• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

教員紹介

所属 薬学部 薬学科 教授
氏名 荒川 一郎
最終学歴 日本大学大学院薬学研究科薬学専攻博士後期課程修了
現在所属している学会 日本薬学会、日本医療経済学会、ISPOR(International Society for Pharmacoeconomics and Outcomes Research)
学士・修士・博士 博士(薬学)
所有資格 薬剤師免許、衛生検査技師免許
研究の分野 6806 医療系薬学 (F)薬剤経済学 (H)社会薬学
主な研究項目 がんや予防の医療経済分析 医療政策
主な研究業績 Handbook of Headache Practical Management /Springers/共著/
Cost-minimization of sequence changes between FOLFOX6 and FOLFIRI therapy for advanced colorectal cancer in Japan. /Clin Ther/共著/2009.04
Adjuvant Endocrine Therapy in Postmenopausal Women: Pharmacological Evaluation using Decision Analysis in a Japanese Hospital Setting. /癌と化学療法社/共著/2009.08
厚生の指標 /厚生統計協会/共著/2009.09
喘息の治療と管理におけるサルメテロール/フルチカゾン製剤の費用対効果 -プロピオン酸フルチカゾンとの比較検討. /YAKUGAKUZASSHI/共著/2010.04
前立腺肥大症治療におけるα1遮断薬単独療法に対するα1遮断薬+デュタステリド併用療法の薬剤経済評価 /泌尿器科紀要/共著/2012.02
Development of the Japanese version of the COPD Assessment Test /Respiratory Investigation/共著/2012.06
A cost-effectiveness naalysis of self-administrated vs hospital-administrated injections of sumatriptan succinate /日本頭痛学会誌/単著/2012.06
日本のCOPDに関する疾病負担の実態 /呼吸/共著/2012.06
Cost-effectiveness analysis of self-administrated vs. hospital-administered injections of sumatriptan succinate using economic modeling for the treatment of migraine in Japan /日本頭痛学会誌/共著/2012.06
薬剤師が予防医療に関わるために-ワクチンの現状と課題について考える- /社会薬学/単著/2013.07
子宮頸がん検診へのヒトパピローマウイルスDNA検査導入に関する費用対効果分析 /日本予防医学会雑誌/共著/2014.09
女子看護学生の子宮頸がん予防に関する意識調査 ワクチンの副反応報告を受けて /厚生の指標/共著/2015.01
Regarding 'HPV' Vaccination for Cervical Cancer Preventiion is not Cost-Effective in Japan' /Asian Pac J Cancer Prev/共著/2015.04
ESTIMATING THE CLINICAL AND ECONOMIC IMPACT OF PROPHYLACTIC CERVICAL CANCER VACCINATION IN JAPAN USING A MARKOV MODEL /国際医薬経済アウトカムリサーチ学会 第3回アジア環太平洋学術集会/共著/2008.09
Involvement of Latent Herpes Zoster Virus in the Formation of Forehead Allodynia and Aggravation of Migraine. /国際頭痛学会 第14回学術集会//2009.09
THE EFFECT OF UNCONTROLLED ASTHMA ON HEALTH-RELATED QUALITY OF LIFE AND RESOURCE USE IN JAPAN AND THE UNITED STATES /国際医薬経済アウトカムリサーチ学会 第4回アジア環太平洋学術集会/共著/2010.10
CLINICAL AND ECONOMIC BURDEN OF BREAST CANCER IN JAPAN: A DIAGNOSIS PROCEDURE COMBINATION–BASED CLAIMS DATABASE SURVEY /国際医薬経済アウトカムリサーチ学会 第14回欧州年会/共著/2011.11
イノベーティブ経営セミナー講演 /日経ビジネス/単著/2012.07
医事会計システムを利用した抗がん剤の処方動向と医療経済に与える影響の検討 /社会薬学/単著/2012.10
乳癌経口分子標的治療薬における医師と薬剤師の協働薬物治療とそのアウトカム評価 /北関東医学会/共著/2015.08
COST-EFFECTIVENESS OF RECOMMENDED MEDICAL INTERVENTION FOR TREATMENT IF DYSNENORRHEA AND ENDMETRIOSIS IN JAPAN SETTING /国際医薬経済アウトカムリサーチ学会 第18回欧州年会/共著/2015.11
乳癌エベロリムス治療におけるアドヒアランス向上を目指した医師と薬剤師の協働薬物治療とそのアウトカム評価 /日本臨床腫瘍学会学術集会/共著/2016.07
Cervical Cancer Screening with Human Papillomavirus DNA and Cytology in Japan /In J Gynecol Can/共著/2017.03
主な担当授業科目名 アドバンスセミナーⅡ、フレッシュセミナーⅠB、アドバンスセミナーⅣ、臨床薬学特論、社会保障論、生物統計学

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る