• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

教員紹介

所属 薬学部 薬学科 准教授
氏名 百 賢二
最終学歴 筑波大学大学院博士課程人間総合科学研究科機能制御医学専攻
現在所属している学会 日本医療薬学会、日本薬剤学会、日本臨床薬理学会、日本薬学会、日本癌治療学会、日本緩和医療薬学会、日本薬剤疫学会、日本医薬品情報学会、日本病院薬剤師会、日本臨床腫瘍薬学会、日本医療安全学会
学士・修士・博士 学士(薬学)、修士(薬学)、博士(医学)
所有資格 薬剤師名簿登録(第356318号)、博士(医学)(博甲第5489号)、日本医療薬学会認定薬剤師(第13-08-0065号)、日本医療薬学会指導薬剤師(第13-11-2010号)、日本医療薬学会がん専門薬剤師(第12-0017号)、日本臨床薬理学会認定薬剤師(第1107号)、日本臨床薬理学会指導薬剤師(第1512号)、日本薬剤師研修センター認定実務実習指導薬剤師(第13122617号)
研究の分野 薬学(医療系薬学)、境界医学(応用薬理学)
主な研究項目 「薬物動態学」、「医薬品副作用・薬物相互作用」、「臨床薬理学」、「薬剤疫学」
主な研究業績 院内製剤学 /京都廣川書店/共著/
Watanabe M, Homma M, Momo K, Okoshi Y, Wada T, Hara A, Chiba S, Kohda Y: Effects of voriconazole co-administration on oxycodone-induced adverse events: a case in the retrospective survey. /Eur J Clin Pharmacol, 67, 859-861, 2011/共著/
宮本千穂、百 賢二、金子宜令、中澤佑介、堀内 学、本間真人、神林泰行、幸田幸直:処方オーダーシステムと連動した在庫管理システムの有用性評価. /日本病院薬剤師会雑誌, 47, 1171-1174, 2011/共著/
Momo K, Homma M, Matsumoto S, Sasaki T, Kohda Y: Clinical survey of tizanidine-induced adverse effects―Impact of concomitant drugs providing cytochrome P450 1A2 modification―. /YAKUGAKU ZASSHI, 133, 275-281, 2013/共著/
Momo K, Homma M, Kohda Y: Lower metabolic clearance of tizanidine in Japanese subjects. /Int J Clin Pharmacol Ther, 51, 986-988, 2013/共著/
Momo K: Indomethacin spray preparation for control of pain associated with stomatitis caused by chemotherapy and radiotherapy in cancer patients. /YAKUGAKU ZASSHI, 135, 931-935, 2015/単著/
百 賢二、本間真人、鈴木嘉治、神林泰行、幸田幸直:化学・放射線療法誘発性の口腔粘膜炎に用いるインドメタシン噴霧製剤の安定性 /薬剤学 74, 211-216, 2014/共著/
Kobayashi T, Homma M, Momo K, Kobayashi D, Kohda Y: A simple high-performance liquid chromatographic method for determining norfloxacin and enoxacin in human serum and urine. /Biomed Chromatogr, 25, 435-438. 2011/共著/
Momo K, Homma M, Osaka Y, Inomata SI, Tanaka M, Kohda Y: Effects of mexiletine, a CYP1A2 inhibitor, on tizanidine pharmacokinetics and pharmacodynamics. /J Clin Pharmacol, 50, 331-337, 2010/共著/
蛯名清華、木澤義之、本間真人、和田哲郎、百 賢二、細野浩之、幸田幸直:放射線療法で誘発された口腔粘膜炎にインドメタシンスプレーが奏効した5症例. /日本緩和医療学会誌, 2, 301-305, 2007/共著/
Momo K, Shiratsuchi T, Taguchi H, Hashizaki K, Saito Y, Makimura M, Ogawa N: Preparation and clinical application of indomethacin gel for medical treatment of stomatitis. /YAKUGAKU ZASSHI, 125, 433-440, 2005/共著/
Momo K, Homma M, Abei M, Hyodo I, Kohda Y: Tizanidine-induced hypotension in patients with liver cirrhosis. /Eur J Clin Pharmacol, 64, 647-648, 2008/共著/
中澤佑介、武田光志、百 賢二、堀内 学、神林泰行、本間真人、幸田幸直:調剤効率化を目指した処方せんおよび薬袋作成システムの改良―薬学生の調剤実習における評価― /日本病院薬剤師会雑誌, 45, 801-804, 2009/共著/
青木 愛、神林泰行、平賀秀明、土岐浩介、宮本昌二、百 賢二、中尾滋久、本間真人、幸田幸直:処方オーダーシステムと連動した麻薬管理システムの開発と評価. /日本病院薬剤師会雑誌, 45, 1099-1101, 2009/共著/
Momo K, Doki K, Hosono H, Homma M, Kohda Y: Drug interaction of tizanidine and fluvoxamine. /Clin Pharmacol Ther, 76, 509-510, 2004/共著/
百 賢二、土岐浩介、香取久美、本間真人、幸田幸直: トリアゾラムの処方量に及ぼす消化性潰瘍治療薬の影響. /茨城県病院薬剤師会会誌, 46, 127-129, 2004/共著/
本間真人、百 賢二、幸田幸直: ベンゾジアゼピン系医薬品における薬物動態の性差. /性差と医療, 3, 533-537, 2006/共著/
百 賢二、幸田幸直: チザニジンの体内動態変動により副作用症状を呈した3患者. /治療学, 43, 1347-1350, 2009/共著/
百 賢二: トピックス:新規抗凝固薬リバーロキサバンは心房細動患者の脳卒中予防に有効である. /ファルマシア, 48, 799, 2012/単著/
百 賢二、本間真人、神林泰行、幸田幸直: 口腔粘膜炎に対するインドメタシンスプレーの有用性 /医薬ジャーナル, 48, 135-141, 2012/共著/
百 賢二、本間真人、神林泰行、幸田幸直: 口腔粘膜炎の疼痛緩和に用いるインドメタシンスプレー /月刊薬事, 54, 1531-5, 2012/共著/
百 賢二、本間真人、神林泰行、幸田幸直: がん治療誘発性の口腔粘膜炎に対する /薬剤学, 72, 15-19, 2012/共著/
百 賢二、幸田幸直:長期実務実習生の効率的な受け入れ体制とその工夫 /医薬ジャーナル 49, 140-145, 2013/共著/
百 賢二: 化学療法および放射線療法の副作用として発症する口腔粘膜炎 /安心処方infobox 薬の基礎知識, 2014.7.14/単著/
本間真人、百 賢二: 薬物相互作用症例の解析. /ファルマシア, 50, 684-687, 2014/共著/
百 賢二: 口腔粘膜炎に対するインドメタシン噴霧製剤の安定性 /医薬ジャーナル 50, 143-148, 2014/単著/
百 賢二、幸田幸直: 坐剤挿入後の途中排出時の対応 /薬局, 65, 52-56, 2014/共著/
百 賢二、本間真人:ベンゾジアゼピン系薬剤のファーマコキネティクスと薬物相互作用・副作用 /薬局 66, 2967-2971, 2015/共著/
主な担当授業科目名 卒業研究、臨床薬学実習Ⅰ、臨床薬学実習Ⅱ、フレッシュセミナーⅡA、フレッシュセミナーⅡB、アドバンスセミナーⅠ、アドバンスセミナーⅢ

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る