• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

教員紹介

所属 薬学部 薬学科 教授
薬学研究科 薬学専攻 教授
氏名 鈴木 政雄
最終学歴 東京理科大学大学院理学研究科(博士課程)化学専攻、単位取得満期退学
現在所属している学会 日本薬学会、日本薬剤師会、日本公衆衛生学会、有害・医療廃棄物研究会、日本社会薬学会、司法薬学研究会、日本緩和医療薬学会
学士・修士・博士 薬学士、修士(薬学)、博士(理学)
所有資格 薬剤師免許
研究の分野 医療系薬学
主な研究項目 社会薬学,司法薬学
主な研究業績 薬剤師と医療コミニュケーション /薬ゼミ情報教育センター/共著/2009.09
抗炎症・抗アレルギー作用を有する民間薬の疫学的データの調査と植物成分のデータベース化に関する研究 /平成15年度厚生労働科学研究補助金 免疫アレルギー疾患予防・治療研究事業研究報告会/共著/2004.02
薬剤性スティーブン・ジョンソン症候(SJS)発症の第一アタック及び第二アタックと薬剤師の役割 /日本薬学会第124会/共著/2004.03
各種メディアにおける健康食品の広告表現に関する調査及び評価 /日本薬学会第124会/共著/2004.03
秋本義雄、鈴木政雄、鈴木順子、福島紀子、宮本法子、三輪亮寿:薬剤師業務に必要な法律知識(第1回) /秋本義雄、鈴木政雄、鈴木順子、福島紀子、宮本法子、三輪亮寿:都薬雑誌、26(No.4)16~17(2004)./共著/2004.04
秋本義雄、鈴木政雄、鈴木順子、福島紀子、宮本法子、三輪亮寿:薬剤師業務に必要な法律知識(第2回) /秋本義雄、鈴木政雄、鈴木順子、福島紀子、宮本法子、三輪亮寿:都薬雑誌、26(No.5)8~9(2004)./共著/2004.05
薬剤師業務に必要な法律知識(第3回) /秋本義雄、鈴木政雄、鈴木順子、福島紀子、宮本法子、三輪亮寿:都薬雑誌、26(No.6)10~11(2004)./共著/2004.06
処方せん監査の「悪しき慣行」 /司法薬学研究会/単著/2004.06
薬剤師業務に必要な法律知識(第4回) /秋本義雄、鈴木政雄、鈴木順子、福島紀子、宮本法子、三輪亮寿:都薬雑誌、26(No.7)18~19(2004)./共著/2004.07
薬剤師業務に必要な法律知識(第5回) /秋本義雄、鈴木政雄、鈴木順子、福島紀子、宮本法子、三輪亮寿:都薬雑誌、26(No.9)14~15(2004)./共著/2004.09
判例に見る医薬品情報に関する一考察 /日本社会薬学会第23年会/共著/2004.09
薬剤師業務に必要な法律知識(第6回) /秋本義雄、鈴木政雄、鈴木順子、福島紀子、宮本法子、三輪亮寿:都薬雑誌、26(No.10)32~33(2004)./共著/2004.10
司法薬学からの提言(1) /第37回日本薬剤師会学術大会/共著/2004.10
健康食品に関する広告表現の調査と評価 /千葉県薬剤師学術大会ちば薬剤師ホーラム/共著/2004.11
秋本義雄、鈴木政雄、鈴木順子、福島紀子、宮本法子、三輪亮寿:薬剤師業務に必要な法律知識(第7回) /秋本義雄、鈴木政雄、鈴木順子、福島紀子、宮本法子、三輪亮寿:都薬雑誌、26(No.12)24~25(2004)./共著/2004.12
判例に見るインフォームドコンセントに対する薬剤師並びに治験コーディネーターの役割についての一考察 /日本薬学会第125年会/共著/2005.03
鈴木政雄、秋本義雄、鈴木順子、福島紀子、宮本法子:司法薬学からの提言 /鈴木政雄、秋本義雄、鈴木順子、福島紀子、宮本法子:日本薬剤師会雑誌、57(No.8)915~918(2005)./単著/2005.06
秋本義雄、鈴木政雄、鈴木順子、福島紀子、宮本法子:薬剤師業務に必要な法律知識(第8回) /秋本義雄、鈴木政雄、鈴木順子、福島紀子、宮本法子:都薬雑誌、27(No.7)9(2005)./共著/2005.07
受診勧告は薬剤師の法的責務である /第2回司法薬学研究会/単著/2005.09
医療構造変化と薬業・薬剤師によるセルフメディケーション支援のありかた /第3回セルフメディケーション学会/共著/2005.09
教科書に見るセルフメディケーション /日本社会薬学会第24年会/共著/2005.11
秋本義雄、鈴木政雄、鈴木順子、福島紀子、宮本法子:薬剤師業務に必要な法律知識(第9回) /秋本義雄、鈴木政雄、鈴木順子、福島紀子、宮本法子:都薬雑誌、28(No.1)16~17(2006)./共著/2006.01
秋本義雄、鈴木政雄、鈴木順子、福島紀子、宮本法子:薬剤師業務に必要な法律知識(第10回) /秋本義雄、鈴木政雄、鈴木順子、福島紀子、宮本法子:都薬雑誌、28(No.2)41(2006)/共著/2006.02
「開業医の役割」に関する最高裁判例から薬局薬剤師の「受診勧奨」についての法的 /日本薬学会第126年会/共著/2006.03
後発医薬品の情報についての歴史的変遷とその評価法の検討 /第2回千葉県薬剤師学術大会(ちば薬剤師フォーラム2006)/共著/2006.07
副作用兆候の発見における薬剤師の役割 /司法薬学研究会2006 シンポジウム/単著/2006.09
薬物治療のリスクと薬剤師の役割―3 /日本社会薬学会第25年会/共著/2006.09
秋本義雄、鈴木政雄、鈴木順子、福島紀子、宮本法子:薬剤師業務に必要な法律知識(第11回) /秋本義雄、鈴木政雄、鈴木順子、福島紀子、宮本法子:都薬雑誌、28(No.11)9(2006)/共著/2006.11
医療における薬剤師の責務の推移-3 医師に対する民事訴訟事例から副作用兆候発見における薬剤師の役割を考える /日本薬学会127年会/共著/2007.03
重篤な副作用発生例における投薬中止のターニングポイントを考える /日本社会薬学会第26年会/共著/2007.09
治療拒否事例に対する緩和ケア参入の可能性:医療訴訟判例から探る /第1回日本緩和医療薬学会年会(東京)/共著/2007.10
副作用兆候発見における観察権を考える /日本薬学会第128年会(横浜)/共著/2008.03
初回面談時の情報収集の重要性 /日本薬学会第129年会(京都)/共著/2009.03
調剤業務と疑義照会-5 保険適用外処方せんと薬剤師 /日本社会薬学会28年会/共著/2009.11
裁判例から考える薬剤師の疑義照会の意義-5 適応外処方せんへの薬剤師の対応 /日本薬学会第130年会(岡山)/共著/2010.03
裁判例から見た薬剤管理と薬剤師の責任-4 薬剤師以外が使用する薬剤の管理 /日本社会薬学会29年会(千葉)/共著/2010.09
薬剤師の果たすべき薬剤管理義務: 4.薬剤管理に対 /日本薬学会第131年会(静岡)/共著/2011.03
主な担当授業科目名 フレッシュセミナーⅠA,ⅠB、ⅡA、ⅡB、アドバンスセミナーⅠA、薬学入門

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る