• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

教員紹介

所属 健康メディカル学部 健康栄養学科 教授
氏名 塚原 典子
最終学歴
現在所属している学会 日本栄養・食糧学会、日本栄養改善学会、日本骨代謝学会、日本骨粗鬆症学会、日本骨形態計測学会、日本家政学会、日本公衆衛生学会、アメリカ骨代謝学会、日本女性医学会、日本学校保健学会、日本体力医学会
学士・修士・博士 博士(学術)
所有資格
研究の分野
主な研究項目
主な研究業績 骨粗鬆症と骨塩定量-DXAによる骨塩定量-:栄養と骨塩量 /メディカルレビュー社/共著/1994.02
カルシウムと骨 /朝倉書店/共著/2001.04
新女性医学大系21-更年期・老年期医学- /中山書店/共著/2001.09
更年期外来-診療マネージメント- /南江堂/共著/2002.07
好きになる栄養学 /講談社サイエンティフィック/共著/2008.04
人と生活 /建帛社/共著/2012.11
ブックス三訂基礎栄養学 /建帛社/共著/2015.02
閉経前・後期女性の骨密度に対する食生活および身体活動の影響 /日本栄養・食糧学会誌46.5pp.387-394/共著/1993.05
Cross-Sectional and Longitudinal studies on the Effect of Water Exercise in Controlling Bone Loss in Japanese Postmenopausal Women /J. Nutr. Sci. Vitaminol. 40pp.37-47/共著/1994.09
Effects of Physical Characteristics and Dietary Habits on Bone Mineral Density in Adolescent Girls. /J. Nutr. Sci. Vitaminol. 43pp.643-655/共著/1997.12
閉経期日本人女性における腰椎骨密度の5年間の減少に対する関連因子 /日本栄養・食糧学会誌 52.5pp.307-313/共著/1999.10
Study of fall and fracture risk in menopausal women living in urban areas for the prevention of osteoporotic fractures /Niigata Journal of Health and Welfare Vol.8.1 pp.2-11/共著/2009.01
給食形態と児童・生徒の体格および食習慣との関係 /日本給食経営管理学会誌4.2;pp87-95/共著/2010.04
児童の体力と体脂肪率,骨量および食事摂取状況の関係 /学校保健研究.54:pp137-143/共著/2012.06
提言)食生活の教育 /日本学術会議 提言/共著/2008.07
報告書)現代社会における子どもの健康生活上の擁護と推進に関する課題と方策―地域・学校におけるヘルスプロモーションの推進― /日本学術会議 記録/共著/2008.09
報告書)日本のこどものヘルスプローション.(日本学術会議 健康・生活科学委員会、子どもの健康分科会)報告 /日本学術会議 報告pp1-50/共著/2010.09
報告書)大学教育の分野別質保証のための教育課程編成上の参照基準 家政学分野 /日本学術会議 報告書/共著/2013.09
家庭科及び家庭科教員養成に関する調査-これからのくらしに家政学が果たすべき役割を考えるために- /日本学術会議 記録.p33 再掲8名/共著/2014.08
骨粗鬆症のための栄養処方:食習慣と骨粗鬆症 /骨粗鬆症治療 14.1 p9-14 株式会社 先端医学社/単著/2015.04
骨粗鬆症と栄養評価・指導 /メディカルレビュー社/単著/2017.04
骨粗鬆症リエゾンサービスと栄養指導 /CLINICAL CALCIUM 27.9:pp.1255-1265 医薬ジャーナル社/単著/2017.08
提言「生きる力の更なる充実を目指した家庭科教育への提案ー教員養成の立場からー」 /日本学術会議 提言/共著/2017.09
主な担当授業科目名

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る