• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

教員紹介

所属 現代ライフ学部 経営マネージメント学科 助教
氏名 津賀 裕喜
最終学歴 筑波大学大学院人間総合科学研究科博士前期課程体育学専攻修了 
現在所属している学会 日本体力医学会 、日本臨床スポーツ医学会 、日本アスレティックトレーニング学会、日本障害者スポーツ学会、European College of Sport Science
学士・修士・博士 修士(体育学)
所有資格 日本トレーニング指導者協会認定トレーニング指導者、日本障害者スポーツ協会公認初級スポーツ指導員、日本体育協会公認アスレティックトレーナー、Certified Functional Strength Coach-Level.1
研究の分野 健康・スポーツ科学
主な研究項目 スポーツ障害,アスレティックトレーニング,投球障害,障害者スポーツ,スポーツ医学
主な研究業績 野球選手の肩関節における外乱刺激時の筋活動動態(修士論文) /単著/2013.03
野球選手の肩関節外旋筋群における外乱刺激時の筋反応時間(査読付) /日本臨床スポーツ医学会誌.22(2):318-324.2014/共著/2014.04
等尺性股関節伸展運動における膝関節角度の影響(査読付) /体力科学.64(3):289-294.2015/共著/2015.06
外乱刺激に対する肩関節外旋筋群の筋活動動態 /第67回日本体力医学会, 岐阜/共著/2012.09
〈プロジェクト報告〉膝関節角度と等尺性股関節伸展運動時におけるハムストリングスの筋活動量の関係 /筑波大学体育系紀要.36:169-172.2013/共著/2013.04
聴覚障害者サッカー日本代表チームにおけるアスレティックトレーナー帯同報告 /第2回日本アスレティックトレーニング学会学術集会, 千葉//2013.06
スポーツ系大学生に対する脳振盪ベースライン評価 /第24回日本臨床スポーツ医学会学術集会,熊本//2013.10
聴覚障害者アルペンスノーボード選手に対する脳震盪ベースライン測定 /第24回日本障害者スポーツ学会,茨城/共著/2014.12
大学生競技者における脳震盪受傷後のアスレティックリハビリテーション:脳震盪ベースライン評価を用いた1例(査読付) /日本臨床スポーツ医学会誌.23(2):295-298.2015/共著/2015.04
聴覚障害者サッカー日本代表における傷害調査 /第71回日本体力医学会,岩手/共著/2016.09
骨盤角度変化が股関節伸展動作時のハムストリングス筋活動へ及ぼす影響 /第27回日本臨床スポーツ医学会学術集会/共著/2016.11
Latent muscle reaction timing of shoulder muscles in baseball pitchers: Comparison with transitional periods of past throwing injury history /22nd annual congress of the European College of Sport Scienc/共著/2017.07
主な担当授業科目名 予防とコンディショニングⅠ、アスレティックリハビリテーションⅠ、アスレティックトレーナー現場実Ⅲ、救急処置法、検査測定と評価Ⅱ、保健体育実習Ⅰ

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る