• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

教員紹介

所属 薬学部 薬学科 講師
氏名 高崎 浩太郎
最終学歴 東京薬科大学大学院薬学研究科薬学専攻博士前期課程
現在所属している学会 日本糖尿病学会、日本毒性学会、日本薬理学会、日本薬学会、日本神経精神薬理学会
学士・修士・博士 博士(薬学)
所有資格 薬剤師免許
研究の分野 薬学
主な研究項目
主な研究業績 Pharmacological studies for the ameliorative effects of yokukansan on memory deficits and abnormal behavior in an animal model of dementia /Nihon Yakurigakuzasshi/共著/
Pharmacological evidence for the clinical effectiveness of Kampo drugs /Nihon Yakurigakuzasshi 143/共著/
Activation of Rheb, but not of mTORC1, impaires spine synapse morphogenesis in tuberous sclerosis complex /Scientific Reports/共著/
Rheb activation disrupts spine synapse formation through accumulation of syntenin in tuberous sclerosis complex /Nat Commun/共著/
Effect of Yokukansan on memory disturbance in an animal model of cerebrovascular dementia /Journal of Traditional Medicines/共著/
Cholinergic Involvement and Synaptic Dynamin 1 Expression in Yokukansan-mediated Improvement of Spatial Memory in a Rat Model of Early Alzheimer's Disease /Phytotherapy Ressearch/共著/
ドネペジル塩酸塩OD錠「NP」のアルツハイマー病モデルラットの空間記憶障害に対する改善作用 /新薬と臨床/共著/
クエチアピンフマル酸塩錠(クエチアピン錠「NP」およびセロクエル®錠)の実験的統合失調症モデルマウスにおける行動薬理作用の比較 /新薬と臨牀/共著/
Facilitation of memory impairment and cholinergic disturbance in a mouse model of Alzheimer's disease by mild ischemic burden /Neurosci Lett/共著/
Yokukansan, a traditional Japanese herbal medicine, promotes neurite outgrowth in PC12 cells through the activation of extracellular signal regulated kinase 1/2 and phosphatidylinositol 3-kinase/Akt /Journal of Traditional Medicines/共著/
Pharmacological studies for the ameliorative effects of yokukansan on memory deficits and abnormal behavior in an animal model of dementia /Nihon Yakurigakuzasshi/共著/
主な担当授業科目名 薬物治療学

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る