• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

お知らせ

「第10回三大学連携・障がい者のためのスポーツイベント」に本学健康医療スポーツ学部の学生が運営ボランティアとして協力参加しました。

2017年11月29日

11月23日(祝・木)筑波技術大学にて「障がい者のためのスポーツイベント」が開催され本学健康医療スポーツ学部の学生がボランティアとして参加しました。
本イベントは障害の有無や種別、年齢を問わず誰でも参加できるイベントとして第10回目を迎えました。

今回、本学学生は千葉キャンパスのパラスポーツサポートサークルの活動の一環として参加しました。学生たちは、いすに座って行う卓球バレーや、射撃スポーツであるビームライフルなど様々な競技において参加者の方々のサポートを行いました。参加した学生は「今回は体力測定ブースのお手伝いをしました。義足をつけた方や車椅子の方と沢山お話したり、子供たちともたくさん触れ合うことができ、将来に役立つ経験が沢山できました。」と感想を述べています。

パラスポーツサポートサークルの顧問を務める本学健康医療スポーツ学部 医療スポーツ学科 馬場宏輝准教授(体育・スポーツ経営学)は「東京2020に向けてパラスポーツ関連のイベントが増えていますが、パラリンピックに取り上げられてない種目やアスリートではない障がいのある方の日常的なスポーツ活動を支援するような取組みにはなかなか目が向けられていません。こういった障がいのある方が参加するイベントに関わることでさらに理解を深めてもらいたいと思います。」と語っています。

本学は今後も地域のボランティア活動に継続的に参加してまいります。

当日の様子

  171129_01.jpg 171129_02.jpg
  171129_03.jpg 171129_04.jpg

 

ページの先頭へ