• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

教員紹介

所属 健康メディカル学部 医療科学科 教授
氏名 山浦 常
最終学歴 日本大学農獣医学部獣医学科
現在所属している学会 日本感染症学会、日本臨床寄生虫学会、日本環境感染学会、日本臨床微生物学会
学士・修士・博士 医学博士
所有資格 獣医師、医学博士、インフェクションコントロールドクター(ICD)
研究の分野 基礎・応用獣医学、寄生虫学、感染症内科学
主な研究項目 人畜共通寄生虫症,蠕虫・原虫類(症)の疫学,原虫感染症の診断法,感染症防御学,日和見感染原虫症
主な研究業績 眼科診療プラクティス /文光堂/共著/1996.01
「眼微生物事典」 /メジカルビュー社/共著/1996.05
テュートリアル教育 /篠原出版/共著/1996.07
外来診察のすべて /メジカルビュー社/共著/1999.01
ニューチャート内科⑧感染症 /医学評論社/共著/2001.09
日本語版サンフォード感染症治療ガイド 2004 (第 34 版) /ライフサイエンス出版/共著/2004.05
日本語版サンフォード感染症治療ガイド 2005 (第 35 版) /ライフサイエンス出版/共著/2005.05
CBT こあかり1 オリエンテーション /医学評論社/共著/2005.12
CBT こあかり2 シミュレーション /医学評論社/共著/2006.01
日本語版サンフォード感染症治療ガイド 2006 (第 36 版) /ライフサイエンス出版/共著/2006.05
CBT こあかり3 リ・コ /医学評論社/共著/2006.08
CBT こあかり1 オリエンテーション第2版 /医学評論社/共著/2006.11
第 101 回 医師国家試験問題解説書 /医学評論社/共著/2007.04
第 102 回 医師国家試験問題解説書 /医学評論社/共著/2008.04
CBT こあかり1、 オリエンテーション第3版 /医学評論社/共著/2009.03
CBTこあかり2. オールチェツク /医学評論社/共著/2009.11
美容師国家試験対策問題演習 /(株)アイ・ケイ コーポレーション/共著/2011.09
美容師国家試験対策問題演習 /(株)アイ・ケイ コーポレーション/共著/2013.09
美容師国家試験対策問題演習 /(株)アイ・ケイ コーポレーション/共著/2014.09
美容師国家試験対策問題演習 /(株)アイ・ケイ コーポレーション/共著/2015.09
韓国非武装地帯からの三日熱マラリア輸入例(査読付) /感染症学雑誌 77巻1号 P42-44/共著/2003.01
同一のシマヘビ生食後マンソン裂頭条虫成虫寄生をみた2例とマンソン孤虫寄生の1例 /Cllinical Parasitology 13巻1号 P159-P163/共著/2003.02
メキシコから帰国後に発症したサイクロスポーラ症の1例 /Cllinical Parasitology 13巻1号 P155-P158/共著/2003.02
HIV陽性者に発症したクリプトスポリジウム症の2例 /Cllinical Parasitology 13巻1号 P151-P154/共著/2003.02
Evaluation of dot-ELISA for serological diagnosis of amebiasis.(査読付) /Journal of Infection and Chemotherapy 9:P25-P29 /共著/2003.03
Molecular confirmation of transmission route of Staphylococcus intermedius in mastoid cavity infection from dog saliva.(査読付) /Journal of Infection and Chemotherapy 10:P46-P48/共著/2004.02
病理組織より検出された寄生虫の2例 /Clinical Parasitology 14巻1号 P61-P64/共著/2004.03
塗抹検査を中心とした微生物・寄生虫検査、4、原虫類 鞭毛虫類(ランブル鞭毛虫類、膣トリコモナス) /臨床と微生物 31 (増刊号) P108-P110/共著/2004.10
塗抹検査を中心とした微生物・寄生虫検査、4、原虫類 胞子虫類(クリプトスポリジウム、サイクロスポーラ、イソスポーラ) /臨床と微生物 31 (増刊号)P108-P110/共著/2004.10
転移性肝癌にアメーバ性肝膿瘍を合併した1例 /Clinical Parasitology 14巻1号 P47-P49/共著/2005.10
Acceleration of age-related changes in the granules of perivascular macrophages from the brain of senescence accelerated mice (SAM)(査読付) /Journal of Tokyo Women's Medical College 76巻2号 P82-P91/共著/2006.02
10年後に診断されたビルハルツ吸血吸虫症に1例 /泌尿器科紀要 53巻5号 P319-P322/共著/2007.05
当院で経験した裂頭条虫症の検討 /第327回東京女子医科大学学会例会(東京)/共著/2003.02
A case of imported Plasmodium vivax malaria from the demilitarized zone in South Korea /第77回日本感染症学会総会(福岡)/共著/2003.04
病理組織より検出された寄生虫の2例 /第14回日本臨床寄生虫学会大会(長崎)/共著/2003.06
転移性肝癌にアメーバ性肝膿瘍を合併した1例 /第16回日本臨床寄生虫学会(東京)/共著/2005.06
本校柔道整復学科学生に対するPBLテュートリアルの試み /第15回日本柔道整復接骨医学会学術大会(京都)/共著/2006.11
本校におけるPBLテュートリアルの現状と今後の改善点について /第16回日本柔道整復接骨医学会学術大会(札幌)/共著/2007.09
Resveratrol protects rat muscles from loss of excitability under long-term preservation at low temperature /The Journal of Physiological Sciences 62:S156/共著/2012.03
Effects of T- and L-type Ca2+ channel blockers on action potential properties in cardiac muscle of hypertensive rat /The Journal of Physiological Sciences 62:S163/共著/2012.03
主な担当授業科目名 人体の構造、人体の構造・機能Ⅰ、人体構造学、免疫学、微生物・免疫学、人体の構造・機能(実習)、フレッシュセミナーⅠ

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る