• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

教員紹介

所属 健康メディカル学部 理学療法学科 助教
氏名 吉本 真純
最終学歴 北里大学大学院医療系研究科
現在所属している学会 日本理学療法士協会、日本スポーツ理学療法士学会、日本臨床スポーツ医学会、日本整形外科スポーツ医学会
学士・修士・博士 修士(医科学)
所有資格 理学療法士、認定理学療法士(スポーツ)
研究の分野 健康・スポーツ科学 
主な研究項目 スポーツ障害予防,投球障害
主な研究業績 スパイナル・コントロール 体幹機能と腰痛の最新科学 /有限会社 ナップ/共著/2015.05
膝関節疾患のリハビリテーションの科学的基礎 /有限会社 ナップ/共著/2016.09
肘関節痛を有する成長期男子投手の身体機能 /日本臨床整形外科学会誌36巻2号333-337/共著/2011.11
Ultrasonography of the deep abdominal muscles at rest and during the drawing-in maneuver:A comparative study of Japanese adolescent vs. adult soccer player /Isokinetics and Execise Science 21 187-193/共著/2013.05
大腿骨前捻角が片脚着地時の膝外反角度に与える影響 二次元動作解析法を用いて /日本臨床スポーツ医学会誌23巻1号50-57/共著/2015.01
膝前十字靭帯再建術後の同側損傷・反対側損傷の性差 /日本臨床スポーツ医学会誌23巻3号496-501/共著/2015.08
膝前十字靭帯再建術後の同側損傷・反対側損傷の特徴-年齢・活動レベルによる違い- /日本臨床スポーツ医学会誌23巻3号433-439/共著/2015.08
腰痛既往患者に対する腰痛再発リスクの検討  体幹側腹筋群の形態学的特徴に着目して /第58回東日本整形災害外科学会学術集会/共著/2009.08
非対称性動作を行うスポーツ選手と健常成人との腹部引き込み動作時における体幹則腹筋機能の左右差の比較 /第20回日本臨床スポーツ医学会学術集会/共著/2009.10
投球数の増加が成長期野球選手の股関節、体幹、肩関節の関節可動域及び球速に与える影響 /第23回日本臨床スポーツ医学会学術集会/共著/2012.10
成長期野球選手の連続投球が投球動作時の体幹,肩関節角度に与える変化 /第2回日本スポーツ理学療法学会/共著/2016.01
少年野球肘検診において肘離断性骨軟骨炎が発見された選手の身体機能的特徴 /第27回日本臨床スポーツ医学会学術集会/共著/2016.11
東京都内の区立小学校における運動器検診の実情~第1報~ /第30回日本臨床整形外科学会学術集会/共著/2017.07
中学生野球選手における腹横筋の形態的・機能的特徴 /第43回日本整形外科スポーツ医学会学術集会/共著/2017.09
主な担当授業科目名 スポーツ理学療法学、理学療法治療学(運動系)、理学療法治療学実習(運動系)、表面解剖と触診入門、基礎理学療法学実習、理学療法研究法論実習

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る