• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

教員紹介

所属 薬学部 薬学科 教授
氏名 伊佐間 和郎
最終学歴 東京理科大学 薬学部 薬学科
現在所属している学会 日本薬学会、日本バイオマテリアル学会、日本毒性学会、高分子学会医用高分子研究会、日本金属学会、ASTM International
学士・修士・博士 薬学士、博士(薬学)
所有資格 第二種情報処理技術者
研究の分野 薬学,複合化学,人間医工学
主な研究項目 家庭用品等の健康リスク評価に関する研究,家庭用品等に含まれる有害物質の分析化学的研究,医用材料の生物学的安全性評価に関する研究
主な研究業績 医療材料・医療機器の安全性と生体適合性 /シーエムシー出版/共著/2003.11
Biomaterials in Asia /World Scientific/共著/2008.12
体内埋め込み医療材料の開発とその理想的な性能・デザインの要件 /技術情報協会/共著/2013.10
医療用バイオマテリアルの研究開発 /シーエムシー出版/共著/2017.02
Determination of benzotriazole UV absorbers in textile products made of polyurethane fibers by high-performance liquid chromatography with a photo diode array detector /Journal of Liquid Chromatography & Related Technologies/共著/
Phase studies of a urethane model compound and polyether macroglycols by infrared spectroscopy and the relationship between eutectic composition of soft segment and blood compatibility(査読付) /Journal of Biomedical Materials Research, 27(4)/共著/1993.04
抗菌防臭加工剤の安全性評価に関する研究:電気掃除機用紙パック中の抗菌防虫加工剤の分析(査読付) /衛生化学, 39(4)/共著/1993.08
Relationship between skin sensitization potencies and chemicophysical properties of aldehyde(査読付) /The Journal of Toxicological Sciences, 20(4)/共著/1995.09
Structure-activity relationships for skin sensitization potential of 2-mercaptobenzimidazole and its methyl derivatives(査読付) /Environmental Dermatology, 5(1)/共著/1998.01
ゴム製品中の2-Mercaptobenzimidazole系老化防止剤の分析(査読付) /衛生化学, 44(2)/共著/1998.04
Skin sensitization potentials of 2-mercapto-5-substituted benzimidazole in guinea pigs(査読付) /Environmental Dermatology, 5(2)/共著/1998.04
インターネットによる家庭用品の安全性に関する情報提供(査読付) /生活と環境, 43(7)/単著/1998.07
Structure-activity relationships for skin sensitization potential of 2-mercaptobenzimidazole derivatives in guinea pigs(査読付) /The Journal of Toxicological Sciences, 23(4)/共著/1998.10
Change in the particle size distribution of poly(L-lactide) wear debris by γ-ray irradiation(査読付) /Bulletin of National Institute of Health Sciences, 119/共著/2001.12
Effect of γ-ray irradiated poly(L-lactide) on the differentiation of mouse osteoblast-like MC3T3-E1 cells(査読付) /Journal of Biomaterials Science. Polymer Edition, 13(2)/共著/2002.02
γ線照射ポリ乳酸の表面解析と骨芽細胞機能影響(査読付) /バイオインダストリー, 19(7)/共著/2002.07
Proliferation and differentiation of normal human osteoblasts on dental Au-Ag-Pd casting alloy: Comparison with cytotoxicity to fibroblast L929 and V79 cells(査読付) /Materials Transactions, 43(12)/共著/2002.12
Enhancing effect of poly(L-lactide) on the differentiation of mouse osteoblast-like MC3T3-E1 cells(査読付) /Biomaterials, 24(19)/共著/2003.08
遺伝子発現を指標とする化学物質の安全性評価法に関する研究:金属製医用材料のヒト骨芽細胞の骨分化機能に及ぼす影響評価(査読付) /国立医薬品食品衛生研究所報告, 121/共著/2003.10
シリカ、銀及び酸化亜鉛のナノ分散液のin vitro及びin vivo毒性学的評価 /国立医薬品食品衛生研究所報告, 134/共著/2004.12
Osteoblast differentiation and apatite formation on gamma-irradiated PLLA sheets(査読付) /Key Engineering Materials, 288-289/共著/2005.04
