• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

教員紹介

所属 現代ライフ学部 人間文化学科 講師
氏名 米川 和雄
最終学歴 久留米大学大学院心理学研究科後期博士課程単位取得退学
現在所属している学会 日本社会福祉学会、日本社会福祉士会、日本学校メンタルヘルス学会、日本心理学会、日本学校ソーシャルワーク学会、日本発達心理学会、精神保健福祉士協会、東京社会福祉士会、東京都医療社会事業協会、日本福祉心理学会
学士・修士・博士 博士(心理学)
所有資格 精神保健福祉士、社会福祉士、2級キャリアコンサルティング技能士、臨床発達心理士、専門社会調査士
研究の分野 社会学(社会福祉学)  健康・スポーツ科学  心理学(健康心理学)
主な研究項目 精神保健,スクールソーシャルワーク,教育相談(教員研修)
主な研究業績 エンパワーメント /東京図書出版会/単著/2000.06
学校コーチング入門-スクルーソーシャルワーカー・スクールカウンセラーのための予防的援助技術- /ナカニシヤ出版/単著/2009.02
自尊感情におけるストレス(第2版 翻訳) /ストレス百科事典-Encyclopedia of Stress 2nd.ed.-/丸善株式会社 /単著/2009.12
超初心者向けSPSS統計解析マニュアル-統計の基礎から多変量解析まで- /北大路書房/共著/2010.03
社会福祉統計調査:予防開発的要因の同定 /北大路書房/スクールソーシャルワーク実習・演習テキスト[第6章]/単著/2010.04
ソーシャルワークの価値とスクールソーシャルワーカーの意義 /北大路書房/スクールソーシャルワーク実習・演習テキスト[第1章]/単著/2010.04
スクールソーシャルワークの諸業務:演習 /北大路書房/スクールソーシャルワーク実習・演習テキスト[第4章]/単著/2010.04
就労支援のアセスメントと支援の実際 /へるす出版/精神障がい者のための就労支援<就労マナー実践編>[第3章]/共著/2012.06
障がい者のキャリア /へるす出版/精神障がい者のための就労支援<就労マナー実践編>[第1章]/共著/2012.06
精神がい害の分類と実際 /へるす出版/精神障がい者のための就労支援<就労マナー実践編>[第4章]/共著/2012.06
教職員のメンタルヘルス /へるす出版/精神保健福祉士のためのスクールソーシャルワーク入門[第4章(9)]/共著/2012.06
予防・保健的ソーシャルワーク /へるす出版/精神保健福祉士のためのスクールソーシャルワーク入門[第2章第2節(3)]/共著/2012.06
メンタルヘルス /へるす出版/精神保健福祉士のためのスクールソーシャルワーク入門[第2章第1節(3)]/単著/2012.06
自尊感情におけるストレス /ストレス百科事典-精神医学的・臨床心理的・社会心理的・社会経済的影響-/丸善株式会社 /単著/2013.01
高齢者の家族が抱えるひきこもりの子どもへの生活支援 /中央法規/ソーシャルワーク演習のための88事例―実践につなぐ理論と技法を学ぶ―/単著/2013.04
ソーシャルワーカーのための社会調査の基礎 /北大路書房/単著/2013.04
ソーシャルワーク演習 /北大路書房/スクールソーシャルワーク実践技術―認定社会福祉士・認定精神保健福祉士のための実習・演習テキスト―【第11章】/共著/2015.12
社会福祉調査 /北大路書房/スクールソーシャルワーク実践技術―認定社会福祉士・認定精神保健福祉士のための実習・演習テキスト―【第8章】/単著/2015.12
都内におけるスクールソーシャルワーク事業プログラムの動向と留意点 /せせらぎ出版/すべての子どもたちを包括する支援システム ―エビデンスに基づく実践推進自治体報告と学際的視点から考える―【第3部】/共著/2016.03
アセスメントの意義 /へるす出版(編著)/精神障がい者のための就労支援—就労マナー・実践編-[第2章]/単著/2017.09
高校生のピアコーチ養成プログラムの介入効果検討-学校ソーシャルワークの環境的アプローチの一過程-(査読有) /学校ソーシャルワーク研究,3,67-80/単著/2008.08
中学生の学校生活スキルに及ぼす自己受容の効果(査読有) /ヒューマン・ケア研究,9,18-29/単著/2008.09
エンパワーメント・ソーシャルワーク・モデルの提案(査読有) /健康支援,11(1),1-12/共著/2009.03
ピアコーチの活用による中学生の生きる力の効果検討-学校ソーシャルワーカーによる健康心理学的実践- /久留米大学大学院心理学研究科紀要,8,95‐102/共著/2009.03
