• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

お知らせ

プロバスケットボールB.LEAGUE「千葉ジェッツふなばし」の運営ボランティアに本学学生が参加しています。

2017年11月 6日

プロバスケットボールチーム「千葉ジェッツふなばし」ホームゲームの運営ボランティア(グランドスタッフ)に、本学健康医療スポーツ学部の学生が参加しています。

「千葉ジェッツふなばし」は千葉県 船橋市を本拠地とするB.LEAGUE所属チームで、船橋アリーナ・千葉ポートアリーナを会場にホームゲームを開催しています。2シーズン連続で来場者数日本一の集客を誇るチームです。
千葉ジェッツふなばしでは、このホームゲームを円滑に運営するためにジェッツ愛に満ちたおもてなしの心を持ったグランドスタッフを募集しています。本学学生は2015-2016シーズンから継続して医療スポーツ学科 馬場 宏輝 准教授(体育・スポーツ経営学)のスポーツビジネス・スポーツボランティア・スポーツイベントの教育・研究活動の一環として派遣されており、スムーズな運営に積極的に取り組んでいます。

馬場 准教授は「千葉市は市内でプロのバスケットボール・野球・サッカーが観戦できる全国でも有数のスポーツ都市です。それぞれ競技のシーズンが季節で異なることから、学生達は1年間を通して運営側からプロスポーツに関わることが出来ます。本学部ではトレーナーや選手に直接関わる仕事を目標とする学生が多いので、ボランティア活動等を通じてプロスポーツの興行にも興味を持って欲しいと思います。千葉ジェッツふなばしはB.LEAGUE B1リーグ東地区で現在2位。ボランティア等を通じて陰ながらチームの応援もしていきたいと思います。」と今後の展望を語っています。

本学は今後も地域のボランティア活動に継続的に参加してまいります。

当日の様子

  171030_01.jpg 171030_02.jpg

関連リンク

ページの先頭へ