帝京平成大学×Creepy nuts
Media Gallery

メディアギャラリー

誰でもない自分だけの道を帝京平成大学×Creepy Nuts

2020年度放映のCMには「自分だけの信じる道を進め。」というメッセージが込められており、MCバトル日本一のラッパー「R-指定」とDJバトル世界一のDJ、「DJ松永」による1MC1DJのHIP HOPユニット「Creepy Nuts」を起用しました。

cmvisual.jpg

TV CM

TVCMで放映されている15秒の映像です。

CM 30秒Ver.

CMの30秒ロングバージョンです。15秒のCM映像にはないシーンがたくさんあります。

Creepy Nuts インタビュー

Creepy Nuts のお二人に帝京平成大学に関する3つの質問にお答えいただきました!

Creepy Nutsからのメッセージ

今回の楽曲に込めた思いと視聴者の方へのメッセージ動画です。

中野キャンパス撮影場所紹介!

CMやミュージックビデオ内で実際に使用された中野キャンパスの撮影スポットをご紹介します!
どこで使用されているか実際の映像も確認しながら探してみてください。いつものキャンパスとは違った様子が楽しめます。

エントランスホール
エントランスホール

DJ松永さんの横をR-指定さんが歌いながら歩くシーン。学生が普段から出入りするエントランス。ガラス張りで光が入り、開放的な空間です。

インフォメーションコーナー
インフォメーションコーナー

学生が掲示板などを見ている印象的なシーン。こちらはサークルや奨学金など学生へのさまざまな情報を知ることができる場所です。

アリーナ
アリーナ

ガラス越しに学生が歩くシーンは部活動や大人数イベントにも対応するアリーナから撮影しました。

エスカレーター
エスカレーター

7Fまでのフロアをつなぐエスカレーター。学生がさまざまな方向を歩くシーンは将来への「分岐」を表現しています。

屋上
屋上

たくさんのドローンが飛ぶなかを歌っているシーン。屋上のパネルにはTEIKYO HEISEIの文字があります。

イベントホール
イベントホール

R-指定さんが熱唱している大階段は、イベント開催時には客席として利用しています。撮影当日は美術スタッフの方により今回のテーマにマッチするよう装飾されました。

教室前廊下
教室前廊下

モデルの村濱 遥さんが足つぼマットを歩くシーン。2階~6階までの吹き抜けのオープンスペースです。

キャンパス外観
キャンパス外観

ラストシーンの中野キャンパス外観は先進性あふれるスタイリッシュな建物で周辺も緑であふれるキャンパスです。