• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

教員紹介

所属 薬学部 薬学科 教授
氏名 濃沼 政美
最終学歴 昭和大学大学院薬学研究科博士前期課程
現在所属している学会 日本医療薬学会(代議員)、日本薬学会(評議員)、日本社会薬学会、日本東洋医学会、日本医療病院管理学会、日本医療マネジメント学会、日本クリニカルパス学会(評議員・学術委員長)、日本臨床腫瘍薬学会、日本病院薬剤師会、東京都病院薬剤師会(臨床研究専門薬剤師養成委員会副委員長)、神奈川県病院薬剤師会(特別委員)、日本静脈経腸栄養学会、認定NPO法人セルフメディケーション推進協議会(理事)、東京都病院薬剤師会(病棟業務推進委員)
学士・修士・博士 博士(薬学)
所有資格 薬剤師、はり師、きゅう師、二級ボイラー技士、日本医療薬学会 認定薬剤師、日本医療薬学会 指導薬剤師
研究の分野 医療系薬学 (A)臨床薬学 (J)病院薬局・保険薬局管理学 統計科学(B)多変量解析
主な研究項目 副作用と患者背景との因果関係の探索,統計科学に基づいた病院薬剤部門のマネージメント手法の開発,臨床研究によるクリニカルパスの開発
主な研究業績 医薬品の包装・表示・剤形における医療現場トラブル事例集 /情報技術協会(東京)編/共著/
「人の汗の中に抗菌物質が」 /ファルマシア,Vol.38, No.7,P687-688/単著/2002.04
院内製剤開発から捉えた新規剤形の検証 /月刊PHARMSTAGE,Vol.3, No.12,P34-43/単著/2004.04
医薬実務用語集 /薬事日報社/共著/2005.04
新しい医薬品管理 加賀屋肇・赤瀬朋秀編 /じほう/共著/2008.04
注射薬・輸液の配合変化 赤瀬朋秀・中村均編 /羊土社/共著/2009.04
製剤化のサイエンス 基礎とCMC 永井恒司・園部尚編 /じほう/共著/2009.04
退院時共同指導取り組み事例集 日本病院薬剤師会療養病床委員会編 /日本病院薬剤師会/共著/2012.03
病院部門別管理・運営の実践 薬剤部門のマネジメント /日本医療企画/共著/2014.04
現場ですぐに役立つ!処方箋の読み方 /(株)じほう/共著/2016.01
院内製剤「IVH用ヘパロック-シリンジ注」の開発と評価(査読付) /医療薬学, Vol.28,No.6,P541-550/共著/2002.04
熱傷後肥厚性瘢痕の掻痒に対するヨモギローションの止痒効果(査読付) /日本熱傷学会機関誌,Vol.29,No.1,P60-66/共著/2003.04
キシレン含有油性インクのプラスチック製輸液容器に対する影響(査読付) /医療薬学, Vol.29,No2,P203-209/共著/2003.04
薬局における健康食品の取り扱い状況および調剤業務との関連性について(査読付) /医療薬学, Vol.31,No11,P936-942/共著/2005.04
Feasibility study for the pharmacoeconomic analysis of Kampo medicines(査読付) /Kampo Medicine.Vol.56,No5,P813-822/共著/2005.04
薬局機能評価マニュアルに係る消費者アンケートの分析 –薬局・薬剤師に対する意見の分析結果(査読付) /社会薬学,Vol.24,No.1,P15-24/共著/2005.04
Meta-analysis on the usefulness in postpartum control by Kyukichoketsuin with Methylergometrine Maleate as control(査読付) /Kampo Medicine,Vol.57,No1,P45-55/共著/2006.04
The realities and Medical Expense of Hospitalization that Originates in Outpatient Medicine Treatment(査読付) /YAKUGAKU ZASSHI, Vol.126,No.5,P373-378/共著/2006.04
進行非小細胞肺癌における初回化学療法Carboplatin and Monthly Paclitaxel療法とCarboplatin and Weekly Paclitaxel療法の薬剤経済学的検討(査読付) /医薬品情報学,Vol.8.No1,P25-34/共著/2006.04
変形性膝関節症の保存的薬物療法に対する防已黄耆湯の薬剤経済分析(査読付) /医療薬学, Vol.32,No.8,P729-739/共著/2006.04
