• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

教員紹介

所属 薬学部 薬学科 教授
氏名 清野 敏一
最終学歴 東京薬科大学薬学部薬学科卒業
現在所属している学会 日本病院薬剤師会、日本医療薬学会、日本医療安全学会、国際予防医学リスクマネージメント学会、東京都病院薬剤師会
学士・修士・博士 博士(薬学)
所有資格 薬剤師免許、日本医療薬学会認定薬剤師、日本医療薬学会指導薬剤師、日本医療安全学会理事
研究の分野 医療薬学、薬物治療学、医薬品適正使用、調剤
主な研究項目 調剤、医療のリスクマネージメント、薬物療法、薬剤師教育、医療従事者教育
主な研究業績 ステロイドの使い分け(分担) /羊土社//
第十二改訂調剤指針(分担) /薬事日報//
処方箋の読み方 /じほう/共著/
スタンダード薬学シリーズ10、実務実習事前学習—病院・薬局実習に行く前に(分担) /東京化学同人//
高齢者の薬の使い方(分担) /メディカルビュー社//
最新医療薬学Ⅱ(分担) /南山堂//
研修医・医学生のためのくすりマニュアル(分担) /南江堂//
医療薬学Ⅱ(医療薬学の実践)(分担) /共立出版//
医事会計業務において電算機へ入力された処方せんデータの誤り /病院薬学、12(5)373-379//
外来患者への個別対応による情報提供システムの構築と評価—「お薬説明シート」と「お薬説明カード」を用いた服薬指導の有用性 /薬学雑誌、120(8):689-700//
患者への医薬品情報 のあり方に関する研究—2 外来患者への医薬品情報提供と服薬指導 /病院薬学、21(2)s28-32 //
医薬品適正使用のための処方鑑査支援システムの構築と評価1 /薬学雑誌、120(8):689-700//
患者への医薬品情報のあり方に関する研究—1、相互作用回避のための服薬指導システムの構築 /病院薬学、20(2)s107- 118 //
医療過誤防止のための徐放性製剤の命名法の検討 /病院薬学、18(4)、419-423 //
自動注射薬調剤機を利用した注射薬在庫管理システムの構築と評価 /医療薬学、33(4):370-376//2007.04
(和文)新人薬剤師のための実例処方せんを利用した調剤教育システムの構築と評価 /医療薬学、33(1):78-86//2007.04
医学部学生に対する「麻薬(オピオイド)の取り扱い」に関する講義の実施と緩和ケア教育における薬剤師の役割 /日本病院薬剤師会雑誌、45(1):103-106//2009.04
高齢者の服薬管理に関する個別指導例 /老年医学、45(1)、1429-1432//
ドラッグコンサルテーション(リスペリドン) /スズケンメディカル、9(6)、11-12//2006.04
高齢者の服薬管理と指導 /老年医学、45(1)、1451-1462//2007.04
ドラッグコンサルテーション(アレンドロン酸ナトリウム水和物、リセドロン酸ナトリウム水和物) /スズケンメディカル、11(6)、11-12//2008.04
ドラッグコンサルテーション(オメプラゾール) /スズケンメディカル、11(4)、11-12//2008.04
ドラッグコンサルテーション(ワルファリン・アスピリン腸溶錠) /スズケンメディカル、11(5)、11-12//2008.04
話題の新薬、アムロジンOD錠 /CARDIAC PRACTICE,19(1)105-108//2008.04
「薬に関する素朴な疑問」 /小児内科、40(2)、195-197//2008.04
高齢者のファーマシューティカルケア、服薬管理と安全な薬物療法のために /Apo Talk,No.5,3-5//2008.04
自己注射の支援と指導(C型慢性肝炎、慢性肝疾患) /月刊薬事、50(13)、2061-2066//2008.04
患者さんからの疑問・質問に答えるQ&A /Apo Talk,No.15,9-10//2010.04
患者さんからの疑問・質問に答えるQ&A /Apo Talk,No.16,9-10//2010.04
剤形を考慮したステロイドの適正使用 /薬局、62(2)、77-80//2011.04
主な担当授業科目名 処方解析、医科学Ⅶ,Ⅷ、臨床薬学実習Ⅰ 看護臨床薬剤学

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る