金属製アクセサリー類等に含有するカドミウムの分析調査(査読付) /中毒研究, 19(4)/共著/2006.10
アクセサリー類を除く金属製品に含有する鉛およびカドミウムの分析調査(査読付) /中毒研究, 21(4)/共著/2008.10
キャピラリー電気泳動法によるアルカリ性洗浄剤中のナトリウムイオン、カリウムイオン及びモノエタノールアミンの分析(査読付) /国立医薬品食品衛生研究所報告, 126/共著/2008.11
家庭用品に使用される化学物質による重大製品事故(平成19年度及び20年度)(査読付) /国立医薬品食品衛生研究所報告, 127/単著/2009.11
キャピラリー電気泳動法による家庭用品塗膜の鉛溶出量調査(査読付) /生活衛生, 54(1/共著/2010.01
鉛含有金属製品の酸溶出試験法の比較(査読付) /薬学雑誌, 130(5)/共著/2010.05
小児が誤飲する可能性のある合成樹脂製家庭用品からの有害8元素の溶出(査読付) /薬学雑誌, 131(7)/共著/2011.07
Osteoblast Compatibility of Calcium-Incorporated Ti-Zr-Nb Alloys(査読付) /Medimond s.r.l., 24/共著/2012.03
乳幼児が誤飲する可能性のある金属製アクセサリーからの有害8元素の溶出(査読付) /薬学雑誌, 132(8)/共著/2012.08
ナノマテリアルのin vitro安全性評価のための基礎研究―金属酸化物ナノ粒子に対する細胞応答―(査読付) /薬学雑誌, 134(6)/単著/2014.06
シリカ、銀及び酸化亜鉛のナノ分散液のin vitro及びin vivo毒性学的評価 /国立医薬品食品衛生研究所報告, 134/共著/2016.12
グアニジン系加硫促進剤の感作性評価と家庭用ゴム製品の実態調査 /国立医薬品食品衛生研究所報告, 134/共著/2016.12
Analysis of glycols, glycol ethers, and other volatile organic compounds present in household water-based hand pump sprays /Journal of Environmental Science and Health, Part A 52:13/共著/2017.10
Hepatotoxicity and Drug/Chemical Interaction Toxicity of Nanoclay Particles in Mice /Nanoscale Research Letters, 12/共著/2017.12
繊維製品に含まれるトリス(1-アジリジニル)ホスフィンオキシド(略称:APO)の分析法の改定に向けた検討 /大阪健康安全基盤研究所研究年報, 1/共著/2018.02
Determination of benzotriazole UV absorbers in textile products made of polyurethane fibers by high-performance liquid chromatography with a photo diode array detector /Journal of Liquid Chromatography & Related Technologies/共著/2018.11
Osteoblast differentiation and apatite formation on gamma-irradiated PLLA sheets /The 6th Asia Symposium on Biomedical Materials, Chengdu, China/共著/2004.07
Evaluation of proliferation and differentiation of normal human osteoblasts on collagen scaffolds /1st Asian Biomaterials Congress, Tsukuba/共著/2007.12
Osteoblast compatibility of Ti-Zr-Nb alloys /Biomaterials Asia 2009, Hong Kong/共著/2009.04
Apatite-Forming Ability of Calcium-Incorporated Ti-Zr-Nb Alloys /23rd European Conference on Biomaterials, Tampere, Finland/共著/2010.09
Osteoblast Compatibility of Calcium-Incorporated Ti-Zr-Nb Alloys /24th European Conference on Biomaterials, Dublin, Ireland/共著/2011.09
Adsorption Behavior of Ions on Calcium-Incorporated Titanium in Simulated Body Fluid /The 3rd Asian Biomaterials Congress, 釜山, 韓国/共著/2011.09
Apatite Formation on Ca-Incorporated Ti-Zr Based Alloys in Simulated Body Fluid /The 9th World Biomaterials Congress, Chengdu, China/共著/2012.06
Effect of nanoparticles on the cytotoxicity of coexisting metal salts /The 48th Congress of the European Societies of Toxicology, Stockholm, Sweden/共著/2012.06
Effect of SiO2 and TiO2 nanoparticles on the cytotoxicity of metal salts /European Society of Toxicology in Vitro 2012 International Conference, Lisbon, Portugal/共著/2012.10
