• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

教員紹介

所属 健康メディカル学部 理学療法学科 講師
氏名 知脇 希
最終学歴 お茶の水女子大学大学院 人間文化創成科学研究科博士後期課程 ジェンダー学際研究専攻
現在所属している学会 日本理学療法士学会、日本人口学会、国際保健医療学会、生活社会科学研究会
学士・修士・博士 学士(人文学)、修士(社会科学)、博士(社会科学)
所有資格 理学療法士、介護支援専門員、専門理学療法士(教育・管理理学療法)
研究の分野 リハビリテーション科学(理学療法学),ジェンダー(経済・労働)
主な研究項目 就業継続の分析,在宅生活継続に寄与する要因の分析,大規模自然災害後の支援
主な研究業績 PT・OTビジュアルテキスト 国際リハビリテーション学 国境を超えるPT・OT・ST  /羊土社/共著/2016.04
介護職の仕事の満足度と離職意向-介護福祉士資格とサービス類型に注目して-(「審査つき論文」) /国立社会保障・人口問題研究所、季刊社会保障研究 45(4)p444-457/単著/2010.03
独居多系統萎縮症男性の在宅生活継続の要因‐病状の進行に伴う生活環境の対応(「審査つき論文」) /医学書院、訪問看護と介護 16(12) p1026-1031/共著/2011.12
リハビリテーション専門職による大規模自然災害被災者支援‐JOCVリハビリテーションネットワークによる東日本大震災被災者支援活動の経験から‐ /日本在宅ケア学会誌15(2):19‐24/共著/2012.09
無職経験が母親の収入に与える影響 (「審査つき論文」) /生活社会科学研究会、生活社会科学研究 19 p51-33/単著/2012.10
なぜ我々は継続的に福島県二本松市に通い続けることができたのか?―JOCVリハビリテーションネットワークによる東日本大震災被災者支援活動―(「審査つき論文」) /埼玉県包括的リハビリテーション研究会雑誌 12(1) :51‐55/共著/2013.02
福島第一原発事故避難者への支援活動-JOCVリハビリテーションネットワークの活動とその変化- /暮らしとリハビリテーション研究会/共著/2014.11
未婚の子の就業と親介護 /生活社会科学研究/単著/2016.11
平成20年度ワークライフバランスに関する調査報告書 /社団法人日本理学療法士協会千葉県理学療法士会女性会員支援推進委員会/共著/
フィジーにおける理学療法士支援の持続性に関する研究 /国立大学法人 お茶の水女子大学リーダーシップ養成教育研究センター、文部科学省特別経費「女性リーダーを創出する国際拠点の形成」(平成22年度―平成27年度)平成23年度「学生海外派遣」プログラム報告集 p17-24/単著/2012.03
無職経験と母親の就業 /文部科学省・日本学術振興会委託 近未来の課題解決を目指した実証的社会科学研究推進事業 お茶の水女子大学「ジェンダー・格差センシティブな働き方と生活の調和」研究プロジェクト ジェンダー格差センシティブなワーク・ライフ・バランスをめざして 最終報告書 p132-139/単著/2013.03
主な担当授業科目名 日常生活活動技術学、日常生活活動技術学実習、理学療法技術学実習

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る