帝京平成大学

お知らせ

タイ王国ランシット大学との学術交流協定に伴い、ランシット大学の学生および教員が本学にて研修を行いました。

2017年11月10日

ランシット(Rangsit)大学との学術交流協定に基づき、昨年度に引き続き10月23日から11月1日の10日間、ランシット大学 理学療法学科の学生および教員が来日し、本学にて研修を行いました。

研修では日本の医療・保険システム、理学療法教育やロボットを活用したリハビリについて講義、実習を行い、ランシット大学の学生と活発な意見交換・交流がなされました。
また、今後タイ王国でも課題となるであろう地域医療について学ぶため企業の訪問リハビリ見学、帝京大学病院などを見学し日本の医療についての理解を深めながら、無事10日間の研修を終えることができました。

本学教員とランシット大学の教員とで、これから進められるランシット大学との共同研究および理学療法士の将来的な展望についても確認を行い、来年度以降も継続的な学術交流を行う予定です。

日本での主なスケジュール

  午前 午後
1日目 移動日 歓迎会
2日目 池袋キャンパスツアー、講義:日本の文化紹介 帝京大学病院見学
3日目 地域医療見学(デイケアサービス・訪問リハビリテーション見学)
4日目 学長面談・中野キャンパスツアー
義肢装具サポートセンター見学
文化ツアー(浅草・スカイツリー)
5日目 OSCE(臨床実習前能力試験) 講義:日本の医療・保険システム
6日目 文化ツアー(箱根1日目) 帝京箱根セミナーハウス宿泊
理学療法学科 学科長講義(ミャンマーのハンセン病患者の足部潰瘍に対する対策について・日本における小児切断のリハビリテーション)
7日目 文化ツアー(箱根2日目)
8日目 講義:Robotic Rehabilitation(ロボットを使ったリハビリテーション) 講義:近赤外光イメージング装置
講義:日本の理学療法教育について
9日目 発表 ランシット大学 学生によるプレゼンテーション
10日目 移動日

研修の様子

冲永学長との面談

文化ツアー(浅草)

帝京大学病院見学

OSCE(臨床実習前能力テスト)

関連リンク