• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

教員紹介

所属 薬学部 薬学科 教授
氏名 小林 秀昭
最終学歴 東京大学大学院薬学系研究科博士課程 修了
現在所属している学会 日本生化学会、日本応用動物昆虫学会
学士・修士・博士 薬学士、薬学修士、博士(薬学)
所有資格 薬剤師、危険物取扱者(甲種)
研究の分野 薬学、基礎医学、境界農学
主な研究項目 昆虫とその共生微生物の共生成立機構の解明とその利用
主な研究業績 Association analysis of delta-opioid receptor gene polymorphisms in methamphetamine dependence/psychosis. /Am. J. Med. Genet. B Neuropsychiatr. Genet., 141(5):482-6 (2006)/共著/2006.07
Correlation of tau gene polymorphism with age at onset of Parkinson's disease /Neurosci. Lett., 405(3):202-6 (2006)/共著/2006.09
Identification of a risk haplotype of the alpha-synuclein gene in Japanese with sporadic Parkinson's disease. /Mov. Disord., 21(12):2157-64 (2006)/共著/2006.12
The adenosine A2A receptor is associated with methamphetamine dependence/psychosis in the Japanese population. /Behav. Brain Funct., 6(1):50 (2010)/共著/2010.08
Association Analysis of the Adenosine A1 Receptor Gene Polymorphisms in Patients with Methamphetamine Dependence/Psychosis. /Current Neuropharmacology, 9(1):137-142 (2011)/共著/2011.03
Association Analysis of the Tryptophan Hydroxylase 2 Gene Polymorphisms in Patients with Methamphetamine Dependence/Psychosis. /Current Neuropharmacology, 9(1):176-182 (2011)/共著/2011.03
Symbiont of the stink bug Plautia stali synthesizes rough-type lipopolysaccharide. /Microbiol. Res., 167(1):48-54 (2011)/共著/2011.12
Construction of an Expressible BAC Library of the Unculturable Insect Microorganism, Stink Bug Plautia stali Symbiont, for the Search of Biologically Active and Useful Symbiont Products. /Biol. Pharm. Bull., 37(4):528-33 (2014)/共著/2014.04
チャバネアオカメムシ共生菌の飢餓条件下での遺伝子発現 /BMB2015(第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会)/共著/2015.12
チャバネアオカメムシ卵における共生細菌の数 /日本昆虫学会第76回大会 第60回日本応用動物昆虫学会大会 合同大会/単著/2016.03
宿主チャバネアオカメムシからの共生細菌の排泄 /第89回 日本生化学会大会, 仙台/単著/2016.09
チャバネアオカメムシの成長に伴う盲嚢部の構造変化 /平成29年度 日本生化学会関東支部例会, 東京/共著/2017.06
主な担当授業科目名 病態生理学Ⅰ、生物系実習II、臨床薬学実習Ⅱ、英語Ⅲ、卒業研究

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る