高校生の「生きる力」を育むプログラム開発の試み-自己受容と学校生活スキル育成を目指して-(査読有) /子ども健康科学研究,9(2),29-38/共著/2009.04
高校生の自己受容と学校生活スキルの「生きる力」育成の検討-予防的・開発的支援モデルによる介入を目指して-(査読有) /子ども健康科学研究,9(2),19-28/共著/2009.04
中学生の「生きる力促進モデル」の検討-自己受容と学校生活スキルに焦点を当てて-(査読有) /健康心理学研究,22,(1),42-53/共著/2009.06
スクールソーシャルワーカー活用事業について千葉県の取り組み /学校ソーシャルワーク研究(特集号),21-22/単著/2009.07
中学生の多理論統合モデルによるステージとソーシャルスキルとの関連性(査読有) /学校ソーシャルワーク研究,4,42-53/共著/2009.07
中学生の生きる力の育成に関する理論と実践 /久留米大学大学院心理学研究科 課程博士論文/単著/2010.03
高校生のピアコーチ活用における学校環境改善の効果報告(査読有) /学校ソーシャルワーク研究,5,81-91/単著/2010.07
高校生のピアコーチによる中学生の生きる力育成-中高一貫校におけるピアコーチ養成・活用システム構築の取り組み-(査読有) /キャリア教育研究,29(1),13-24/共著/2010.09
中学生用自己受容尺度改訂の試み(査読有) /子ども健康科学研究,10(1),9-18/共著/2010.09
情動知能(EQ)と職場サポートによる職務遂行因子への影響 /久留米大学文学部紀要社会福祉学科編, 10-11合併号, 17-21./共著/2011.03
The Big Issue に関する海外の研究動向 /久留米大学文学部紀要社会福祉学科編, 10-11合併号, 1-6./共著/2011.03
スクールソーシャルワーカーの教職員メンタルヘルス支援の役割 /久留米大学文学部紀要社会福祉学科編, 10-11合併号, 7-15./単著/2011.03
スクールソーシャルワーク演習と相談援助演習の比較における一考察―ソーシャルワーカーの専門教育の構築に向けて― /帝京平成大学紀要, 22(1), 129-135/共著/2011.03
Emotional Intelligence Scale (EQS) の併存的妥当性の検証(査読有) /比較文化研究, 45, 43-50./共著/2011.03
教師メンタルヘルス支援の展望―スクールソーシャルワーク実践を目指して― /帝京平成大学紀要, 23(1), 17-23./共著/2012.03
東京都内におけるスクールソーシャルワーカー配置状況 /帝京平成大学紀要, 25, 79-86./単著/2014.03
Relationship between Teachers' Taking Sick Leave for Mental Health Problems and Pupils' Problems / 帝京平成大学紀要, 26(2), 177-188./共著/2015.03
国際比較を通じたスクールソーシャルワークの定義の一考察 /帝京平成大学紀要, 27(2), 57-66./共著/2016.03
中高生の学校生活スキルと主観的幸福観との関連性-学校ソーシャルワーク実践の一過程- /第6回日本ストレスマネジメント学会 全国大会(久留米大学:福岡)/共著/2007.07
管理職用ソーシャルスキルトレーニングの効果検討-コミュニケーション研修における看護師へのエンパワーメント- /第20回日本健康心理学会全国大会(文教大学:東京)/共著/2007.09
Development of The Communication Program for Adults and High School Students-The Comparison of adults and Adolescents in Empowerment Social Work model- /第3回アジア健康心理学会議アジア大会(早稲田大学:東京)/共著/2007.09
エンパワーメントコミュニケーションプログラムの効果検討-私立一貫校における学校ソーシャルワークの実践- /第55回日本社会福祉学会全国大会(大阪市立大学:大阪)/単著/2007.09
教師とピアコーチの中学生支援による自己受容の効果-学校ソーシャルワーカーにおける連携援助技術実践- /第9回日本子ども健康科学研究会全国大会(生育医療センター:東京)/共著/2007.11
高校生の自己受容と学校生活スキルに学校生活スキルによる生きる力促進モデルの検証 /第3回日本学校ソーシャルワーク学会全国大会(西南学院大学:福岡)/単著/2008.07
