• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

薬学研究科薬学専攻(博士課程)
中野 キャンパス大学院 薬学研究科 入学者受入れの方針

わが国の社会、医療、創薬を結ぶ、
くすりの専門家を養成します

帝京平成大学大学院薬学研究科では、わが国の医療を支える専門性の高い薬剤師の養成を目指し、「医療実践」、「創薬・橋渡し」、「医薬評価・規制」の3研究分野を設けて研究を行います。「医療実践」研究分野では、これからの地域連携医療を牽引する薬剤師として「在宅・地域医療のスペシャリスト」の養成を目指していますが、特に、フィジカル・アセスメントなど科学的エビデンスに基づいて薬物治療や評価を行える能力、他の医療スタッフとコミュニケートできる能力を重視いたします。「創薬・橋渡し」研究分野においては、優れた医薬品を探索・開発し、それらを社会へ提供するための研究を実施します。具体的には、様々な疾患に関係する創薬ターゲットや、抗体薬などの分子標的薬に関する基礎・実用化研究を行い、加えて、「医薬評価・規制」研究分野のコース・ワークを組み合わせることによって、医療の現場や医薬品開発マネージメントなど、他分野での研究にも従事できるpharmacist-scientistを養成する計画です。「医薬評価・規制」研究分野では、「医薬品開発と規制の調和」や「医療と経済の調和」に関する研究を通して、薬と社会・私たちの生活との調和について見識を備えた指導者を養成いたします。

このように本研究科で研究を積むことによって、現役の薬剤師など社会人の方々も、時代の要請に応えられるキャリア・アップを実現していただきたいと願っております。

研究科長からのメッセージ

新しい社会と医療の動きに即応する
専門教育と研究

帝京平成大学大学院薬学研究科は、これからの医療提供体制を支え牽引する人材の養成を目指しております。ご存じのように、超高齢社会が進展し、いわゆる2025年問題の深刻な指標も指摘される中で、チーム医療をキーワードとして、在宅医療における健康サポート薬局や、かかりつけ薬剤師の活躍も期待されています。健やかな社会を継続・維持するためにも、医療人養成の使命を担う私ども高等教育機関は、社会のニーズに敏感に反応しなければなりません。6年制薬学教育は、臨床での実践能力を備えた薬剤師の養成を理念・目標としていますが、本研究科では、その理念のもとで培った能力を、更に伸ばしていただける教育・研究を展開いたします。また、現役の薬剤師の方々にも進学していただき、本研究科の活力が一層高められることを期待しております。

薬学研究科長 安西階二郎

薬学研究科長
安西 偕二郎
Anzai Kaijiro

ページの先頭へ

地域医療を担う
「在宅・地域医療のスペシャリスト」を
養成します
安全・安心な医療を提供するために、チーム医療をキーワードに地域連携医療が推進され、薬剤師には、薬物治療に関する高度の専門性が期待されています。本研究科の「医療実践」研究分野では、そのような地域医療で活躍する薬剤師、「在宅・地域医療のスペシャリスト」の養成を目指しています。特に、科学的エビデンスに基づいて薬物治療を行うために、フィジカル・アセスメント能力や、患者さんや他医療職とコミュニケートできる能力を養成いたします。
多様な学問を修得させ、
創薬や医療現場の課題解決能力を
養成します
本研究科では、研究所や製薬会社で画期的な創薬の実績を持つ教員、病院や薬局における研究実績を備えた薬剤師など、優れた研究能力や実務経験を備えたスペシャリスト約30名が揃い、皆さんをお待ちしています。

ページの先頭へ

課程修了の認定及び学位

課程 在学期間 修得単位及び条件 学位
博士 4年以上8年以下
  • 30単位以上
  • 学位論文の審査及び試験に合格した者
博士
(薬学)

ページの先頭へ

研究テーマ及び指導教員

コース 研究テーマ 指導教員
医療実践履修コース 地域医療においての薬剤師―患者コミュニケーションと主観的QOL評価 教授 博士(薬学)
井手口 直子
古文献の解析にもとづく伝統医薬学の研究 准教授 博士(薬学)
鈴木 達彦
薬物の血中濃度等を利用した臨床薬剤学研究 准教授 博士(医学)
百 賢二
創薬・橋渡し履修
コース
塩化亜鉛含有経皮適用製剤の製剤設計 教授 薬学博士
石坂 隆史
RNA結合タンパク質による遺伝子発現調節機構の解析 教授 薬学博士
辻本 雅文
M1アミノペプチダーゼの生理機能の解析 教授 薬学博士
辻本 雅文
ユニバーサルがんワクチンの開発研究 教授 薬学博士
石田 功
細胞の分裂と再構築を司る機構の解析 教授 博士(薬学)
高橋 美樹子
分泌小胞エキソソームの生理学的意義の解明に関する研究 教授 薬学博士
矢ノ下 良平
天然変性蛋白質の構造多形性解析 教授 薬学博士
西村 千秋
アレルギー疾患を中心に免疫異常の分子生物学的解析 教授 博士(薬学)
根来 孝治
活性酸素感受性チャネル活性化を介した炎症性疾患の増悪に関する研究 教授 博士(薬学)
清水 俊一
新規抗腫瘍薬のビフィズス菌DDSの改良 教授 薬学博士
斎藤 浩美
非臨床、治験、承認に至る医薬品の開発の立案・評価に係る研究 教授 博士(薬学)
荒川 一郎
昆虫とその共生微生物の共生成立機構の解明 教授 博士(薬学)
小林 秀昭
家庭用品等に含まれる有害物質の分析、曝露評価及び健康リスク評価に関する研究 教授 博士(薬学)
伊佐間 和郎
吸入剤送達システムの開発を目的とする数値流体力学シミュレーション研究 准教授 博士(医学)
渡邉 丈夫
動脈硬化症の発症・進展過程における分子機構の解明 准教授 博士(薬学)
池本 守
遺伝子組換えビフィズス菌をDDS担体として用いた抗腫瘍薬の開発 准教授 博士(薬学)
平 裕一郎
細胞外分泌小胞の構造と機能に関する研究 准教授 博士(薬学)
小川 裕子
ナノマテリアルと抗体・細胞治療の毒性と薬物動態に関する研究 准教授 博士(薬学)
磯田 勝広
M1アミノペプチダーゼの基質認識機構に関する研究 准教授 博士(地球環境科学)
大西 敦
組換えビフィズス菌の培養及び精製法の開発 准教授 博士(薬学)
平 郁子
重篤な薬物有害反応の発現機構解析及び治療ターゲットの探索 准教授 博士(医薬学)
濱田 和真
細胞死誘導性アゴニスト抗体利用抗腫瘍薬開発 准教授 博士(薬学)
西川 毅
タンパク質分解酵素による脳機能調節機構に関する研究 准教授 博士(農学)
後藤 芳邦
生活習慣と薬物治療の相互作用に関する研究 講師 博士(健康科学)
山元 健太
医薬評価・規制履修コース データサイエンスに基づいた臨床医学研究の実践 教授 博士(薬学)
濃沼 政美
皮膚外用製剤混合物の基剤安定性や主成分均一性に関する研究 准教授 博士(薬学)
山本 佳久

●研究テーマ及び指導教員等は変更になる場合があります。

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る