実務実習事前教育に向けたテキストマイニング手法の活用(査読付) /YAKUGAKU ZASSHI 128(6) 925-931/共著/2008.04
病院薬剤師業務の新たな方向性についての研究-看護師に対するアンケート調査の解析-(査読付) /社会薬学,27(2) 245-250/共著/2008.04
実務実習事前学習に対する実務実習受け入れ側の意識調査と解析-日本大学薬学部における取り組み-(査読付) /YAKUGAKU ZASSHI 129(9),1103-1112/共著/2009.04
薬剤師の職能拡大に対する病院薬剤師の意識とその意識に影響を及ぼす因子の探索(査読付) /医療薬学,35(6) 417-422/共著/2009.04
薬剤師業務における将来展望並びに採血や注射の実施についての病院薬剤師の意識の探索(査読付) /YAKUGAKU ZASSHI 129(7),887-896/共著/2009.04
薬局薬剤師におけるバイタルサインの確認および救命救急への関与についての意識調査(査読付) /医療薬学,Vol.36,No.9,P667-673/共著/2010.04
統計的手法を用いたクリニカルパス作成に対する方法論の検討-誤嚥性肺炎パスの作成を目的とした院内データの活用法についての考察-(査読付) /日本クリニカルパス学会誌,Vol.12,No.3,P105-110/共著/2010.04
退院時共同指導の推進を目的としたオペレーションズ・リサーチ-日本病院薬剤師会療養病床委員会の取り組み-(査読付) /医療薬学,Vol.36,No.5,P301-309/共著/2010.04
薬剤師による採血や注射の実施等に対する病院薬剤師の潜在意識の探索(査読付) /YAKUGAKU ZASSHI 130(2),253-261/共著/2010.04
FOLFOX4療法における末梢神経障害発症に関与する臨床的因子の検討(査読付) /医療薬学,Vol.36,No.6,P347-351/共著/2010.04
保険薬局薬剤師の職能拡大に関する薬局薬剤師の意識に影響を及ぼす因子の探索(査読付) /社会薬学,Vol.29,No.2,P29-36/共著/2011.04
治験の被験者組入れに関するリードタイム率の予測について(査読付) /日本医療マネジメント学術雑誌,Vol.12,No.3,P169-172/共著/2011.04
アンケートからみられる病院薬剤師と薬局薬剤師の薬剤師業務に関する意識の比較とその考察(査読付) /日本病院薬剤師会雑誌,Vol.47,No.2,P185-189/共著/2011.04
Prediction of the lowest of thrombocytopenia to avoid thrombocytopenia-related treatment discontinuation in PEG-IFN α-2b/RBV combination therapy(査読付) /IRYO-YAKUGAKU,Vol.38,No.1,P43-50/共著/2012.04
Implications for Pharmacist Counseling for Patients with Breast Cancer in Japan(査読付) /Biological & Pharmaceutical Bulletin Vol.35,No.1,P59-64/共著/2012.04
わが国における医薬経済学の現状と展望に関する考察(査読付) /日本経済大学 大学院紀要,1(1),1-16/共著/2012.04
不妊症の証に関する統計学的検討(査読付) /漢方と最新医療,Vol.12,No.3,P251-256/共著/2012.04
院内パス委員会の組織構成とパス使用率との関連性についての考察(査読付) /日本クリニカルパス学会誌,Vol,14,No.3,P229-233/共著/2012.04
契約治験の実施率予測についての検討(査読付) /日本医療マネジメント学術雑誌,Vol.13,No.4,P198-202/共著/2012.04
Development and validation of the Japanese version of the Decisional Conflict Scale to investigate the value of pharmacists’ information: a before and after study(査読付) /BMC Medical Informatics and Decision Making 13:50 (2013)/共著/2012.04
