• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

教員紹介

所属 健康医療スポーツ学部 看護学科 教授
氏名 石田 るり子
最終学歴 国際医療福祉大学大学院
現在所属している学会 日本看護科学学会 、日本看護学教育学会、日本看護学教育学会
学士・修士・博士 放送大学教養学部 学士(教養学)、国際医療福祉大学大学院 修士(保健医療学)
所有資格 看護師免許、思春期保健相談員、厚生労働省 幹部看護教員養成課程
研究の分野 看護学
主な研究項目 基礎看護学,臨床看護学
主な研究業績 日常生活行動を強化因子とした自己モニタリングの効果の検証 看護師の注射業務の確認行為に焦点をあてて(原著論文) 修士論文 査読付き /国際医療福祉大学紀要 14巻2号/単著/2011.01
心臓リハビリテーションを妨げる因子の検討 プログラムを守れなかった2例を通して" /月間ナーシング 7巻10号/共著/1987.07
遷延性意識障害患者看護の一経験 /日本救急医学会関東地方会雑誌9巻1号//1988.02
重症患者の家族への看護介入の一例 急変した患者の家族が状況を理解できるまで" /第19回成人看護学学会/共著/1988.07
オペラント条件づけに基づくラポールの早期形成の試み /第28回全国自治体病院学会抄録集/共著/1989.10
記録に対する看護婦の意識についての一考察 指示票の監査を通して" /第31回日本救急医学会関東地方会/共著/1991.03
ウォーターピックの使用で著明な改善をみた難治性アフタ性口内炎の口腔ケア /第8回千葉集中治療研究会/共著/1993.02
学内の体験学習の意味付けの効果に関する研究 査読付き" /日本看護学教育学会誌14巻学術集会講演集/共著/2004.06
医療事故防止における自己モニタリング強化による効果の検証 注射業務に焦点をあてて 査読付き" /日本看護研究学会雑誌 31巻3号/共著/2008.07
非経口摂取患者における口腔内細菌数に関する検討 査読付き" /日本看護科学学会学術集会 講演集 /共著/2008.11
自己モニタリングが低い人の注射業務におけるトレーニングの効果 査読付き" /日本看護科学学会学術集会 講演集/共著/2008.11
主な担当授業科目名 精神看護学概論 、精神看護学演習、精神看護学実習、アドバンスセミナーⅠ、アドバンスセミナーⅡ、看護研究、特別総合演習

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る