• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

教員紹介

所属 健康メディカル学部 健康栄養学科 助教
氏名 齋藤 沙織
最終学歴 相模女子大学大学院栄養科学研究科栄養科学専攻修士課程
現在所属している学会 日本栄養改善学会、日本健康教育学会、小児栄養研究会
学士・修士・博士 修士(栄養科学)
所有資格 栄養士免許、管理栄養士免許、栄養教諭一種免許、栄養教諭専修免許
研究の分野 生活科学
主な研究項目 食育
主な研究業績 女子大学生の居住形態と食生活、食物摂取状況、健康状態との関連 /相模女子大学紀要/共著/
女子大学生の食生活の変化と要因 /相模女子大学大学院栄養科学研究科栄養科学専攻修士課程修士論文/単著/2011.03
女子大学生の食生活の変化と食事,健康状態,ライフスタイルとの関連 /第19回日本健康教育学会学術大会/-/2010.06
女子大学生の大学入学後の食生活の変化の内容と理由 /第57回日本栄養改善学会学術総会/-/2010.09
女子大学生の食生活の変化と要因 /第58回日本栄養改善学会学術総会/-/2011.09
児童と保護者の食生活、健康状態、ライフスタイルの学年別の特徴ーその1 児童の現状から /第10回小児栄養研究会/-/2013.03
児童と保護者の食生活、健康状態、ライフスタイルの学年別の特徴ーその2 保護者の視点から /第10回小児栄養研究会/-/2013.03
農産物直売所を活用した「たっぷり旬野菜でハッピーライフ」の効果―その1食育講習会の結果から― /第61回日本栄養改善学会学術総会/-/2014.08
農産物直売所を活用した「たっぷり旬野菜でハッピーライフ」の効果―その2個別食事相談の結果から― /第61回日本栄養改善学会学術総会/-/2014.08
DEVELOPMENT AND EVALUATION OF THE SHOKUIKU PROGRAM FOR CHILDREN BASED ON LOCAL FOOD INGREDIENTS AS TEACHING MATERIAL NO 1: LEARNER’S KNOWLEDGE, ATTITUDE AND BEHAVIORAL CHANGE /17th International Congress of Dietetics/-/2016.09
THE DEVELOPMENT AND EVALUATION OF THE SHOKUIKU PROGRAM FOR CHILD USING LOCAL FOOD INGREDIENTS AS TEACHING MATERIAL NO 2: CHANGES OF THE PRODUCER’S CONSCIOUSNESS TOWARDS WORK AND PRODUCTS BY PARTICIPATION IN THE SHOKUIKU PROGRAM /17th International Congress of Dietetics/-/2016.09
EVALUATION OF THE SHOKUIKU (FOOD EDUCATION) PROGRAM FOR GRADE SCHOOL STUDENT: "KNOWLEDGE, ATTITUDE AND BEHAVIORAL CHANGE WITH RESPECT TO VEGETABLE" /17th International Congress of Dietetics/-/2016.09
THE EFFECTS OF THE SHOKUIKU PROGRAM UPON GRADE SCHOOL STUDENT USING WASHOKU (JAPANESE CUSINE) AS TEACHING MATERIAL "BECOME THE MASTER OF WASHOKU" PROGRAM CASE STUDY /17th International Congress of Dietetics/-/2016.09
主な担当授業科目名 学校栄養教育論Ⅰ、学校栄養教育論Ⅱ、栄養教育実習Ⅰ

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る