• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

教員紹介

所属 健康科学研究科 病院前救急医療学専攻 准教授
健康メディカル学部 医療科学科 准教授
氏名 鈴木 哲司
最終学歴 帝京平成大学大学院健康情報科学研究科博士課程(博士後期課程)修了
現在所属している学会 日本救急医学会、日本臨床救急医学会、日本小児救急医学会、水難学会、日本蘇生学会、日本更生保護学会、神職保護司会、全国教育関係者神職協議会、神道国際学会、全日本教職員連盟、日本保健医療福祉連携教育学会、日本安全保障・危機管理学会、日本災害情報学会、地域安全学会、日本葬送文化学会
学士・修士・博士 学士(文学)、修士(児童学)、博士(健康情報科学)
所有資格 日本赤十字社水上安全法指導員 、日本赤十字社救急法指導員、高等学校教諭一種免許(公民)、救急救命士免許、生涯学習1級インストラクター(生涯学習)、社)水難学会着衣泳指導員(プール) 、Bronze Medallion、Training Officers Certification、Operational Fiast Aid
研究の分野 救急医療システム学、救急救命士教育学、水難学
主な研究項目 救急救命士制度・政策に関する研究,水難救助システム学に関する研究,救急医療システム学に関する研究,EMSsafetyに関する研究,臨死体験に関する研究,胎内記憶に関する研究
主な研究業績 病院前医療を読み解く-救急救命士制度改革に向けて- /知玄舎/単著/2005.01
交通事故現場における応急救護処置マニュアル /社団法人 日本交通福祉協会 /共著/2007.03
水難救助ハンドブック /シュプリンガージャパン /共著/2008.10
患者搬送ハンドブック /(株)メディカ出版/共著/2009.07
2010年度版医療白書 /日本医療企画/共著/2010.10
大切な命を救う一次救命処置~心肺蘇生とAED~ /インタープレス,もっと知ろうからだのこと18/単著/2011.08
命を守る着衣泳~泳がずに、浮いて待て!~ /インタープレス,もっと知ろうからだのこと20/単著/2012.08
生死を分けるのは何?人体の科学 /朝日新聞出版,月刊ジュニアエラ,2012年12月号,p14-23/単著/2012.12
現代救急医療とその展望-小児救急医療の現状と21世紀に向けた救急医療政策の提言-(査読付) /千葉商大論叢,第41巻第1・2号合併号,p.43-81 /単著/2003.09
救急医療と情報-有機的な医療社会構築への模索(査読付) /日本クリティカルケア看護学会誌,第1巻第1号,p.39-50 /単著/2005.01
救急医療と市民啓発運動-より良い救急医療体制の構築の一環として-(査読付) /帝京平成大学紀要,第17巻,p.13-27 /単著/2005.12
中国の経済改革がもたらす救急医療政策の行き詰まりについて(査読付) /日本救命医療学会雑誌 ,p125.-30 /単著/2006.01
「救急業務民営化」の可能性に関する考察─高齢化社会がもたらす救急搬送サ一ビスの将来的展望─ (査読付) /帝京平成大学紀要,第18巻,p.89-111 /単著/2007.12
肺リクルートメントの比較-APRV と 3 breath method(査読付) /日本呼吸療法医学会 /共著/2008.01
救命救急センター患者に対する免疫強化栄養剤投与による白血球Toll-like receptor 4 発現の変化と臨床的有用性(査読付) /日本外科感染症学会雑誌 /共著/2008.01
子どもの事故と予防-尊い命を守るために-(査読付) /チヤイルド・サイエンス,第4巻,p.62-66 /共著/2008.03
The Imminent Healthcare and Emergency Care Crisis in Japan(査読付) /The Western Journal of Emergency Medicine ,Vol.9 / No.2 ,p.91 -96 /共著/2008.05
Issues and Solutions in Introducing Western Systems to the Prehospital Care System in Japan-(査読付) /The Western Journal of Emergency Medicine ,Vol.9 / No.3 ,p.166 -170 /共著/2008.08
更生保護学へのアプローチ-(査読付) /更生保護学研究,創刊号,p208-210/単著/2012.12
全国救命救急センターにおける救急救命士の就業実態-(査読付) /日本臨床救急医学会雑誌,Vol.18/No.5,p.645-649/共著/2015.10
消防非常備町村における病院前救護体制の現状と課題-全国35町村の役場救急等実態調査- /日本臨床救急医学会雑誌,Vol.19/No.6,p.677-680/共著/2016.10
フィードバックAEDを用いたデンタルチェア上での胸骨圧迫の有用性についての検討 /東京都歯科衛生士会学術誌,No33,p.27-29/共著/2017.02
民間救急救命士養成所における現状と将来像(学会発表) /第5回千葉県救急医療研究会,千葉県 /単著/2002.01
St.John Ambulance Association TRAINER 養成コース開催概要 /日本救急看護学会準機関誌 Emergency Nursing, 16(8), 2003, p.104-109 /共著/2003.01
民間救急救命士の将来像とは /日本救急看護学会準機関誌,Emergency Nursing, 17(8),2004, p.80-93 /共著/2004.01
「救急業務民営化」の可能性に関する考察(前編)-民営化論における社会的背景についての概論- /ER Magazine, 2004, 1(4) p.327-328 /単著/2004.01
「救急業務民営化」の可能性に関する考察(後編)-その理論的骨子と内容に関する概観- /ER Magazine, 2004, 1(5) p.426-427 /単著/2004.01
救急救命士による除細動器使用の実際と効果 /月刊「新医療」,2004, 32(1), p.140-142 /単著/2004.01
救急救命士養成所の紹介 /プレ・ホスピタルケア,2005,18(4),p.57-60 /共著/2005.01
知っておきたい最新のキーワド(42) /MEDICALPHARAMACY ,2005,32(1),p.29-31 /単著/2005.07
救急業務におけるパラダイムシフト―消防救急と民間救急搬送サービスとの共存- /プレ・ホスピタルケア,2005,18(5),p.39-42 /単著/2005.10
救急救命士の職域と制度上の問題点を考える /救急医療ジャーナル,2007,15(3),p.21-4 /単著/2007.01
『つくばマラソンにおける民間救急救命士の現場活動と問題点』(学会発表) /第11回日本臨床救急医学会総会・学術集会,東京都/共著/2008.01
救急救命士職域拡大への夜明け―国民の安心・安全を守るために― /救急医療ジャーナル,2008,16(4),p.82- 5 /共著/2008.08
在宅医療患者に対する病院前医療のありかたに関する研究 /平成21年度(財)救急救命の高度化の推進に関する調査研究事業/共著/2010.03
着衣泳(UITEMATE)の視点から津波避難を考える /日本蘇生学会第30回大会,福島県/共著/2012.03
救急救命士の立場から(学会発表) /第10回ペイシェントケア学術大会,東京都/単著/2012.05
保護司候補者の確保と保護司の育成 /平成24年度第三ブロック保護司組織運営連絡協議会/単著/2012.10
キャリア・アップ福祉の資格 第20回救急救命士とは /地域ケアリング,2012,14(11),p.59-65/単著/2012.10
患者急変時にデンタルチェア上での実践できる歯科従事者向け救急蘇生法講習会の設計と開発 /日本歯科衛生学会雑誌 第10巻1号,p.82/共著/2015.09
フィードバックAEDを用いたデンタルチェア上での胸骨圧迫の有効性についての検討 /日本歯科衛生学会雑誌 第10巻1号,p.82/共著/2015.09
主な担当授業科目名 臨床実習、特別総合演習、危機管理、救急医学概論Ⅰ

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る