• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

教員紹介

所属 健康メディカル学部 臨床心理学科 教授
氏名 太田和 良幸
最終学歴 京都大学経済学部卒
現在所属している学会 大学マネージメント研究会
学士・修士・博士 経済学士
所有資格 教育職員免許状中学校1種取得、教育職員免許状高等学校1種取得
研究の分野 教育学 政策科学 科学社会学
主な研究項目 教育行財政、教育政策
主な研究業績 新学校教育全集20 生涯学習と学校 /(株)ぎょうせい/共著/1995.05
主要国の学術研究体制に関する調査研究 /学術政策研究会/共著/1997.03
Industrializing Knowledge /The MIT Press /共著/1998.03
大学マネージメントの理論と実際 /(株)黎明書房/単著/2003.06
英国におけるブロック・グラント配分のための研究評価システム-英国高等教育財政審議会における研究評価の実際- /平成5・6年度科学研究費補助金総合研究(A)「我が国における研究評価手法の総合的研究(研究代表者:中井浩二高エネルギー物理学研究所教授)」研究成果報告書/単著/1995.03
我が国の学術政策と研究体制 /平成6年度科学研究費補助金総合研究(A)「大学における研究機能の発展と変容に関する調査研究(研究代表者:山本眞一筑波大学助教授)」研究成果報告書/単著/1995.03
大学等の研究者の研究活動時間について-Full Time Equivalence(FTE)換算係数の試算- /平成7年度科学研究費補助金総合研究(A)「大学等における研究者の生活時間に関する調査研究(研究代表者:宅間宏電気通信大学教授)」研究成果報告書/単著/1996.03
総務庁『科学技術研究調査』の再検討-科学技術研究調査における大学等の統計データのR&D関係統計データとしての適正に関する分析研究- /平成7年度科学研究費補助金総合研究(A)「大学等における研究者の生活時間に関する調査研究(研究代表者:宅間宏電気通信大学教授)」研究成果報告書/単著/1996.03
中国の学術研究体制と学術政策の動向(査読付) /日本学術振興会 学術月報 Vol.49 No.9/単著/1996.09
英国における学術関係研究費統計の実際 /平成8・9年度文部省科学研究費補助金国際学術研究「主要国における学術研究体制とファンディング・システムに関する国際比較研究(研究代表者:太田和良幸学術情報センター教授)」研究成果報告書/単著/1997.05
“National Science Indicators”に見る研究動向-学術論文数及び被引用回数の国際比較研究 /平成8・9年度科学研究費補助金基盤研究(A)「我が国の学術研究の動向調査」(研究代表者:井上信幸京都大学エネルギー理工学研究所教授)研究成果報告書/単著/1998.03
大学の経常研究費の日米比較研究 /平成8・9年度文部省科学研究費補助金国際学術研究「主要国における学術研究体制とファンディング・システムに関する国際比較研究(研究代表者:柿沼澄男学術情報センター助教授)」 研究成果報告書/単著/1998.03
大学の研究者をとりまく研究環境(査読付) /(財)高等教育研究所 高等教育研究紀要 第16号/単著/1998.03
工学分野における我が国機関の論文生産数に関する研究-“COMPENDEX PLUS”収録論文数の分析-(査読付) /科学技術振興事業団 情報管理 Vol.41 No.7/単著/1998.10
教職科目における単位制度の実質化とアクティブ・ラーニングに関する考察(査読付) /帝京平成大学 池袋キャンパス教職研究 2016年度号/単著/2017.03
学制百二十年史 /文部省/共著/1992.09
キーワード時代を読む /教育開発研究所 教職研修創刊20周年記念増刊号/共著/1993.03
大学改革がわかる /朝日新聞社 AERA Mook/共著/2003.10
新時代の大学経営人材-アドミニストレーター養成を考える- /ジアーズ教育新社 /共著/2005.06
我が国における「高等研究所」等の名称を付す研究組織の現状と課題-新しい学問を創造するための組織整備と大学戦略を考える(査読付) /筑波大学大学研究センター 大学研究 第40号/単著/2014.03
主な担当授業科目名 「教育制度論」 「生涯学習論」 「教育課程論」

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る