• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

教員紹介

所属 ヒューマンケア学部 看護学科 教授
氏名 入江 多津子
最終学歴 筑波大学大学院修士課程  教育研究科 カウンセリング専攻 修了
現在所属している学会 日本看護協会東京都看護協会、日本リハビリテーション連携科学学会、日本電話相談学会、日本福祉心理学会、日本保健医療・病院管理学会、日本家族看護学会、シニア社会学会、日本看護科学学会、国際ケアリング学会、日本保健医療社会学会、日本健康心理学会
学士・修士・博士 修士(リハビリテーション学)
所有資格 看護師(厚生労働省 第211102号)
研究の分野 高齢者看護 在宅援助 多職種連携 マネジメント
主な研究項目 リハビリテーション看護 ケアマネジャー 連携 高齢者 心理的ケア
主な研究業績 介護基礎論 /建帛社/共著/
リハビリテーションと看護: その人らしく生きるには /中央法規出版/共著/1996.03
介護事例研究 /建帛社/共著/2001.05
こころの専門家が出会う法律 第3版 /誠信書房/共著/2009.09
周手術期・急性期実習における学生の健康精神度の変化とストレス・コーピング /共著/
年齢による「老後の準備のとらえ方」について /共著/
「健康と人権(尊厳)を守る地域の連携とネットワーク」―子ども虐待の現状と課題について― /日本保健科学学会誌 Vol.18 No3 pp.131-138 /単著/
(助成研究)「地域保健福祉研究助成-老人在宅福祉に関する研究」老人ホームにおける高齢ボランティアへの意識調査-ボランティア活動を継続するためには- /第6回「地域保健福祉研究助成」報告集/単著/2001.01
.被虐待児保護のプロセス- 児童相談所の役割とその活用 ― /助産婦雑誌 医学書院 Vol56.No12 pp.40-45/共著/2002.01
「児童福祉と電話相談」 /チャイルドヘルス 診断と治療社 Vol.11 No.1 /単著/2008.01
リハビリテーションとケアマネジメント /総合リハビリテ-ション 38(6), pp.519-525/単著/2008.06
富士河口湖町と健康科学大学と連携による健康の町づくり /健康科学大学紀要(6) pp.77-92/共著/2010.03
富士河口湖町との地域包括連携における大学の役割(平成22年度) /健康科学大学紀要(7),pp35-49/共著/2011.03
「精神保健福祉援助演習Ⅰ」における学びの実際―演習の意味を考える /健康科学大学紀要 (7), pp.57-71/共著/2011.03
看護学基礎カリキュラム1における基礎ゼミナールの試み  /了徳寺大学研究紀要(6),pp.95-101/共著/2012.03
本学における看護教育の特徴(2)-芸術を取り入れた教育の試みー /了徳寺大学研究紀要 (6),pp.145-150 /共著/2012.03
本学における看護教育の特徴(1)―看護学科教育課程編成の考えかたと特色― /徳寺大学研究紀要(6)pp.133-144 /共著/2012.03
在宅高齢者ケアにおけるリハビリテーション連携の課題:質問紙によるケアマネジャーの意識および実践調査から /リハビリテーション連携科学 17(2)、pp160-166/共著/2016.12
ケアマネジャーによる要介護高齢者の心理的ニーズの把握について /常葉大学健康科学部研究報告集 第4巻第1号 pp.27-40/共著/2017.03
看護学基礎カリキュラム1における基礎ゼミナールの試み /了徳寺大学研究紀要(6),pp.95-101 /共著/2012.03
主な担当授業科目名 高齢者看護学援助論Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、高齢者看護学概論、高齢者看護学実習Ⅰ、Ⅱ、フレッシュセミナーⅡA、B

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る