• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

教員紹介

所属 ヒューマンケア学部 看護学科 教授
氏名 河端 惠美子
最終学歴 新潟大学大学院医歯学総合研究科口腔生命科学専攻博士課程
現在所属している学会 日本女性医学学会理事、更年期と加齢のヘルスケア学会 理事、日本未病システム学会 評議員、日本母性衛生学会、日本性科学学会、日本サプリメント学会理事
学士・修士・博士 新大学院学術博士
所有資格 看護師免許、助産師免許
研究の分野 生涯発達看護学
主な研究項目 ウィメンズヘルス、セクシャリティ、更年期ヘルスケア、リプロダクティブヘルス、カウンセリング、医療政策
主な研究業績 中高年女性健康教育マニュアル /中高年女性健康教育マニュアル 小山嵩夫監修 社団法人 日本家族協会/共著/2003.09
更年期女性への対応-女性外来における看護職の役割- /更年期医療のコツと落とし穴 麻生武志編、中山書店 P32-P35/共著/2005.04
『ウイメンズヘルスナーシング 女性のライフサイクルとナーシング、高橋真理・村本淳子編』女性の健康への新しい流れ-女性外来- /ヌーヴェルヒロカワ出版P90-P95/共著/2005.06
『ウイメンズヘルスナーシング 女性のライフサイクルとナーシング、高橋真理・村本淳子編』 ヘルスプロモーションへの支援-定期健康診断- /ヌーヴェルヒロカワ出版P156-P162/共著/2005.06
『周産期看護学アップディト』産褥期以降のセンシャリティカウンセリング」 /中央法規 p234-240/共著/2008.05
『ベリネイタルケア齋藤益子編著』 未来にひろがる助産師活動:更年期保健相談 /メディカ出版 p98-102/共著/2008.07
『女性とくすりQ&A-患者に適した薬剤選択のために-』Ⅴチームでのぞむ女性医療Q-58女性外来の看護職の役割は? /監修 上野光一・松田昌子・河端恵美子』株式会社じほう p189-192/共著/2008.08
『女性とくすりQ&A-患者に適した薬剤選択のために-』Ⅴ チームでのぞむ女性医療 Q-59女性患者の医療面接で望まれることは? /監修 上野光一・松田昌子・河端恵美子』株式会社じほう pp193-195/共著/2008.09
『更年期医療ガイドブック』 第2章更年期における主要な疾患・症状とそれに対する対応 1 更年期障害-ヘルスケア- /日本更年期医学会編』金原出版 p25-28/共著/2008.10
『性の健康と相談のためのガイドブック』 ヘルスプロモーションと性の健康ー中高年の性の問題ー性交痛などの性のトラブルとカウンセリング /公益財団法人 性の健康医学財団編集 齋藤益子編集代表,中央法規,p156-157/共著/2014.04
分娩後無月経期間が骨量におよぼす影響について-授乳期間との関係(原著)(査読付き) /日本更年期医学会雑誌第3巻第2号P216-P224/単著/1995.10
特集:更年期を考えるコメディカルの立場から(総説) /クリニカ Vol.25 No.1 P26-P30/単著/1998.01
妊娠・産褥期の骨量の推移と生活指導の実際(総説) /臨床と薬物治療Vol.19 No.10 P995-P998/単著/2000.10
更年期女性の医療および健康管理への提言-更年期を取り巻く問題と分析から-(学術論文)(査読付き) /日本更年期医学会雑誌第9巻第1号P163-P167/単著/2001.04
更年期女性の医療および健康管理政策への提言-更年期を取り巻く問題と分析から-修士論文(査読付き) /法政大学大学院紀要第48号要旨のみ/単著/2002.03
米国の更年期医療の現状について(学術論文) /更年期と加齢のヘルスケア 第1巻P126-134/単著/2002.10
医療保険制度からみたわが国の更年期医療(学術論文) /更年期と加齢のヘルスケア 第1巻 P51-P57/単著/2002.11
医療保険制度と閉経女性の健康管理-米国の閉経期医療の背景と現状(学術論文)査読付き /日本更年期学会雑誌 第11巻第1号 P89-P96/単著/2003.04
更年期障害の妻・母親へのサポート-家族へのアドバイス- /更年期と加齢のヘルスケア 第2巻第1号 P140-P144/単著/2003.07
看護師・助産師の更年期に対する認識-半構成面接法による聞き取り調査から-(学術論文) /更年期と加齢のヘルスケア 第2巻第1号 P55-P62/単著/2003.07
これからの更年期医療における看護師・助産師の役割について-女性専用外来の現場から-(学術論文) /日本更年期学会雑誌 第12巻第1号 P86-P91/単著/2004.04
医療保険制度からみた女性専用外来の開設と運営-その問題点と今後の課題-(学術論文) /更年期と加齢のヘルスケア 第3巻第1号 P77-P78/共著/2004.04
米国において、なぜ、HRTの否定的報道がおこなわれたのか-製薬企業、医学教育研究機関、医学雑誌、医療保険制度から-(学術論文) /更年期と加齢のヘルスケア 第4巻第1号 P18-P27/単著/2005.04
更年期女性の性生活の現状と問題点-女性外来の調査から-(学術論文)査読付き /日本更年期学会雑誌 第13巻第1号 P111-P120/単著/2005.04
