• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

Pick up

帝京平成大学デー

帝京平成大学デー

現代ライフ学部 観光経営学科では、プロスポーツの現場とコラボレートした授業を展開しています。平成29年度はプロ野球「読売ジャイアンツ」との双方向体験型授業を行い、イベントの企画から運営まで刺激的な体験を通して学びました。

CONTENT 1
双方向体験型授業ならではの3つのポイント
POINT1 外部講師による講義
外部講師を招き授業を展開。
普段なかなか聞くことのできない実践的な講義を聞くことができ、外部講師陣と講義ごとに真剣に向き合うことができます。
POINT2 企画から携われる充実感
観戦ツアー等の企画を考えることから講義は始まります。フリーペーパーの構成・デザインを考え、実際に配布までをこなす充実感と達成感は、この講義の魅力です。
POINT3 実践で直に感じて学ぶ
実際に試合を観戦し、あの大きな歓声の渦のなかで関わる自分の姿を想像し、さらにスタジアムを見学したことは、普段の大学生活では得られない経験です。「実際に見てみる、やってみる。」実践に勝る経験はありません。
CONTENT 2
グループワークテーマ設定
  • 1.観戦ツアーグループ         東京ドーム内でのツアーを企画運営。
  • 2.マーチャンダイジンググループ    学生が制作したコラボレーショングッズを販売。
  • 3.ファンサービスイベントグループ   学生がデザインしたオリジナルうちわ、オリジナルフェイスシールを無料配布。
  • 4.プロモーショングループ       学生が取材した内容を記事にしたフリーペーパーを制作。
  • 5.スタジアム演出グループ       学生自身が企画した本学PR映像をオーロラビジョンに放映。

※グループワークの内容は一部変更の可能性があります。

関連事業リンク

ページの先頭へ