• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

教員紹介

所属 健康医療スポーツ学部 医療スポーツ学科 准教授
現代ライフ学部 経営マネージメント学科 通信教育課程 准教授
氏名 山地 良造
最終学歴 早稲田大学大学院文学研究科博士課程後期
現在所属している学会 シューベルト・ソサエティ、形の文化会、野球文化学会、日本独学史学会
学士・修士・博士 文学修士
所有資格
研究の分野 独文学、企業文化(フィランソロピー)研究
主な研究項目 リヒャルト・ワーグナー研究,高橋龍太郎(元大日本麦酒社長)研究,野球文化研究
主な研究業績 リヒァルト・ヴァーグナー研究-分析的作品論の試み-(修士論文) /早稲田大学大学院 /単著/1979.03
ヴァーグナー対カトリツィスムス /早稲田大学大学院文学研究科発行『文学研究科紀要別冊第9集』PP.101-109 /単著/1983.03
G.スタノフスキ、H.グラフェー、J.ティーツウス共著『西ドイツ郵便電気通信事業のマーケティングに関する研究』 /郵政大臣官房企画課発行 /単著/1984.02
H.ビーレフェルト、J.キュートラー共著『西ドイツ郵便電気通信事業組織概説』 /郵政大臣官房企画課発行 /共著/1984.03
『タンホイザー』の成立に関する考察 /早稲田大学大学院文学研究科独文専攻 ANGELUS NOVUS 会発行 『ANGELUS NOVUS』 第13号 pp.41-54 /単著/1985.12
A.チャンパイ、D.ホラント共編『名作オペラ・ブックス:ワーグナー/ニュルンベルクのマイスタージンガー』 /音楽之友社 /共著/1988.09
M.コルト、S.クールマン共著『バッハ-国像と証言でたどる生涯-』 /音楽之友社 /共著/1990.07
A.チャンパイ、D.ホラント共編『名作オペラ・ブックス:ワーグナー/ローエングリン』 /音楽之友社 /共著/1990.07
ヴァーグナーと革命 /帝京技術科学大学発行『紀要』第2巻第2号PP.47-53 /単著/1990.10
O.G.バウアー著『音楽の精神からの《トリスタン》の演出』 /「年刊ワーグナー1991」所収音楽之友社PP.176-187 /単著/1991.06
1870年代のリヒァルト・ヴァーグナー /帝京技術科学大学発行『紀要』第4巻第1号PP.121-127 /単著/1992.03
ニューグローヴ世界音楽大事典「ヴァーグナー」の項目 /同事典「第2巻」所収講談社PP.198-205 平成4年11月より刊行開始(第2巻は平成5年2月刊)、平成7年4月刊行完了。講談社/共著/1993.02
G.グルーバー著『モーツァルト受容の200年史-後世から見たモーツァルト-』 /音楽之友社 /単著/1994.04
H.A.ノインツィヒ著『ブラームス』(大作曲家シリーズ) /音楽之友社 /単著/1994.11
高橋龍太郎研究(1) /帝京平成大学発行『紀要』第8巻第2号pp.37-46 /単著/1996.10
ワーグナーの宗教観 /帝京平成大学発行『紀要』第9巻第2号pp.33-43 /単著/1997.12
『ワーグナー著作集5《宗教と芸術》』 /第三文明社(各編の「訳者あとがき」を含む) /単著/1998.03
高橋龍太郎と武士道~明治時代のベースボール移入期から野球黎明期へかけての一視点~ /野球文化學會 ベースボーロジー4:222-278 /単著/2003.01
ドイツ連邦共和国郵便電気通信省・編『ドイツ連邦共和国郵便電気通信事業報告書』 /『諸外国郵便電気通信事業報告書』所収郵政大臣官房企画課[旧経営企画課]発行 /単著/1980.01
第二次大戦以前のベルリンにおける音楽家たち /日本独学史学会発行 「日独文化交流史研究」 /単著/2015.12
我が国の選挙権の歴史に見る日米関係 /帝京平成大学紀要/単著/2017.03
主な担当授業科目名 国際コミュニケーションIII(独語)、異文化コミュニケーション

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る