性生活が変える更年期からの美と健康、そして、パートナーシップ /更年期と加齢のヘルスケア 第4巻第1号 P142-P148/単著/2005.05
女性外来における医療保険制度・医療経済上の問題点-実際の症例から考える-(学術論文) /更年期と加齢のヘルスケア 第4巻第2号 P35-P37/単著/2005.11
Menopausal Women's Sexual Life-Viwed from Their Physical,Mental and Environmental State (学術論文) /日本更年期学会雑誌 第14巻第1号 p115-117/単著/2006.04
オープンマインドで話そう更年期女性のセックスレスとその解消法 /更年期と加齢のヘルスケア 第5巻第1号 P214-P217/単著/2006.06
プレ更年期の看護(総説) /臨床看護 へるす出版 P1296-P1300/単著/2006.08
性差医療における看護職の役割(総説) /看護教育 医学書院 p705-713/単著/2006.08
女性専用外来が直面する課題-現状と実際の症例から医療保険制度を考える-(学術論文) /更年期と加齢のヘルスケア 第5巻第2号 P45-P51/単著/2006.11
更年期女性の性生活とQOL(学術論文) /更年期と加齢のヘルスケア 第6巻第1号 P124-P128/単著/2007.06
中高年女性へのヘルスケアに関する医療政策提言の必要性について(総説) /更年期と加齢のヘルスケア 第6巻第2号 P30-P44/共著/2007.11
更年期女性の性生活を考える-女性専用外来における調査から-(学術論文) /更年期と加齢のヘルスケア 第7巻第1号 p93-98/単著/2008.06
不定愁訴と更年期障害-生活指導を中心に(総説) /日本女性心身医学会雑誌、第14巻2号 p178-182/単著/2009.10
更年期障害とその特徴 現代女性と更年期障害(総説) /公衆衛生 第74巻2号 p99-104 医学書院/単著/2010.02
中高年女性の心をつかむ保健指導のためのポイント(総説) /保健師ジャーナル 第66巻3号 p186-193 医学書院/単著/2010.03
更年期相談室の現状と課題(臨床研究) /更年期と加齢のヘルスケア 第9巻1号 p103-114/単著/2010.06
ポスト更年期を考える-社会参加や夫婦関係から /更年期と加齢のヘルスケア 第10巻1号 p123-126/単著/2011.06
更年期女性の長期的なQOLの向上を目指して-可能なヘルスケアシステムの提言-(臨床研究) /更年期と加齢のヘルスケア 第10巻1号 p18-22/単著/2011.06
更年期世代における性への考え方―潜在意識からの解放 /更年期と加齢のヘルスケア 第11巻1号 p107-112/単著/2012.06
更年期女性へのカウンセリングのポイントー入門編(臨床研究) /更年期と加齢のヘルスケア 第11巻1号 p21-27/単著/2012.06
更年期症状におけるタヒボNFD(エキス末)飲用の効果(臨床研究)査読付き /更年期と加齢のヘルスケア 第11巻1号 p235-240/共著/2013.02
更年期不定愁訴に対する霊芝の効果について(原著)査読付き /更年期と加齢のヘルスケア 第12巻2号 p266-272/共著/2014.02
臨床で実践可能な食事・運動の分析とその応用についての試み /更年期と加齢のヘルスケア 第13巻2号 p306-313/共著/2015.02
HRTにおける多業種連携~メノポーズカウンセラーの役割 /更年期と加齢のヘルスケア 第16巻1号p32-41/単著/2017.06
最近の授乳期間の長期化と更年期症状について /第6回更年期医学研究会学術集会/単著/1991.11
Analysis of Influential Factors on Resumption of Menses During Postpartum Period /第1回国際看護研究学術集会/単著/1992.10
都市環境が出産に及ぼす影響について /第34回日本母性衛生学会学術集会/単著/1993.10
シンポジウム:看護からみた母乳授乳と更年期症状 /第8回日本更年期医学会学術集会/単著/1993.11
シンポジウム:更年期を考えよう-不定愁訴からみた産褥期と更年期 /第37回日本母性衛生学会学術集会/単著/1996.10
シンポジウム:医療保険制度と閉経女性の健康管理-日米の制度比較と可能な範囲での新しいシステム構築 /第17回日本更年期医学会学術集会/単著/2002.10
シンポジウム:医療の現場から-更年期に無関心な人がなぜ多いのか /第1回更年期と加齢のヘルスケア研究会 学術集会/単著/2002.11
シンポジウム:これからの更年期医療における看護師・助産師の役割について-女性専用外来の現場から- /第18回日本更年期医学会 学術集会/単著/2003.11
シンポジウム:女性外来における看護職が果たす役割について-開設から運営に携わる立場から- /第46回日本母性衛生学会学術集会/単著/2005.10