病院薬剤師版職務満足度測定尺度(JOBSS-HP27)の開発(査読付) /社会薬学,Vol.31,No.2,P26-35/共著/2012.04
病院薬剤師における就業変化の実態、ならびに転職経験者に共通する傾向の探索(査読付) /日本医療マネジメント学会雑誌, Vol.14,No.1,P14-19/共著/2013.04
回復期リハビリテーション病棟と一般病棟の病棟薬剤業務の比較 -回復期リハビリテーション病棟業務の特徴-(査読付) /日本病院薬剤師会雑誌Vol.49,No.9,P975-980/共著/2013.09
円滑で継続的な医療連携を目的とした薬学的管理指導情報サマリー(薬剤添書)の開発(査読付) /日本医療マネジメント学会雑誌 15(1): 25-29/共著/2014.05
入院患者の在院日数に対する病棟薬剤業務実施加算算定の影響(査読付) /日本病院薬剤師会雑誌Vol.50,No.6,P733-738/共著/2014.06
実務実習における学生の「学びの姿勢」に着目した新規態度養成プログラムの構築と評価(査読付) / J Pharm Commun ,Vol.12, No.2, Page.11-20 (2014)/共著/2014.12
誤嚥性肺炎患者の重症度判定指標と退院時転帰との関係についての探索的調査(査読付) /日本クリニカルパス学会誌 17巻2号 P103-108/共著/2015.06
オキサリプラチンの末梢静脈投与における血管痛発現に関する因子の探索(査読付) /癌と化学療法,42巻7号 p. 887 –889/共著/2015.07
Expected Duties of Pharmacists and Potential Needs of Physicians and Nurses on a Kaifukuki Rehabilitation Ward(査読付) /YAKUGAKU ZASSHI Vol. 135(2015) No. 8,p.969-975/共著/2015.08
Pharmaceutical Approach for the Diagnosis and Treatment of Malignant Syndrome: A Case Study.(査読付) /Yakugaku Zasshi. 2016;136(6):925-9/共著/2016.06
How hospitals collaborate in cancer care with community pharmacies in the prescription of oral chemotherapy drugs(査読付) /Journal of Drug Interaction Research Volume 41, No. 1, 2017/共著/2017.01
Association between endotoxemia and histological features of nonalcoholic fatty liver disease(査読付) /World J Gastroenterol 2017 January 28; 23(4): 712-722/共著/2017.02
Association between lower air pressure and the onset of ischemic colitis: a case-control study. /European Journal of Gastroenterology & Hepatology/共著/2017.05
教育講演「アンケート調査の作成、解析に関する基礎の基礎」 /日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会第9回大会,平成27年5月24日(東京)/単著/
シンポジスト「医療提供施設としての薬局の役割」 /日本社会薬学会第27年会//2008.09
シンポジスト「発想と想像力」 /ちば薬剤師フォーラム2009/単著/2009.11
シンポジスト「動き出した長期実務実習・円滑に行うための問題点とその対応策」 /第54回日本薬学会関東支部大会/単著/2010.10
シンポジスト「医療現場との連携で患者指向の臨床研究の実践」 /第20回日本医療薬学会年会/単著/2010.11
招待講演「業務改善のためのデータ活用術-薬剤師業務が医療を変える!- /宮城県病院薬剤師会総会/単著/2011.06
招待講演「業務改善のためのデータ活用術」 /全国自治体病院協議会薬剤管理研修会/単著/2011.11
シンポジスト「薬薬連携アンケート調査の解析-Webを用いた薬薬連携システムについて考える- /日本臨床腫瘍薬学会学術大会2012//2012.03
