• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

教員紹介

所属 現代ライフ学部 経営マネージメント学科 講師
氏名 岡野 憲一
最終学歴 筑波大学大学院 博士課程後期 人間総合科学研究科修了
現在所属している学会 日本体育学会、日本コーチング学会、日本トレーニング科学会、日本バレーボール学会
学士・修士・博士 学士(体育学)、修士(人間科学)、博士(コーチング学)
所有資格 日本トレーニング指導者協会認定特別上級トレーニング指導者、NSCA認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト(CSCS)、NSCA認定パーソナルトレーナー(NSCA-CPT)、健康運動指導士、スポーツプログラマー、中学・高等学校専修免許(保健体育)
研究の分野 健康・スポーツ科学
主な研究項目 トレーニングとパフォーマンスに関する研究,アスリートに対するトレーニングに関する研究
主な研究業績 パラリンピッククロスカントリースキー金メダリストにおける筋力トレーニングの実践例とその効果(査読付) /トレーニング科学/共著/2011.02
チーム『ニッポン』マルチサポート事業におけるフェンシング男子フルーレナショナルチームに対するフィットネスチェック(査読付) /Japanese Journal of Elite Sports Support/共著/2013.12
チーム『ニッポン』マルチサポート事業におけるフェンシング男子フルーレナショナルチームサポート(査読付) /Japanese Journal of Elite Sports Support/共著/2013.12
ロンドンオリンピックへ向けたフェンシング男子フルーレナショナルチームに対する体力トレーニングサポート(査読付) /Japanese Journal of Elite Sports Support/単著/2013.12
天皇杯全日本バレーボール選手権大会優勝チーム選手における形態及び跳躍能力の特徴(査読付) /コーチング学研究/共著/2015.03
男子バレーボール選手の身長に関する研究(査読付) /バレーボール研究/共著/2015.06
コンプレックス・トレーニングが大学男子バレーボール選手の跳躍力および筋力、パワーに及ぼす影響(査読付) /バレーボール研究/共著/2015.06
国内トップリーグ男子バレーボール選手における一側性トレーニングが両側性筋力および跳躍能力に及ぼす影響(査読付) /東京体育学研究/共著/2016.03
エリート男子バレーボール選手における身長と跳躍能力に関する研究(査読付) /コーチング学研究/共著/2016.03
準備期におけるウエイトトレーニングと自転車トレーニングがエリートバレーボール選手の形態及び身体能力に及ぼす影響(査読付) /トレーニング科学/共著/2016.06
バレーボール国内トップリーグの試合中における跳躍頻度に関する研究(査読付) /バレーボール研究/共著/2016.07
伸張-短縮サイクル運動の遂行能力からみたトップレベル男子バレーボール選手の跳躍パフォーマンスの特性(査読付) /体育学研究/共著/2017.06
The relationship between isometric mid-thigh pull variables, jump variables and sprint performance in collegiate soccer players /Journal of Trainology/共著/2017.08
エリート学生ラグビー選手におけるアジリティ能力と各種体力要素の関係(査読付) /Football Science/共著/2017.12
トップレベル男子バレーボール選手における身長と各種パフォーマンスとの関係(査読付) /バレーボール研究/共著/2018.06
バレーボール選手における跳躍特性とトレーニング効果に関する事例的研究(査読付) /体育学研究/共著/2018.06
国内トップリーグ男子バレーボール選手におけるパワークリーン・エクササイズの跳躍能力への効果―跳躍タイプの違いに着目して―(査読付) /トレーニング科学/共著/2018.08
主な担当授業科目名 トレーニング科学、トレーニング指導実習、トレーニング科学演習

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る