• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

健康科学研究科健康栄養学専攻(修士課程)
池袋キャンパス

“食と栄養”のスペシャリスト、
リーダー及び教育者・
研究者を養成します

本研究科の教育目的は、食・栄養・健康に関する高度な専門的な知識と能力を修得し、それらを応用し、食の安全性、生活習慣病などの疾病の予防と対応、保健活動、行政活動などでの食や栄養に関する問題点を見出し、解析し、解決する能力及びそれらを実践できる能力を養うことです。これらを通して“食と栄養”のスペシャリスト、管理栄養士のリーダー、“食・栄養と健康・疾病”に関する教育者・研究者、食品関連業界の研究者等を養成することを目的としています。

近年、日本では、生活習慣病の増加、食の安全への不安、食文化の喪失など食に関する問題が深刻になっています。これらの問題に対応するために、食育基本法の設立・実践や栄養教諭の普及など国を挙げての取り組みがなされています。また、様々な疾病で栄養状態の改善が患者のQOLや予後に大きく関与することが明らかになり、医食同源の重要性が再認識され、Nutritional support teamの充実が求められています。更に、一般社会での機能食品や栄養補助食品の普及はめざましく、機能性食品等を適切に利用するための栄養学的知識の普及も必要とされています。食の安全も重要な課題です。このように、栄養の専門家に対する社会のニーズは非常に高くなっています。本研究科はこのような社会のニーズに応える人材を養成します。

専攻長からのメッセージ

健康を支える栄養の
スペシャリストの養成

健康栄養学専攻では、栄養学の基礎から臨床まで幅広い領域の指導教員による教育を行い、栄養学の教養を真に深めることができます。これは、専攻科学生が、将来、栄養学領域でリーダーになるために役立ちます。また、臨床栄養学など様々な専門領域の指導教員がいますので、専攻科学生は自身の希望に応じて、関心のある領域を選び、研究することができます。
教員は国際的にも活躍し、厚生労働省・内閣府などの行政でも活躍しています。これらの実績を活かして、学生一人ひとりの研究テーマに即したきめ細かな指導を行いますので、着実に研究成果を上げることができます。
課題の設定、研究方法、課題解決能力を養成します。また、楽しく、かつ切磋琢磨して研究することをモットーにしています。就職について支援し、卒業後も継続的に支援します。

健康栄養学専攻長 松井輝明

健康栄養学専攻長
松井 輝明
Matsui Teruaki

ページの先頭へ

多職種からなる教員による指導で、
他職種との
連携能力を養成します
栄養学及び医療の実践と研究には、関連専門家との協力が欠かせません。健康栄養学専攻の教員は、臨床医師(小児科医、消化器内科専門医)、管理栄養士、薬剤師など専門が多彩です。更に、本専攻の特徴は、グループ校である帝京大学の医学部及び附属病院と密に共同研究を行っている点と多彩な専門家が教員として協力して教育に当たっていることです。本専攻で学ぶことにより、自然と他職種の専門家と協力する能力を身に付けることができるようになります。
社会のニーズに応える
栄養・食の課題解決能力を
養成します
本専攻では、社会のニーズに応える栄養・食のスペシャリストを養成することを目標としています。教員は、健康食品開発、行政での栄養教育、食品分析、食事摂取基準の策定、厚生労働省委託研究など、近年の食に関する大きな社会的課題に関して優れた研究実績と実務経験を有しています。これらの実績と経験を活かし、学生に対して社会のニーズを読み取る能力、社会のニーズに応える課題解決能力を養成します。

ページの先頭へ

課程修了の認定及び学位

課程 在学期間 修得単位及び条件 学位
修士 2年以上4年以下
  • 30単位以上
  • 学位論文の審査及び試験に合格した者
修士
(健康科学)

ページの先頭へ

教育研究及び担当教員

研究指導分野 担当教員 研究指導内容
臨床栄養学 教授 松井 輝明 生活習慣病等の疾患に対する食事療法、栄養教育等に関する高度な専門的知識を深め、課題を取り上げて研究し、成果を発表します。関連領域の研究論文を読解する能力、保健活動や臨床現場で栄養指導を行う能力を養成します。
精神栄養学 准教授 野口 律奈 うつやうつ病に起因する自殺者・休職者が増加し、総合的なメンタルヘルス対策が進行している中、「精神栄養学」へのニーズは高まっています。「精神疾患と食事の関連」「調理実習を活用した復職支援プログラム」が主なテーマです。比較的新しい分野ですので、チャレンジ精神を持って研究していきます。
健康増進学 教授 塚原 典子 健康増進学の視点から、食品・栄養及び健康について、食生活全般を通して科学的に考察し、食生活の社会的背景、諸問題、及び今後の課題に至るまで展開し、理解を深めます。健全な生活を営むための食生活のあり方について、生活習慣病の予防、Quality of life(QOL)の向上、及び健康寿命の延伸などの視点から考察し、議論します。健康の保持増進や生活の質の向上を目的として生活習慣病などの一次予防の視点を中心に、個人・集団・地域・栄養課題に対する、アセスメント・計画・実施・評価に関する研究を行う能力を習得します。
食品機能学 教授 松井 輝明 我が国では、以前より食品による健康維持について関心が高く、医食同源という思想が通常の食生活に深く関わっています。食物には、生体活動の調整、生体の自然治癒力等の機能が備わっています。食品の機能を科学的に検証し、健康維持、健康促進、病気の予防、医療への応用等機能性食品や補助食品の役割について明らかにします。
摂食と代謝の調節
メカニズム
教授 川野 仁 私たちを取り巻く食の環境は、長い飢餓の時代から飽食の時代に移るとともに著しく変化しています。しかし、人体に備わっている摂食と代謝の調節メカニズムはこの急激な変化に対応しきれず、様々な代謝性疾患を生み出す結果となっています。摂食・代謝調節にあずかる自律神経と内分泌機能に関する最新の知見を集め、有効で現実的な摂食障害やメタボリックシンドロームの改善・治療法を研究します。
食材供給学 教授 山岸 徹 現在我が国は比較的豊かな食環境に囲まれ、食材としての農産物・畜産物・水産物は国内・世界の各地域から様々な経路で届けられています。国内の人口動態・農業構造の変化や現在生産額ベースで見て1/3を占める輸入食料の動向によっては、食材の供給過程は大きく変化する可能性もあります。生産現場から食卓までの食材供給過程についていくつかの食材に焦点を当て、統計数値を元にした解析を通し、流通システムに関する解析能力を身に付けます。
栄養生化学 教授 島村 道夫 私たちのからだは数十兆個の細胞から成り立っています。腸管から吸収された栄養素は各々の細胞に運搬されて細胞構築の材料やエネルギー源となるほか、細胞の働きを調節します。このような調節物質の中には免疫細胞を活性化してからだの防御力を高めるものもあり、それを新たに検索してその細胞への働き方の仕組みを研究します。

●担当教員、研究指導内容等は変更になる場合があります。

 

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る