作品で、JCSのプロモーション映像として制作しました。本学からは10名の学生が参加し、2ヶ月間の制作期間を経て、各々苦労しながらも納得のいく8作品を作り上げました。JCS開催期間中、参加学生は会場内の各フロアを見学し、世界中の様々なコンテンツに触れられたことに加え、自身が制作した作品がマーケット内でどのように扱われているかを直接確認することができ、制作者側としての意識が高まりました。

<グローバルコミュニケーションコース学生による会場内でのボランティア活動>

また、同学部 グローバルコミュニケーションコースの学生がボランティアスタッフとして池袋会場の運営をサポートしました。会場は複数フロアに分かれ、各コンテンツを紹介するブースに加えいくつもの商談スペースが設置されており、アジア諸国だけではなく、世界各国から訪れる多くのバイヤーを相手に案内や説明を行うなどスタッフとしてイベントを支え、盛り上げました。世界中の人々と関わり、実践的な英語コミュニケーション能力を身につける貴重な体験となりました。

今後もこのような国際的なイベントへの参加を積極的に行っていくとともに、得られた経験を日々の研究や学習に活かしてまいります。

当日の様子

  171026_02.jpg   171026_03.jpg
  JCS会場の様子   制作映像紹介ブース
  171026_05.jpg   171026_06.jpg
  映像制作を行ったメディア文化コース学生   各ブースを回る本学学生
  171026_04.jpg   171026_01.jpg
  学生スタッフによる会場案内   JCSのフラッグで彩られた池袋の街並み
  171026_07.jpg   171026_08.jpg
  グローバルコミュニケーションコース学生   JCS出展ブースの様子

学生制作映像

関連リンク

ページの先頭へ