• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

教員紹介

所属 健康メディカル学部 医療科学科 教授
氏名 鈴木 宏昌
最終学歴 筑波大学医学専門学群
現在所属している学会 日本外科学会、日本臨床救急医学会、日本救急医学会(評議員)、日本熱傷学会(評議員)、日本外傷学会、日本外科代謝栄養学会(評議員)、日本静脈経腸栄養学会(評議員)、日本中毒学会
学士・修士・博士 博士(医学)
所有資格
研究の分野 救急医学
主な研究項目 重症患者の栄養管理(特に重症熱傷),救急医療におけるメディカルコントロール,急性中毒(農薬中毒)の臨床,重症熱傷の治療,NSTにおける栄養評価
主な研究業績 今日の治療方針(2001年版)  /医学書院/共著/2001.01
看護のための最新医学講座 第25巻 救急 /中山書店/共著/2002.05
ネオ エスカ 栄養治療学 /同文書院/共著/2004.04
救急研修標準テキスト /医学書院//2005.08
NST完全ガイド 栄養療法の基礎と実践 /照林社//2005.11
最新栄養予防・治療学 /永井書店//2007.01
今日の治療方針2007 /医学書院//2007.01
看護のための最新医学講座[第2版] 25救急 /中山書店//2007.08
病態栄養専門医テキスト /南江堂//2008.01
今日の治療指針2008 ポケット版 /医学書院//2008.01
NST完全ガイド改訂第2版 /照林社//2009.01
病態栄養専門医テキスト /南江堂//2009.01
新しい救急医療体制の構築-救急医療体制改善のための提言 /へるす出版//2009.11
今日の治療指針2010年版(ポケット版) /医学書院//2010.01
重症患者と栄養管理Q&A(改訂版) /総合医学社//2010.02
Bioelectrical impedance analysis(BIA) /救急医学 P829-832 25巻 7号//2001.04
インターネットを通じ購入したGHB服用による深昏睡の1例 /日本救急医学会雑誌 P190-194 12巻 4号//2001.04
重症熱傷に合併した紫斑病性腎症の1例 /熱傷 P33-38 27巻 1号//2001.04
新人教育用模擬VTRを作成して-急性心筋梗塞の入院を例として- /茨城県救急医学会雑誌 P160 25巻//2001.09
地域救急医療におけるIT活用の現状と展望 /茨城県救急医学会雑誌 P34-36 25巻//2001.09
新規ICU開設の準備における看護の役割 /茨城県救急医学会雑誌 P86 24巻//2001.09
ERにおけるリスクマネージメントの問題点 /茨城県救急医学会雑誌 P62-64 25巻//2001.09
低Na血症による意識障害の2症例 /茨城県救急医学会雑誌 P124 24巻//2001.09
同種死体皮膚移植により救命し得た広範囲熱傷の1例 /茨城県救急医療学会雑誌 P187 24巻//2001.09
ERにおける処置の時間的ファクター /茨城県救急医学会雑誌 P156 24巻//2001.09
県境の救命救急センターにおける活動状況と今後の問題点 /茨城県救急医学会雑誌 P115 24巻//2001.09
激烈な経過を呈した劇症型A群溶連菌感染症の1例 /茨城県救急医学会雑誌 P114 24巻//2001.09
入院患者における栄養学的スクーリング /第16回日本静脈経腸栄養学会 横浜//2001.02
骨損傷を伴わない頸髄損傷の検討 /第51回日本救急医学会関東地方会 東京//2001.02
著明なメトヘモグロビン血症を伴ったアニリン系除草剤中毒の1例 /第51回日本救急医学会関東地方会 東京//2001.02
新人教育用模擬VTRを作成して-急性心筋梗塞の入院を例として- /茨城県救急医学会 水戸//2001.09
同種死体皮膚移植により救命し得た広範囲熱傷の1例 /茨城県救急医学会 水戸//2001.09
ERによる処置の時間的ファクター /茨城県救急医学会 水戸//2001.09
低Na血症による意識障害の2症例 /茨城県救急医学会 水戸//2001.09
県境の救命救急センターにおける活動状況と今後の問題点 /茨城県救急医学会 水戸//2001.09
激烈な経過を呈した劇症型A群溶蓮菌感染症の1例 /茨城県救急医学会 水戸//2001.09
新規ICU開設の準備における看護の役割 /茨城県救急医学会 水戸//2001.09
主観的改善度(Appearance値)のよる栄養改善度評価の試み /第17回日本静脈経腸栄養学会 熊本//2002.01
(総説)救急医療における栄養治療 /栄養評価と治療 P129-135 19巻 2号//2002.05
知って防げる夏の熱中症 /日経メディカル P123-126//2002.08
(論文解説)熱傷患者における安静時エネルギー消費量推定式の精度 /Nutrition & Dietetics P14-15 6巻 1号//2003.01
腹部刺創症例の検討 /第53回日本救急医学会関東地方会 千葉//2003.02