更年期女性の生活及び健康上の問題についての分析-女性外来の調査から- /2005年第2回例会新潟歯学学会/単著/2005.11
シンポジウム:身体面・精神面から考える更年期女性の性生活-抑うつ尺度(SRQ-D)と簡略更年期指数との関係から- /第20回日本更年期医学会学術集会/単著/2005.11
ラウンドテーブルディスカッション:オープンマインドで話そう更年期女性のセックスレスとその解消法-女性外来から- /第4回更年期と加齢のヘルスケア研究会学術集会/単著/2005.11
シンポジウム:女性更年期とうつ-女性外来を担当する看護職の立場から- /第3回日本うつ病学会総会/単著/2006.07
シンポジウム:女性専用外来が直面する悩み-実際の症例から考える- /更年期と加齢のヘルスケア研究会 公開プレスセミナー/単著/2006.09
シンポジウム:更年期女性の現状と課題-女性専用外来における問題から- /これからの女性の健康研究会・第1回セミナー/単著/2006.11
ラウンドテーブルディスカッション:更年期女性の性生活とQOL /第5回更年期と加齢のヘルスケア研究会学術集会/単著/2006.11
教育公演:女性専用外来における看護職の役割-更年期女性の抱える問題から- /第12回日本更年期医学会ワークショップ/単著/2007.03
更年期女性の性生活について考える-女性専用外来から- /更年期と加齢のヘルスケア研究会ニューズレターVol.1 No.1/単著/2007.03
シンポジウム:50歳の女性に更年期の視点をおいた場合、そのような対応や診療が実際に行われているのか-日頃の症例を中心として看護職の立場から- /更年期と加齢のヘルスケア研究会公開プレスセミナー/単著/2007.09
ラウンドテーブルディスカッション:更年期女性の性生活を考える-夫婦生活と子供への影響、そして、更年期の性生活の質- /第6回更年期と加齢のヘルスケア研究会学術集会/単著/2007.11
教育講演:更年期女性の性を考える-女性外来における調査から- /第6回更年期と加齢のヘルスケア研究会学術集会/単著/2007.11
シンポジウム:更年期相談室における更年期女性へのヘスルケア /第7回更年期と加齢のヘルスケア学会学術集会/単著/2008.11
シンポジウム:更年期相談室-現状と課題 /第8回更年期と加齢のヘルスケア学会学術集会/単著/2009.11
メノポーズ週間2010特別セミナー 更年期女性に看護職は何ができるか /日本更年期医学会主催プレスセミナー/単著/2010.10
ワークショップ:看護職が行う地域における更年期相談室:現状と今後の展開 /第25回日本更年期医学会学術集会/単著/2010.10
ラウンドテーブル・ディスカッション:ポスト更年期を考える-社会参加や夫婦関係から- /第9回更年期と加齢のヘルスケア学会学術集会/単著/2010.11
ランチョンセミナー:更年期女性の長期的なQOLの向上を目指して-可能なヘルスケアシステムの提言- /第9回更年期と加齢のヘルスケア学会学術集会/単著/2010.11
教育講演:更年期女性へのカウンセリングのポイント-入門編 /第10回更年期と加齢のヘルスケア学会学術集会/単著/2011.11
ワークショップ:オフィスギネコロジーをマネッジメントする「看護職の役割とカウンセリング」 /第26回日本女性医学学会学術集会/単著/2011.11
スポンサードセミナー:更年期症状におけるタヒボNFD(エキス末)飲用の効果 /第11回更年期と加齢のヘルスケア学会学術集会/共著/2012.10
ラウンドテーブルディスカッション:性生活における男女のこころとからだ /第11回更年期と加齢のヘルスケア学会学術集会/単著/2012.10
The Role of Nursing Staff in Menopausal Health Care—A Study in Medical System and Nursing Education /The 5th Scientific Meeting of the Asia Pacific Menpause Federation/単著/2013.10
タヒボNFD(エキス末)飲用における更年期症状に改善効果の科学的データからの検証 /第1回日本サプリメント学会学術集会/共著/2013.10
ランチョンセミナー:更年期女性における霊芝飲用例について /第1回日本サプリメント学会学術集会/共著/2013.10
シンポジウム:女性の健康増進に役立つ運動、食事の実際ーサプリメントとの関連において /第3回日本サプリメント学会学術集会/単著/2015.10
イブニングセミナー:HRTにおける多業種連携~メノポーズカウンセラーの役割 /第15回更年期と加齢のヘルスケア学会学術集会/単著/2016.10
主な担当授業科目名 母性看護学概論、母性看護学援助論Ⅰ、母性看護学援助論Ⅱ、母性看護学援助論Ⅲ、母性看護学実習、助産管理、地域母子保健、基礎助産学概論Ⅰ、基礎助産学概論Ⅲ、助産診断・技術学Ⅲ、助産学実習、アドバンスセミナーⅡ、特別総合演習、大学院:母性支援看護学特論,母性支援看護学演習,看護研究論

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る