ピアコーチによるプレピアコーチ養成プログラムの効果検討 /第4回日本学校ソーシャルワーク学会全国大会(東京学芸大学:東京)/共著/2008.07
The Effects of the peer coach system on fostering the power of life among junior high school students - The developmental power of life model based on empowerment in ecological perspective- /日本発達心理学会2008年国際ワークショップ(日本女子大学:東京)/共著/2008.08
高等学校生徒の対人信頼感と社会的不安について /第20回日本健康心理学会全国大会(桜美林大学:東京)/共著/2008.09
中学生の自己受容と学校生活スキルによる予防的開発的モデルの検証 /第20回日本健康心理学会全国大会(桜美林大学:東京)/共著/2008.09
学校ソーシャルワークのエビデンス(学会研究課題:指定討論者) /第4回日本学校ソーシャルワーク学会全国大会(東京学芸大学:東京)/単著/2009.07
ピアコーチによる中学生に対する予防・開発的プログラムの効果検討 /第21回日本健康心理学会全国大会(早稲田大学:東京)/共著/2009.09
中学生の「生きる力促進モデル」の検討-諸問題の予防、並びにキャリア教育における援助- /第57回日本社会福祉学会全国大会(法政大学:東京)/単著/2009.10
高校生のピアコーチ養成プログラムによる健康状態と学習効果の効果検討 /第11回日本子ども健康科学会学術集会(久留米大学:福岡)/共著/2009.12
不登校事例におけるスクールソーシャルワークの役割に関する研究~エコマップを用いた生態学的視点からの検討を中心に~ /第11回日本子ども健康科学会学術集会(久留米大学:福岡)/共著/2009.12
多職種ケース会議におけるケース担当者の認知的・行動的変容の効果-スクールソーシャルワーク演習方法の提案- /第11回日本子ども健康科学会学術集会(久留米大学:福岡)/共著/2009.12
スクールソーシャルワーク演習内容の拡充の提案:臨床福祉心理演習・エンパワメント演習とシラバス /スクールソーシャルワーク教育課程研究会(帝京平成大学:東京)/単著/2010.05
不登校状態にある子どもへのソーシャルワーク実践~スクール(学校)ソーシャルワーカーの役割評価を中心に~ /第5回日本学校ソーシャルワーク学会全国大会(大阪立大学:大阪府)/共著/2010.07
スクールソーシャルワーカーにおける教職員メンタルヘルス支援の実践~スクールソーシャルワーク教育課程におけるメンタルヘルス支援の学習の提案~ /第10回日本精神保健福祉士学会学術集会(和歌山)/共著/2011.06
スクールソーシャルワーカーによる教師メンタルヘルス支援の展望 /東京第6回日本学校ソーシャルワーク学会全国大会(西南学院大学:福岡)/共著/2011.11
東京都内におけるスクールソーシャルワーカー定着の試み /第7回日本学校ソーシャルワーク学会全国大会(四国学院大学:香川)/共著/2012.07
教育相談研修における学校コーチングプログラムの開発 /第8回日本学校ソーシャルワーク学会全国大会(福島)/共著/2013.07
「いじめ、不登校…問題を解決スクールソーシャルワーカー」 /読売新聞(中部)社会面掲載/単著/2014.08
いじめ支援の課題―文献レビューによる一考察― /日本福祉心理学会第13会大会(東京家政大学:埼玉)/共著/2014.10
2014年度 都道府県教育委員会におけるスクールソーシャルワーカー定着状況調査報告 /東京社会福祉士会/単著/2015.01
スクールソーシャルワークの定義の一考察―国際比較を踏まえた予備調査― /日本福祉心理学会第13会大会(東京福祉大学:東京)/共著/2015.10
文献レビューによるスピリチュアル概念の定義 /日本福祉心理学会第14会大会(筑波大学:茨城)/共著/2016.07
文献レビューによるスピリチュアルアセスメント方法の一考察 /東京社会福祉士会2016年度実践研究大会(日本体育大学:東京)/共著/2016.09
2016年度 都内教育委員会におけるスクールソーシャルワーカー定着状況調査報告 /東京社会福祉士会/単著/2017.03
主な担当授業科目名 スクールソーシャルワーク教育課程

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る