(学会発表)回復期リハビリテーション病棟に常駐する薬剤師に不可欠な業務ニーズの探索 /第20回クリニカルファーマシーシンポジウム(福岡)/共著/2012.07
シンポジスト・オーガナイザー「病院薬剤師が介入する退院時共同指導の実態」 /日本病院薬剤師会関東ブロック第42回学術大会/共著/2012.08
(学会発表)病棟薬剤業務実施加算の新設にともなう中小病院における薬剤部門の取り組みvol.1~病棟専任薬剤師への他職種のニーズとは~ /第22回日本医療薬学会年会(新潟)/共著/2012.10
(学会発表)院内採用医薬品数と施設属性との関連性について /第22回日本医療薬学会年会(新潟)/共著/2012.10
(学会発表)本学入学者に対する生物学(高校課程)の学力調査と検証 /第22回日本医療薬学会年会(新潟)/共著/2012.10
(学会発表)服薬説明に対するがん患者の理解度とその寄与因子 /第22回日本医療薬学会年会(新潟)/共著/2012.10
(学会発表)乳がん薬物療法導入前の患者心理の構造方程式モデリングによる解析 /第22回日本医療薬学会年会(新潟)/共著/2012.10
(学会発表)経口抗がん剤の院外処方せん発行に際し相応しい薬薬連携について /第22回日本医療薬学会年会(新潟)/共著/2012.10
(学会発表)病院薬剤師における就業変化の実態ならびに転職経験者に共通する傾向の探索 /第14回日本医療マネジメント学会(佐世保)//2012.10
(学会発表)疼痛管理の標準化を目的とした、オキシコンチンの処方パターンの分析 /第6回日本緩和医療薬学会(神戸)/共著/2012.10
シンポジスト・オーガナイザー「パス委員会への薬剤師の参画が、パス利用率に及ぼす影響」 /第22回日本医療薬学会年会/共著/2012.10
(学会発表)フィジカルアセスメント実習における学生の教育効果と潜在的意識の探索(第1報) /第22回日本医療薬学会年会(新潟)/共著/2012.10
招待講演「臨床研究の立案と解析~円滑な実施から論文化まで~」 /病院・薬科系大学に勤務する薬剤師のための臨床研究セミナー2012/共著/2012.11
(学会発表)日本大学薬学部における治験教育への取り組み第4報-同意説明書作成演習を通じた治験に関する学生の意識- /第33回日本臨床薬理学会(沖縄)/共著/2012.12
招待講演(特別講演)データを上手に使いこなし薬剤業務の質を高めよう!!」 /第 45 回神奈川県病院薬剤師会業務検討委員会研修会/単著/2014.03
招待講演 我が国におけるクリニカルパスの効果と臨床データーを用いたクリニカルパスの開発  /信州大学医学部附属病院第15回 臨床試験センター 公開セミナー,平成26年7月29日,松本 公開セミナー /共著/2014.07
教育講演 日常業務からの研究と論文の書き方(初級編) /IMS教育研修委員会論文作成セミナー研修会,平成26年9月6日,板橋/単著/2014.09
教育講演 日常業務からの研究と論文の書き方(中級編) /IMS教育研修委員会論文作成セミナー研修会,平成26年9月20日,板橋/単著/2014.09
パネルデスカッション講演 病院薬剤師業務としてのプロトコールの作成・運用について / 薬務薬制部病棟業務整備小委員会研究会 ,平成26年9月10日,新宿/単著/2014.09
教育講演 「研究計画の立案と統計解析のいろは」 /臨床研究専門薬剤師養成研究会,平成26年11月21日,新宿/単著/2014.11
招待講演 「薬学部臨床系教員との連携」 /日本病院薬剤師会主催 病院・薬局薬剤師・薬学部臨床系教員のための 臨床研究セミナー2014/単著/2014.11
招待講演 「業務改善のためのデータ活用術 ~がん薬物療法を中心に~」 /岩手県病院薬剤師会 平成26年度第2回がん・緩和セミナー,平成26年11月8日,盛岡/単著/2014.11
教育講演  「評価項目の選定と使用すべき検定方法」 /関信地区国立病院薬剤師会研修会,平成26年12月13日,目黒/単著/2014.12
教育講演「研究責任者、研究者の責務と実際」 /東京都病院薬剤師会主催 研究初心者のための統合研究倫理指針に関する研修会,平成27年7月25日(東京)/単著/2015.07
主な担当授業科目名 アドバンスセミナーⅡ (生物統計の基礎)、臨床薬学実習Ⅰ(院内製剤・POS・フィジカルアセスメント)、アドバンスセミナーⅢ(医薬品情報・生物統計の基礎)、医科学Ⅶ・Ⅷ、看護臨床薬剤学

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る