• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

教員紹介

所属 健康メディカル学部 臨床心理学科 准教授
健康科学研究科 臨床心理学専攻 准教授
氏名 川島 尊之
最終学歴 東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得後退学
現在所属している学会 日本心理学会 、日本基礎心理学会、日本音響学会、Acoastical Society of America、Association for Research in Otolaryngology、日本バーチャルリアリティ学会
学士・修士・博士 学士(文学),修士(心理学),博士(心理学)
所有資格
研究の分野 心理学,情報学
主な研究項目 聴覚における知覚的体制化の処理過程,音楽が人間の感情,認知,ストレス軽減などにおいて果たす適応的な役割の起源
主な研究業績 Perceptual learning and its generalization in the discrimination of interaural time differences(査読付) /Journal of the Acoustical Society of Japan(E.),21/共著/2000.01
Factors affecting the perception of multiple simultaneous voices(査読付) /Japanese Journal of the Psychonomic Society,24/共著/2005.01
同時複数音源の分散的聴取における知覚限界(査読付) /日本音響学会誌,65(1)/単著/2009.01
Attention modulates auditory adaptation produced by amplitude modulation(査読付) /Journal of the Acoustical Society of America, 126(5)/単著/2009.06
図説現代心理学入門(三訂版) /培風館/共著/2005.02
聴覚における特徴検出過程に対する注意の働きに関する研究 /日本学術振興会科学研究費補助金(若手研究B)研究成果報告書, 2011/単著/2011.01
Adaptation in Sound Localization Processing Induced by Interaural Time Difference in Amplitude Envelope at High Frequencies(査読付) /PLoS ONE 7(7): e41328. doi:10.1371/journal.pone.0041328/共著/2012.07
Change deafness for simultaneous voices(査読付) /Japanese Psychological Research, 57 (3), 206–217. doi: 10.1111/jpr.12088/単著/2015.05
Perceptual limits in a simulated “Cocktail party”(査読付) /Attention, Perception, & Psychophysics, 7 (6) , 2108–2120. doi: 10.3758/s13414-015-0910-9/共著/2015.07
話者数知覚の時間的性質 /信学技報, EA2015-20, 59-64/単著/2015.08
Effect of Voice Duration on Numerosity Judgments of Simultaneous Talkers /Association for Research in Otolaryngology Miidwinter Meeting/単著/2016.02
主な担当授業科目名 心理学、心理学研究法、統計基礎

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る