合法ドラッグ(2C-T-7)中毒の2例 /第53回日本救急医学会関東地方会 千葉//2003.02
ムースベースの添加により便回数の改善が得られたクローン病の1例 /第18回日本静脈経腸栄養学会 盛岡//2003.02
バイケイソウの誤飲によりショック症状を呈した2例 /第25回日本中毒学会総会 福岡//2003.07
(学会記録)腹部刺創症例の検討 /日本救急医療学会関東地方会 P78-79 24巻 1号//2003.11
(総説)経腸栄養法の進め方とコツ /エキスパートナース P33-53 20巻 3号//2004.03
(総説)熱中症、凍傷 /治療 P402-406 86巻//2004.03
(座長)SESSION:prehospital care /the 12th Congress of the International Society for Burn Injuries Tokyo//2004.08
向精神薬副作用による救急症例の検討 /第28回茨城県救急医学会 水戸//2004.09
頭部外傷を主訴に来院した敗血症性ショック /第32回日本救急医学会総会 千葉//2004.10
県境における地方型救命救急センターの運営とMC体制構築における救急専門医の役割 /第32回日本救急医学会総会 千葉//2004.10
(総説)症例検討:消化管出血への対応、下血ショック:2時間以内の手術でショックからの離脱をはかる /LiSA P372-375 12巻 4号//2005.04
行政区を越え地域救急医療の核となる救命救急センター /第33回日本救急医学会総会 大宮//2005.10
(総説)高所障害(high altitude illness:HAI)-その病態メカニズムと治療- /臨床検査 P1251-1259 50巻//2006.04
(総説)重症患者と栄養管理Q&A 2.重症患者の代謝変動は? /救急・集中治療 P1405-1410 18巻//2006.04
地方型救命救急センターにおけるER型救急医療の現状から見た将来の展望 /第34回日本救急医学会総会 福岡//2006.10
搬送たらい回し事例の実態とMC協議会の役割 /第35回日本救急医学会総会 大阪//2007.10
(総説)重症熱傷患者:救急ナースのための栄養投与マニュアル /エマージェンシー・ケア P178-189 新春増刊号//2008.01
社会復帰した病院外心肺停止例の検討 /第58回日本救急医療学会関東地方会 埼玉//2008.02
(総説)急性中毒の対処法:当直医のための消化器救急医療マニュアル /消化器内視鏡 P842-851 20巻 6号//2008.06
救命救急センターにおける高齢者の割合-開設8年間の推移- /第36回日本救急医学会総会 札幌/共著/2008.10
救急医療圏における地域格差の把握とその対策におけるメディカルコントロール協議会の役割 /第36回日本救急医学会総会 札幌//2008.10
(座長)小児4 /第36回日本救急医学会総会 札幌//2008.10
高度徐脈が持続したグルホシネート中毒の1例 /第23回日本中毒学会東日本地方会 つくば//2009.01
交通外傷によるⅢb型肝損傷に対してTAEにて救命し得た1例 /第33回茨城県救急医学会 水戸//2009.09
下剤の乱用による巨大結腸症から多臓器障害を来たした1例 /第37回日本救急医学会総会 盛岡//2009.10
(座長)AED1 /第37回日本救急医学会総会 盛岡//2009.10
9年間に当院で経験した肝損傷例の検討 /第60回日本救急医学会関東地方会 東京//2010.02
病院前心肺停止(prehospital CPA)の原因と予後についての考察 /第60回日本救急医学会関東地方会 東京/共著/2010.02
県境なき救急医療-県境を越えたMC協議会を中心とする救急医療体制- /第38回日本救急医学会関東地方会 東京//2010.10
茨城県における熱傷患者受け入れ施設の現状と展望 /第19回日本熱傷学会関東地方会 東京//2011.01
硫化水素中毒の関与が疑われた代謝性アシドーシスの一例 /第25回日本中毒学会東日本地方会 札幌//2011.01
散在性白質病変を呈した遷延性意識障害の一例 /第61回日本救急医学会関東地方会 横浜//2011.02
他県2次救急病院との連携で救命し得た出血性ショックの1例 /第61回日本救急医学会関東地方会 横浜//2011.02
TAEにて救命しえた外傷性肝動脈瘤破裂の1例 /第25回日本外傷学会 大阪/共著/2011.05
救急医療における超高齢者(85歳以上)の問題点 /第14回日本臨床救急医学会 札幌/共著/2011.06
茨城県の熱傷治療体制と搬送基準 /第37回日本熱傷学会総会 東京/単著/2011.06
著明な高炭酸ガス血症をきたした1例 /第14回日本臨床救急医学会 札幌/共著/2011.06
主な担当授業科目名 救急医学概論II・Ⅲ、疾病救急Ⅲ、救急症候学Ⅲ・Ⅳ

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る