Effect of SiO2 and TiO2 nanoparticles on the cytotoxicity of metal chlorides /International Conference on Materials for Advanced Technologies, Singapore/共著/2013.07
Surface Characteristics and Apatite-Forming Ability of Calcium-Incorporating Titanium /25th European Conference on Biomaterials, Madrid, Spain/共著/2013.09
Characteristics and cytotoxic effects of nanoparticles when coexisting with metal salts /50th Congress of the European Societies of Toxicology, Edinburgh, England/共著/2014.09
Cytotoxicity of phosphite triesters and phosphate triesters /51th Congress of the European Societies of Toxicology, Porto, Portugal/共著/2015.09
家庭用水性スプレー製品中のグリコール類等の実態と製品使用時の平均室内空気中濃度の推定 /第25回環境化学討論会/共著/2016.06
ポリウレタン製繊維製品に使用されたベンゾトリアゾール系紫外線吸収剤の簡易分析法の検討と実態調査 /第25回環境化学討論会/共著/2016.06
二次粒子径の異なる酸化ニッケルナノ粒子に対するTHP-1細胞の応答 /第43回日本毒性学会学術年会/共著/2016.06
Effects of interaction between metal salts on proliferation and differentiation of osteoblasts /52nd European Congress of the European Societies of Toxicology/共著/2016.09
蛋白質吸着を指標としたQCM法による医用高分子材料の血液適合性評価に関する検討 /日本バイオマテリアルシンポジウム2016/共著/2016.11
繊維製品中のアレルギー性金属に関する調査 /第46回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会/共著/2016.11
グアニジン系加硫促進剤4種の感作性及び家庭用ゴム製品中の含有量 /第53回全国衛生化学技術協議会年会/共著/2016.11
家庭用品規制法における多環芳香族炭化水素類(PAHs)分析時のカラム選択に関する検討 /第53回全国衛生化学技術協議会年会/共著/2016.11
室内空気中グリコール類濃度に対する家庭用水性スプレー製品の寄与 /第53回全国衛生化学技術協議会年会/共著/2016.11
クレオソート油及びそれらで処理された木材中に含まれる未規制多環芳香族化合物類の実態調査 /第53回全国衛生化学技術協議会年会/共著/2016.11
サロゲート物質を用いた繊維製品中の防炎加工剤トリス(1-アジリジニル)ホスフィンオキシド(APO)分析法の開発 /第53回全国衛生化学技術協議会年会/共著/2016.11
DPRAによる揮発性及び準揮発性有機化合物類の感作性評価 /日本薬学会第137回年会/共著/2017.03
ろうそく及びお香に含まれる重金属の分析及び使用時の吸入曝露量推定 /第26回環境化学討論会/共著/2017.06
繊維製品中のクロム及びコバルトの実態調査 /第26回環境化学討論会/共著/2017.06
Kinetic analysis of protein adsorption on blood-compatible polymer using quartz crystal microbalance /28th European Conference on Biomaterials/共著/2017.09
Effects of different secondary particle sized nickel oxide nanomaterials on cytotoxicity and immune responses /53rd Congress of the European Societies of Toxicology/共著/2017.09
QCM法による医用高分子材料の血液適合性評価におけるデータ解析手法の検討 /第39回日本バイオマテリアル学会大会/共著/2017.11
亜リン酸エステル系酸化防止剤の刺激性及び感作性と家庭用PVC製手袋中の実態 /第47回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会/共著/2017.12
高速液体クロマトグラフィーによる石けん中の芳香族塩素系殺菌剤の分析 /日本薬学会第138年会/共著/2018.03
DPRAによる揮発性及び準揮発性有機化合物の感作性評価(第二報) /日本薬学会第138年会/共著/2018.03
物理化学的性質の異なる酸化亜鉛ナノマテリアルに対するTHP-1の細胞応答 /日本薬学会第138年会/共著/2018.03
繊維製品に含まれるトリス(1-アジリジニル)ホスフィンオキシド(略称:APO)の分析法の改定に向けた検討 /日本薬学会第138年会/共著/2018.03
Useful series of positive control compounds for colony formation cytotoxicity test /54th European Congress of the European Societies of Toxicology/共著/2018.09
Direct peptide reactivity assay(DPRA)を用いた揮発性及び準揮発性有機化合物類の感作性評価 /第62回日本薬学会関東支部大会/共著/2018.09
主な担当授業科目名 日本薬局方、臨床検査学、物理系薬学特論、薬学総括講義Ⅱ、薬学基礎実習、臨床薬学実習Ⅱ、卒業研究、薬学総括講義Ⅰ、新薬論と薬学領域

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る