帝京平成大学

ちはら台オープンキャンパス 模擬授業

健康医療スポーツ学部 看護学科
  • 模擬授業 
    ~こどもたちが輝くために~

    元来こどもは非常に大きな可能性を持っています。しかし病気などでその可能性が制限されることもあります。看護の持っている力は、このようなこどもたちをも輝かせることができると考えています。その可能性について説明します。

    担当:高柳 正樹
  • 実習体験(小児看護) 
    ~新生児の看護体験や小児看護学の授業風景を知り、大学における講義のイメージをもつことができる~

    【1】バイタルサイン人形の呼吸数、心拍数を聴診器を使って測定してみよう。
    【2】赤ちゃんを抱っこしてみよう。
    【3】小児看護技術で使用する物品の展示(プレパレーション、救急蘇生人形等)

    担当:久木元 理恵
  • 実習体験(基礎看護) 
    ~シュミレーターを使って実際に看護技術演習の授業を体験してみよう~

    【1】経管栄養のシュミレーターを用いて、栄養カテーテルの確認、栄養剤を注入してみます。
    【2】食べる力に合わせて、どのような形態の食事を食べることが出来るのか、確かめてみよう。
    【3】シュミレーターを使用し血圧測定、心音、呼吸音を聴いてみます。

    担当:阿佐美 祐子  小川 恵子  山田 美枝子
健康医療スポーツ学部 看護学科
  • 模擬授業 
    ~お産のしくみ(分娩機転)を学んでみよう~

    産道を赤ちゃん(胎児)が通過する産道の形や特徴、赤ちゃん(胎児)がどのように産道を通過するかを説明します。

    担当:湯舟 邦子
  • 実習体験(母性看護) 
    ~赤ちゃん抱っこ体験・妊婦体験~

    赤ちゃん抱っこ(災害時新生児避難具を使用しての抱っこを含む)やおむつ交換や衣類交換の体験のほか妊婦体験、赤ちゃんの観察体験を行います。

    担当:麻生 麻衣  森田 桂子
  • 実習体験(基礎看護) 
    ~シミュレーターを使って実際に看護技術演習の授業を体験してみよう~

    【1】経管栄養のシミュレーターを用いて、栄養カテーテルの確認、栄養剤を注入してみます。
    【2】食べる力に合わせて、どのような形態の食事を食べることが出来るのか、確かめてみよう。

    担当:石田 清美  小川 恵子  金丸 あさ子
健康医療スポーツ学部 看護学科
  • 模擬授業 
    ~らくらくお産-産婦に寄り添うとは-~

    産痛(お産の痛み)を和らげる方法を一緒に体験したり、産婦に寄り添う心について説明します。

    担当:森田 桂子
  • 実習体験(母性看護) 
    ~赤ちゃん抱っこ体験・妊婦体験~

    赤ちゃん抱っこ(災害時新生児避難具を使用しての抱っこを含む)やおむつ交換や衣類交換の体験のほか妊婦体験、赤ちゃんの観察体験を行います。

    担当:麻生 麻衣  森田 桂子
  • 実習体験(成人看護) 
    ~痰が出せないときの援助~

    痰が出せず呼吸が苦しい患者さんに、吸引技術で呼吸を楽にする援助を体験してみましょう。

    担当:手島 裕子
健康医療スポーツ学部 看護学科
  • 模擬授業 
    ~高齢者看護って何を学ぶの?~

    高齢者の基礎知識・介護保険・認知症について基本的なことを学びます。

    担当:深谷 博子
  • 実習体験(老年看護) 
    ~癒しのハンドケアを体験してみよう~

    アロマオイル、入浴剤を使ってマッサージの他、車椅子体験をしてみよう。

    担当:石川 由美子  岩脇 千鶴
  • 実習体験(小児看護) 
    ~新生児の看護体験や小児看護学の授業風景を知ろう~

    【1】バイタルサイン人形の呼吸数、心拍数を聴診器を使って測定してみよう。
    【2】赤ちゃんのオムツ交換をしてみよう。
    【3】小児看護技術で使用する物品の展示(プレパレーション、救急蘇生人形等)

    担当:安藤 優子  久木元 理恵
健康医療スポーツ学部 看護学科
  • 模擬授業 
    ~成人看護学実習における介入と成果(コミュニケーションとはなにか)~

    実習中、学生が試行錯誤の結果ケアに至り、成果を得るまでのエピソードをお伝えします。

    担当:齋藤 みどり
  • 実習体験(老年看護) 
    ~癒しのハンドケアを体験してみよう~

    アロマオイル、入浴剤を使ってマッサージの他、車椅子体験をしてみよう。

    担当:石川 由美子  岩脇 千鶴
  • 実習体験(成人看護) 
    ~痰が出せないときの援助~

    痰が出せず呼吸が苦しい患者さんに、吸引技術で呼吸を楽にする援助を体験してみましょう。

    担当:手島 裕子

詳細は決まり次第お知らせします。

お問い合わせ先

入試課
入試相談:0120-918-392(フリーダイヤル)
TEL:03-5843-3200

関連情報