• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

教員紹介

所属 健康メディカル学部 理学療法学科 助教
氏名 飯田 修平
最終学歴 帝京平成大学大学院健康科学研究科
現在所属している学会 日本理学療法士協会、日本義肢装具学会、東京臨床研究会
学士・修士・博士 修士(健康科学)
所有資格 理学療法士免許
研究の分野 リハビリテーション科学(理学療法学) 脳神経科学(融合脳計測科学) 医用システム(医用ロボット) 
主な研究項目 機能的近赤外分光法(fNIRS)による脳機能研究,脳血管障害片麻痺患者の理学療法,ロボットを使用したリハビリテーション介入効果の検証,回復期リハビリテーション病棟での取り組み,動作分析学
主な研究業績 リハビリテーション義肢装具学 /メジカルビュー社 P374-379/共著/2016.12
基礎から確認!PT臨床実習チェックリスト(編集) /メジカルビュー社/共著/2018.03
生活環境論 第3版 /DTP出版 P88/共著/2018.04
被殻出血片麻痺患者の短下肢装具の有無による脳血流動態の比較(原著) /日本義肢装具学会誌 31巻2号P120‐125/共著/2015.04
脳血管障害片麻痺患者に対する Robotics Knee Orthosisを使用した練習の効果(原著) /理学療法科学 31第5号P711-714/共著/2016.10
10m歩行テストの信頼性 [第一報]~最速歩行と通常歩行の計測順序の違いによる影響~(原著) /理学療法科学 32巻1号P81‐84/共著/2017.02
Exercise using a robotic knee orthosis in stroke patients with hemiplegia (英文原著) /The Journal of Physical Therapy Science. 29, P1920–1924/共著/2017.08
下肢連合反応時の表面脳血流動態の観察ー機能的近赤外分光法での検討ー(原著) /理学療法科学 第33 巻 4 号P695-699 /共著/2018.04
ロボット型膝装具のリハビリテーション介入効果の検討(原著) /日本義肢装具学会誌 第35巻3号(2018年9月12日受理.2019年7月号に掲載予定)/共著/2018.09
歩行支援型ロボット(特集) /リハビリテーション・エンジニアリング 第33巻2号P56-57/単著/
褥創がある対麻痺患者のADL自立に向けての援助 /リハビリテーション・ケア合同研究大会 2008抄録誌/共著/2008.11
短下肢装具の作製状況・時期の調査とその後の対策 /リハビリテーション・ケア合同研究大会 2009抄録誌/共著/2009.11
歩行のイメージ時と準備時が前頭前野の活動に及ぼす影響 /第20回脳機能とリハビリテーション研究会抄録誌/共著/2013.04
被殻出血片麻痺患者の短下肢装具の有無による脳血流動態の比較 /第30回日本義肢装具学会学会誌/共著/2013.10
カナダ・ブリティッシュコロンビア州バンクーバーにおける視察研修と医療制度の紹介 /リハビリテーション・ケア合同研究大会 2012抄録誌/単著/2013.10
歩行想像時の表面脳血流動態の観察 /リハビリテーション・ケア合同研究大会 2013 抄録誌/共著/2013.11
短下肢装具の有無による歩行分析と表面脳血流動態の観察 /リハビリテーション・ケア合同研究大会 2013 抄録誌/単著/2013.11
装具作成時にプラスチック型短下肢装具に外側ウェッジを導入した試み /第19回千葉県理学療法士学会学会誌(2014)P77/共著/2014.02
退院後の生活設定と退院後の実際の生活の差異について /第19回千葉県理学療法士学会学会誌(2014)P77/共著/2014.02
病棟内移動移乗自立度判定基準の作成へむけた取り組み /リハビリテーション・ケア合同研究大会  巻:2014 P259/共著/2014.11
自宅退院後の短下肢装具使用状況の調査 /リハビリテーション・ケア合同研究大会  巻:2014 P153/共著/2014.11
Comparing the surface cerebral-blood-flow changes of the use and disuse of the Ankle foot orthosis(AFO) /ISPO 2015 World Congress/共著/2015.06
脳血管障害片麻痺患者の歩行訓練におけるバイオ ニックレッグ使用の効果 /リハビリテーション・ケア合同研究大会  巻:2015 P103/共著/2015.10
10m歩行テストにおける最大速度歩行と快適速度 歩行の計測順序の違いによる検討 /リハビリテーション・ケア合同研究大会  巻:2015 P96/共著/2015.10
“Motor leaning by a knee ankle foot orthosis with active robot assisting Technology” ~ロボット技術を応用した反復促通による運動学習~ /第31回日本義肢装具学会ランチョンセミナー講演 抄録誌  P112/-/2015.11
足首アシスト装置の臨床的有効性の検討~頸椎硬膜外血腫患者1症例に対する介入報告 /第32回日本義肢装具学会学会誌/共著/2016.10
足首アシスト装置の臨床的有効性の検討~脳梗塞片麻痺患者1症例に対する介入報告 /第32回日本義肢装具学会学会誌/共著/2016.10
ロボット型膝装具 (Robotics Knee Orthsis)の リハビリテーション介入効果の検討 ~RCTによる途中経過報告~ /リハビリテーション・ケア合同研究大会  巻:2016 P202/共著/2016.10
The effect of exercises using Robotics Knee Orthosis (RKO) for stroke patients with hemiplegia /WCPT-AWP & PTAT Congress 2017./共著/2017.06
主な担当授業科目名 理学療法評価学Ⅰ、理学療法技術学、理学療法治療学(神経系)、理学療法治療学(運動系)演習、運動と行動Ⅰ、物理療法学演習

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る